公務員がカードローンキャッシングで借りる方法決定版!

公務員がカードローンの審査に通りやすいのは本当?

結論から言うと、公務員がカードローンの審査に他の職種と比べて通りやすいのは本当だと考えられます。
まず、カードローンの審査の際に条件として『安定した収入が有ること』が重要。
公務員の場合安定した収入があると考えられるため、収入面で考えた時にかなり有利になります。

特に、サラリーマンと比べて『倒産』と言う危険が無いのが大きな理由だと考えられます。
一般企業の場合、どんな会社でも多かれ少なかれ倒産の可能性がありますが、公務員の場合国が国として維持できなくなる時が職を失う時、と考えられますのでそんな事はほとんど考えられ無い事から安定性が高い。となるのです。
国が国として維持できなくなると、公務員だけではなく他の企業もかなり倒産し始めると考えられますので、貸付金の回収どころではなくなってしまう事も考えられますね。

ただし、公務員だからと言って『過去に借金の遅延をした』などの、返済が出来ない人判断されてしまうと審査落ちをしてしまいますので、ご注意下さい。

公務員は銀行や消費者金融より共済から借りるほうが良いの?

公務員の場合は、銀行や消費者金融よりも共済から借り入れをするほうが良いのでしょうか?
カードローンなどのキャッシングサービスを利用するよりも、共済で借入をした方が良いのでしょうか?

共済から借り入れをするメリット・デメリット

多くの場合金利などの点でかなり優れていると考えられます。住宅ローン等の場合は、銀行で貸付をするほうが良い事もありますが、無担保で借入をするカードローンのと比べるとやはり金利が低いと言う事が多いです。
ですが、デメリットとして周囲に知られてしまうことが大きいですね。
共済で借入をする時、地域によっては所長の印が必要な所もありますし、返済(償還)の際に給与から差し引かれる点も同僚に知られてしまうきっかけ。
他にも離職する際に即時償還(すぐに全額返済する事)を求められる事もあり、隠れたリスクが大きいと考えられます。
また、金利を重視する場合は共済からの借入となりますが、繰り返し利用する場合は何度も手間がかかるのが難点です。

共済でトラブルも

共済で貸付を行う際に『共済への加入』を条件に出してくる所もあり、ある地方でトラブルになっています。
共済で借入を考える場合は、過去にトラブルが無い共済であることを調べておく方が安心でしょう。

銀行、消費者金融のカードローンを使うメリット・デメリット

共済の借入を利用するのと違い周囲に知られる事がほとんどありません。
家族には書類や引落し口座の印字等で知られることがありますが、職場の人に知られることはほぼ無いと言われています。
また、カードローンの場合一度契約しておくと繰り返し利用する際にかなり便利だと考えられます。出先で急にお金が必要になった時等も利用できるので、かなり便利ですね。さらに必要書類も少ないので、契約の手続きも共済で借入をするよりも簡単なのではないでしょうか。
デメリットとしては、金利が高い物が多い所です。
消費者金融等から借入をすると、金利が18%から下がっていく所も少なくありません。
銀行カードローンの場合は、高額の限度額で契約をすることによって、かなりお得な金利で利用できる所も多いですが共済の金利と比べると、やはり高い場合がほとんど。
カードローンで借入をする場合は、周囲に知られたくないなどの秘匿性を特に重視する場合だと考えられます。

ヤミ金や詐欺等には要注意

共済同様に銀行カードローンや消費者金融のカードローンを装った詐欺等には要注意が必要です。
大手消費者金融などの名前を利用した詐欺グループも多く、そのようなところの場合は見分けづらいのが特徴なので特に注意が必要となりますので、ご注意下さい。

公務員専用カードローンもある

地方銀行の場合は公務員専用カードローンもあります。
メガバンクなどでは取り扱っていない商品が有るのも地方銀行の特徴ですね。
ですが、デメリットとしてはその地域にいる間しか使えないなども考えられるので、転勤がある国家公務員の方などには向いていないのではないでしょうか。

基本的に公務員の場合、公務員専用となっていない所でも借入審査の条件は良いと考えられますので、自分に合ったカードローンを探してみるのが良いかもしれませんね。

5社のカードローンを比較!ピッタリのサービスを探そう!