レイクの無利息期間サービスをうまく活用しよう

レイクの無利息期間サービスを上手に活用しよう

初めて利用する人におトクな無利息サービスですが、レイクには2パターンありますよね。どちらを利用すればいいのでしょうか。
レイクの無利息サービスがどんなものなのか見てみましょう。

レイク

新生銀行
限度額…1万~500万
実質年率…4.5%~18.0%
100万円以内なら収入証明書不要
即日 無利息期間 主婦(パート) 専業主婦 web完結
OK※ 30日間or180日間 OK OK OK

※即日融資には平日14時までに申込みと必要書類の確認の完了が必要

申込方法

  • インターネット申込み
  • 携帯電話からの申込み
  • 自動契約機での申込み
  • 電話からの申込み
  • 郵送での申込み

一番オススメは24時間365日対応しているWebでの申込み!
Webでの契約は来店不要なので、空いた時間に手続きができて便利なサービスです。

  • スマホから申込み、審査結果を確認
  • 身分証明証などスマホで撮って送る
  • 口座振込みでお金を借りる

ただし、Webでの即日契約手続きを利用するには、平日14時までにレイクの申込みと必要書類の確認の完了が必須となります。また14時を過ぎた場合は銀行振り込みによる借入は出来ませんが、営業時間内ならレイクの自動契約機でカードを発行して提携しているコンビニATMで現金を借り入れることができ、土日祝も利用可能なので、急にお金が必要になった場合にも利用することができます。

必要な書類

申込みをする時に必要になるのが運転免許証や健康保険証などの「本人確認書類」になり、また100万円以上の借入の際は「収入証明書」の提出が必要となります。

レイクの利用について参考ページはコチラ
レイクでキャッシングは即日で行えるの?

[レイク]

そもそも無利息サービスって何?

初めての契約で一定の期間無利息でお金が借りられるといったサービス。
無利息サービスのほとんどは初回限定で一定の条件で受ける事ができます。
レイクでも2パターンの無利息サービスがあり、利用者のニーズに合った使い方が出来るのが特徴です。

レイクの無利息期間サービス

30日間無利息 180日間無利息
利用対象 初めて契約する人
契約額 500万円まで 200万円まで
金利 4.5~18.0% 12.0~18.0%
無利息の開始日 契約日の翌日
適用金額 利用限度額まで 5万円まで

30日間・180日間どちらも初めての利用が対象となり併用は出来ません。

180日間無利息サービスを利用する場合、無利息の対象となるのは200万円までの契約で5万円までと制限が設けられています。

どちらの無利息サービスがおトクなのか?

初めての利用の方や、利息の計算に慣れてない方などは、どちらのサービスを利用すればいいのか、イマイチ解りにくいですよね。そんな場合はレイクの返済シュミレーションを活用してみましょう。

例えば20万を24回で返済する場合

180日間無利息 30日間無利息
1回目 2219円 0円
3回目 1987円 2704円
15回目 1145円 1298円
20回目 610円 638円
24回目 41円 68円
支払利息合計 32873円 34724円

『借入額×金利÷365日×30日』で計算しています。
実際の金利と異なることがございますので、ご注意ください。

上記の例なら、180日間無利息サービスを利用した方ががおトクになることがわかります。

自分に合う無利息サービスの選び方

  • いつまでにいくら借りたいのか
  • 毎月の返済可能な金額はいくらか
  • 完済までの期間はどれくらいか

レイクに限らず無利息サービスを受ける際、この3点が重要なポイントとなってきます。
借入額や返済回数によってどちらがトクなのか異なりますが……

一括で返せる場合や30万円以上の金額になると30日間の無利息サービスがおトク!
返済回数が多くなる場合や、10万円台以下の少額になるほど180日間の無利息サービスがおトク!

セブン銀行ATMの利用なら手数料無料!

