国家公務員はキャッシング審査は有利?

国家公務員は審査に有利?今日中に借りられる?

国家公務員(官僚)であれば、カードローンなどのキャッシングサービスを利用するときの審査は有利なのでしょうか?
国家公務員(官僚)の方の場合は、職業として公務員として申し込みをすることとなります。
公務員の場合は他の職業と比べて『安定した収入』と言った面で有利に判断されやすい、と言われています。
一般企業で勤めていると、業績悪化等で倒産する可能性がどんな会社でもあります。その時に給料が支払われず、カードローンを提供する会社は貸しつけたお金が回収できない事もあるのです。
その点を考えると国家公務員の場合国家が潰れる事がない限り給料が支払われないなんてことは無いので、公務員は審査の際に属性が良いと考えられますね。
ですが、国家公務員の方も働き始めて数日目などの不安定だと判断される場合は貸し付けを断られる可能性もあるので要注意。
国家公務員だけど給料が少ない、と言って嘆く必要無いと考えられます。

また、公務員の場合は在籍確認を行わない消費者金融もあるようです。
国家公務員の場合は、職場に電話をかけること自体不審であったりするため、書類での在籍確認を執り行っているそうです。
実際に保険証などで共済保険に加入していることがわかるので、それで完了する事もあると噂されています。
よって国家公務員の方は、銀行カードローンや消費者金融等から即日で借りる事が出来ると考えられます。
手続きの方法や種類によっては、即日で借りられないサービスもあるのでご注意ください。

国家公務員だったら共済組合で借りたほうが良い?

国家公務員でしたら一度は共済組合からお金を借りる方法を聞いたことがあるのではないではないでしょうか。
公務を行う人は、各共済組合で「普通貸付」といった名目で借り入れをすることが出来ます。
貸し付け内容は各共済組合によって違いますが、基本的にキャッシングサービスと同じように利用目的に大きな制限はありません。
年利は通常のキャッシングサービスよりもかなり低く設定されているので、金利のことを考えて利用する場合は共済組合で利用するのが良いでしょう。組合によって金利は異なりますが、5%以下の物がほとんどの様です。

ですが、共済組合の場合どうしても手続きが面倒であったり、周囲に知られてしまうことになります。
周囲に知られたくない、もっと手軽に済ませたい、と言う人はカードローンの利用が良いでしょう。
銀行カードローンや消費者金融の利点は、やはり周りに知られづらいと言うところが大きいと考えられます。

国家公務員だとキャッシングしたらバレる?

国家公務員だからといって、銀行カードローンや消費者金融で借入をした事を、国の関連機関から調べられることはありません。
特に消費者金融の場合は貸金業法によって定められた内容により、第三者に向けてむやみに公表することを禁止されており、なおかつ利用者の周囲に知らしめる様な事も出来ません。

基本的にキャッシングがバレるのは一般企業に務める方と大差ありません。
多くの場合で「返済の滞納」が原因による督促が、周知されるきっかけになっているようです。
督促の電話や、督促状、職場への電話など様々なきっかけが考えられます。

また、債務整理をするときに役職によってはバレてしまう事があるようです。その為必ず返済はしていくようにしましょう。
個人再生、自己破産を行うと、共済組合などからお金を借りている場合はそちらにも通知が行きます。その為借金がバレてしまうそうです。
ご利用は計画的に行ってください。