さらに、「新生銀行」「新生銀行レイク」というマークが印字されていれいるセブン銀行やローソンATMなどといった提携ATMなら借入返済の手数料が無料で利用することができるのもレイクの特徴のひとつなので、無利息サービスに合わせて利用する事で無駄なく利用することができますよ。

レイクの無利息サービスの注意点

では、無利息サービスをうまく利用するために気をつけたいこととはどんなことでしょうか。レイクの無利息サービスにおいて勘違いしやすいポイントをみてみましょう。

  • 無利息期間の開始は契約日の翌日から
  • 30日間と180日間の同時利用はできない
  • 契約額でどちらのサービスを受けれるか決まる
  • 無利息期間中でも返済日には支払う
  • 支払いが遅れた場合、無利息期間中に関わらず遅延損害金が発生する

これらを勘違いして利用すると、無利息サービスが受けれなかったり支払い金額が増えてしまう可能性もあるのでしっかり理解した上で利用するようにしましょう。
せっかくの無利息サービスなので、最大限活用できるように工夫してみてくださいね。

レイクはスマホで簡単に利用可能!アプリやWebを使って申込!

レイクはスマホで簡単に利用可能!アプリやWebを使って申し込みをしよう!

レイクにスマホでWeb申し込み

レイクに申し込みをするときに、スマホを使うと簡単に申し込みを行うことが出来ます。
スマホで申し込みをするときの手順は以下のとおり。

  • 公式サイトに移動
  • 申込内容の入力
  • 審査、審査結果の通知
  • 契約(書類提出など)
  • カード発行(郵送、自動契約機など)
  • 借り入れ

審査の時間は、申込画面の後にスグに表示されるものが仮審査。その後、本審査があります。
カード発行をして借り入れを出来るようになるまでは約50分程度で出来るので、早く借り入れをしたいと考える人にも向いていますね。
※自動契約機で申し込みをした場合の時間です。

スマホで入力するときに気をつけたいこと

スマホを使って申し込みをする時に気をつけたいことは『入力ミス』が特に気をつけたいことです。
入力ミスをしてしまうと、審査時間が長くなってしまいます。

その理由は『虚偽申告』と『間違い』の判断が難しいためです。
Webで申し込みをした際に、申込内容が信用情報と違うと審査をする際に一見判断がつきづらい場合があります。
様々な方面から検討して判断の難しい場合は、電話を掛けて本人に確認するか、審査落ちのどちらかになってしまします。
電話確認の際は、間違っていた旨を伝えれば審査が通る事もあるようです。

間違っても、レイクに嘘を付いて借り入れをしようと言う風に考えないほうが良いでしょう。
[レイク]

レイクのスマホ・アプリで申し込み

レイクのスマホやタブレットで使えるアプリを使って申し込みをするのはどうなのでしょうか?
レイクのスマートフォンアプリは、Android版はGoogle play、iPhone版はApp Storeでダウンロードすることが出来ます。

ダウンロードしたアプリで、申し込みをする手順は同じです。
申し込み後にダウンロードして『審査状況』等を確認するのにも便利です。
使えるのは、返済シミュレーションや、お借入診断など。他にも会員ログインを行い、Webで行える振込融資の依頼や、返済日の通知等がアプリで利用できます。
申し込みはどちらも操作はほとんど変わらないので、Webから申し込みをしてからアプリのダウンロードで良いと考えられます。

レイクのスマホアプリやWebを使う際に気をつけること

レイクのスマホアプリやWebサイトの会員ログインを利用するときに気をつけることは、返済の期間をちゃんと考えておくことです。
お金を借り入れるのですから、返済はつきものです。
ですが、毎月の返済額を無理な金額に設定して借入返済を繰り返すのであれば、返済額を抑えて徐々に返していくのが良いでしょう。
逆に返済額に余裕が有るのに、毎月の返済額を低く設定するのもあまり良くありません。
毎月の返済額を低く設定し過ぎると、返済期間が長期化します。長期化した場合、利息の支払額が伸びた分だけ増えていくのです。
なので、レイクで借り入れをする際には、自分が毎月いくら返済出来るのかを考えて、返済額などを決めておきましょう。
思わぬ臨時収入が入った時など、早めに返済をしておくと返済総額の『利息』が少なく抑えられるので、このことを忘れないようにしてください。

レイクの審査時間は最短何分?本審査の時間はどれぐらい?

レイクの審査時間はどれぐらい?

新生銀行カードローン レイクの審査時間はどれぐらいなのでしょうか?
Webで申し込んだ際を例に上げて見ると、レイクの審査は『申込完了画面に表示』されるので、業界トップクラスの速さです。
ですが、これは仮審査なのですぐに借り入れできるかどうかは分かりません。
仮審査の結果が概ね良好であれば、審査無しで提供している診断よりも信用ができる内容になっていると考えられます。
それは、個人情報を基に借り入れが出来るかの細かい判断を行うため。レイクのホームページに設置されている診断では、あくまで簡易的な診断のため審査に通る通らないの判断が難しい場合が多いです。
ですが、レイクの仮審査の場合申込をした情報を基に仮審査を行うため、実際の審査と近い条件で判断でき仮審査の正確性が高くなると考えられます。

仮審査を行った後、本審査が行われます。
本審査の時間は最短即日となっています。
自動契約機でカード発行まで約50分で完了するため、Web申込でも審査時間はそれほど大した違いはないと思います。操作時間等を差し引いいて約30~40分程度で審査が終わると考えられますね。
初めての申込の場合は、8:45~21:00までに申込をすると良いでしょう。公式サイトを見ると、Webでの申込は8:10~21:50が審査結果のお知らせ時間となっていますが、結果の通知だけなので実際に審査が行われるのはそれよりも早い時間だと考えられますね。
なので、なるべく早い時間に申込をしておくことが大切です。
審査時間を超えてしまうと、翌営業日に持ち越されてしまう場合があるので時間には注意をしましょう。

レイクの審査時間最短の申し込みは何?

レイクに申し込みをした時に、審査時間が最短で行えるのは何かが気になりますよね。
審査時間が最短な申込方法はありませんが、他の部分で時間短縮をすることが出来ます。

パソコン・スマホ・アプリ

パソコンやスマホ、アプリを使って申し込みをした場合の最短借入方法を見てみましょう。
パスコン、スマートフォン・アプリからの申し込みは24時間いつでも申し込みをすることが出来ます。
審査時間に関しては、申し込み後の画面で仮審査がすぐに表示されるので安心です。
申し込みをした時に、本審査の結果が来るまでの間にインターネット振り込みでの融資か自動契約機での融資を選べます。
自動契約機の数は、全国に約800台(2015年現在)あるので、お近くにあるのでしたらそこに行って、審査通知次第でカードを発行することも可能です。
今の場所から動けない、家から出たくない。と言う場合は『振込キャッシング』で借り入れをすることも出来ます。
レイクの会員ページにログインして任意の口座を登録して、そこに振り込みを依頼する借入が出来るのですが、平日14時までに手続きが終わっていないと振込先の金融機関の都合上その日のうちに借り入れをすることが出来ないかもしれません。
時間が遅くなってしまった場合は自動契約機を利用してカードを発行しましょう。

ログインして出来ることについてはこちら→

[レイク]

自動契約機

自動契約機の場合は8:45~21:00までに申し込みをしなければなりません。
審査が行える時間がその時間までだからです。
ですが、忙しい人の場合は21時でも間に合わない事があるので、一度上記にも書いてありますがWeb申し込みをしてから自動契約機に行ってみてはいかがでしょうか。
自動契約機の場合、審査時間の待ち時間がどうしても発生してしまうので、その時間を省くためにWeb申し込みはとても便利です。
審査時間事態は短縮出来ませんが、審査の待ち時間は短縮できるという方法なので是非試してみてください。

レイクの審査時間を短くするためにしておきたいこと

新生銀行カードローン レイクに限らず審査時間を短くするためにしておきたいことがいくつかあります。
それは、申し込み時の見直しや嘘を書かないことです。
申し込みの際に嘘を書いてしまうと、真偽判断の為に時間が掛かる可能性が高いです。また、信用情報機関にアクセス出来ない、しても情報が違うということが考えられるので審査落ちの可能性が高くもなります。
また、嘘はありませんが誤情報を送信してしまうのも審査時間が伸びる原因。
申込情報だけを見ると『嘘』か『間違い』か判断できない場合も多いので、その為の判断をする時間がかかったりしてしまうのです。
なるべく審査時間を短くしたいのでしたら、嘘を書かないことと、見直しはちゃんとしておきましょう。

レイクは収入証明不要で本当に借りられるの?レイクで借りる方法とは?

レイクで収入証明書が必要な金額

新生銀行カードローン レイクは、収入証明書を100万円を超える借入で提出しなければなりません。
100万円までは収入証明書無しで借入が出来るので、一般的に生活費などの補填のための借入でしたら、収入証明書無しで借入が出来ますね!

他のカードローンと比べると、銀行カードローンは一般的に100万円を超える場合で収入証明書の提出が必要となります。
それに対して、消費者金融のカードローンの場合は50万円を超える場合は確実に収入証明書の提出が必要。貸金業法によって定められているため、それ以上の金額になることはありません。

レイクの収入証明書が必要な金額は問題がない金額と考えられますね。

レイクは収入証明書不要以上に利点がある?

レイクの利点は収入証明書が不要なのはもちろんのこと『即日融資』を受けられることです。
銀行カードローンの多くは審査に数日掛かるものが多く、その日のうちに借入をするのが難しい場合があります。ですが、レイクの場合最短即日で融資が受けられるので、その点は問題がないと考えられます。
また、総量規制の対象外なので、100万円以内で収入の3分の1以上の借入をしたい場合などでしたらオススメです。
アルバイトやパートの方の場合は、収入が少ないので当てはまることが多いのではないでしょうか。

レイクの収入証明書不要の申込方法

レイクの収入証明書不要の申込方法の1つとしてWeb申し込みがあります。
Web申し込みの方法は以下のとおり。

  • 申し込み
  • 審査結果の確認
  • 契約
  • 借入れ

まず、こちらのボタンから公式サイトに移動して、申込をして下さい。
[レイク]

必要事項を入力したら、確実に1度見直しをするようにしましょう。
内容に不備があると、審査時間が長引いたり、審査落ちをする可能性が高くなってしまいます。
審査結果は、年末年始を除き8:10~21:50までなので、その間に申し込みをすることが、即日融資を受けられる最低条件です。時間外の申込の場合は翌営業日の朝に審査結果を返してもらえるので、審査が通り次第契約、借入が出来るようになります。

契約の際に、インターネット契約をすると、その日のうちに口座に振り込みをしてもらえます。
レイクは口座開設の必要が無いので、自分の指定した口座に振り込みをすることが出来るのでとても便利ですね!

レイクの収入証明書以外の必要書類

レイクに申し込みをするときに、収入証明書意外にも書類が必要な物があります。

本人確認書類
『運転免許証』
運転免許証をお持ちでない場合は、健康保健証や、パスポート、特別永住者証明書/在留カードなどがあります。
※記載されている住所地が違う場合は、公共料金の領収書や住民票の写し、印鑑証明書も必要です。
収入証明書類(いずれかが必要)
『源泉徴収票』
『住民税決定通知書/納税通知書』
『所得(課税)証明書』
『給与証明書』(上記の書類のご用意が困難な場合)

基本的に本人確認書類は、運転免許証を使う事が多いです。
持っていない場合も、保険証などを利用できるので安心ですね。

5社のカードローンを比較!ピッタリのサービスを探そう!

5社のカードローンの利点はどこにある?

  • プロミス
  • アコム
  • モビット
  • みずほ銀行
  • オリックス銀行

それぞれの特徴等を比較しながら見ていって、自分に合ったカードローンを見つけましょう!

カードローンを借りるときに迷っている人向け早見表

社名 金利 審査時間 融資速度 申し込み方法
消費者金融 プロミス 4.5~17.8% 最短30分 最短1時間程度 Web申し込み
自動契約機
三井住友銀行ローン申込機
店頭窓口
電話
郵送
アコム 4.7~18.0% 最短30分 最短1時間程度 Web申し込み
自動契約機
店頭窓口
電話
郵送
モビット 4.8~18.0% 最短30分 最短1時間程度 Web申し込み
自動契約機
電話
郵送
銀行 みずほ銀行 4.0~14.0% 最短即日 最短即日 店頭窓口
銀行窓口
web申し込み(口座も持っている方)
電話
郵送
オリックス銀行 3.0~17.8% 最短即日 郵送事情により変動
(最短5日程度)
Web申し込み

それぞれの特徴

それぞれ借り入れをするときにどのような所が自分にあっているのかを知りましょう。

プロミス

消費者金融の特徴である申し込みから融資までの速度がはやいのはもちろん、初回借入の翌日から30日間無利息期間があるので返済までの期間を考えられる人は安心。
また、返済方法も多岐に渡る他、三井住友銀行のローン申込機でも申込みが可能

アコム

プロミス同様に初回限定の30日間金利がゼロになるサービスがあります。もちろん融資までの速度がはやいのも魅力的です。
また、楽天銀行への振込融資でしたら24時間いつでも反映されるのが便利ですね!

モビット

アコム、プロミスと同様に融資までの速度が魅力。
Web完結の申し込みでカードを手元に置かないで利用することも可能なのが特徴。カードローンは名前の通りカードがあるので、それで家族にバレてしまう危険性がありますが、モビットはその心配がありません。

みずほ銀行

みずほ銀行の口座を持っていれば即日融資も可能!
金利が4.0~14.0%なので、銀行カードローンの中でも低くお得なカードローンです!

オリックス銀行

この中で唯一即日融資が出来ないカードローン。書類の郵送にかかる日数があるため、数日がかかります。
ですが、他のカードローンと違い大きな金額を借りたいと思う人はオリックス銀行がオススメ!
300万円未満であれば収入証明書が不要なので、まとまったお金が借りたい時に使いやすいですね。

タイプ別オススメカードローン

今読んでいる方がおかれている立場を想定して、いくつかのオススメのカードローンを紹介します。
自分に合ったタイプのカードローンは何なのでしょうか?

今すぐ借りたい人

・プロミス
・アコム
・モビット

スグに借りたい人には消費者金融のカードローンがオススメ。
みずほ銀行のカードローンも即日で利用することが可能な場合もございますが、銀行口座をもっていないと利用できません。また、審査も最短即日なので、翌日に繰り越された場合はその日のうちに借入をすることは諦めなければならなのです。

金利や手数料を抑えたい

・みずほ銀行
・プロミス

みずほ銀行の金利は4.0~14.0%と、最高金利が低いのが特徴。
初めての借入れでも14.0%が保証されているのはかなりありがたいですね。
またプロミスは金利こそ目立った特徴はありませんが、返済方法や借入方法に手数料がかからないものが多いのでピックアップ。
手数料がかさむと、金利よりも返済額が大きくなる事を考えるとどちらも良い点が目立ちます。

短期の場合

プロミスとアコムは短期間で借入返済をすると、無利息期間が最大で30日どちらも設けられています。そのため、金利0で利用できるので短期間の借入の場合はこちらの2つがオススメです。

大きな金額を借りたい

・オリックス銀行
・みずほ銀行

金額が大きくなると、消費者金融の場合は総量規制の問題が生じてきます。総量規制とは『年収の3分の1以上貸し付けを出来ないようにする法律』で、借入の上限金額は収入の四分の1程度までに抑えられる傾向があるようです。
ですが、銀行カードローンの場合はその総量規制にひっかかりません。なので上記の2つがオススメとなります。
また、オリックス銀行の場合は300万円未満の借入でしたら、収入証明書が不要なので作りやすさなどの利点もありますね!