警備員はキャッシングの借入がしやすいのか?

警備員のキャッシング審査は通りやすい?

警備員の方はキャッシングの審査は、通りやすいのでしょうか?

まず、警備員の方は「正社員」もしくは「アルバイト」のどちらかですね。なので、正社員の方はアルバイトの方と比べて審査は通りやすいと考えられます。
警備業法によって派遣社員が無い職種無いからです。
正社員の方は一般的なサラリーマンと同様の審査内容だと考えてよいでしょう。

基本的に申し込み条件として「安定した収入がある」としているカードローンみお多く、毎月決まった給料が入る正社員の方でしたら、年収の3分の1を超えた希望限度額でなければ、収入の面で審査の不利になることは少ないと考えられます。

ですが、アルバイトの方は収入面で少し注意が必要です。
正社員の方と比べると収入は少ない、シフトの日数次第では毎月の給料の差が大きい、等の場合は高額の借入が出来ない可能性があります。

どちらも銀行カードローンであれば収入の3分の1を超えた借入が出来るのですが、限度額は収入を考慮して返済できると考えられる金額が設定されるので、年収を大きく超えた高額な借入は出来ないと考えて良いでしょう。

警備員はキャッシングや借入が出来ないって聞いたことがあるけど……

警備員で現在働いている方は『警備員は消費者金融から借りれない』と聞いたことはありませんか?
結論から言うと、警備員でも消費者金融からの借入は可能です。

ですが、何故そんな噂がまことしやかに囁かれ散るのでしょうか。
その理由は『警備業法』にあります。
警備業法では破産者が警備業務をとり行うことを禁止しています。特に消費者金融からの借入は『借金』のイメージが強いので、自己破産などの債務整理を行って業務に付けなくなる可能性があるので、警備員は消費者金融から借りられないと言われているのです。
一方で銀行カードローンの場合は、銀行からの借入なのでそれほど警戒されていないようです。先入観が強い人は特に差が大きいと言われています。

破産を行うと業務に付けないのは、アルバイトの方も同じです。
消費者金融や銀行カードローンなどの借入を行う時は十分に注意をして借りるようにしましょう。

これから警備員になろうとしている人は要注意

警備員にこれからなろうとしている人は、特に消費者金融からの借入は注意が必要です。
先にも述べたとおり、消費者金融からの借入は借金として見られやすいのが現状。
警備会社に就職やアルバイトを考えている人は特に消費者金融からの借入を避けておくようにしたいものですね。
また、銀行カードローンからの借入も、返済できずに自己破産するような額は絶対に借りないようにしましょう。

特に仕事に関係してしまうので、ご利用は計画的に行う必要がありますね!

警備員でも審査の在籍確認は大丈夫?

基本的に審査の際に行われる在籍確認で、警備会社にキャッシングの申し込みがバレることはありません。
キャッシングの際に必ず行われる在籍確認ですが、消費者金融の名前をいうことはありませんので安心して下さい。
銀行カードローンの場合は銀行名を言う所もありますが、住宅ローンや新規の口座開設の際の手続きなどの言い訳を考えておくと問題なく借入が出来ると考えられますね!

審査の在籍確認を通るために知っておきたいこと

また、在籍確認の電話がどうしても嫌だと言う人は、Web完結で申し込みをしてみてはいかがでしょうか。
Web完結とは、文字通りWeb嬢で申し込みを完結するため、在籍確認を給与明細や社員証等で代用する事があります。
警備員でも正社員の方でしたら問題なくWeb完結で利用できますが、アルバイトの方は一部通常の申し込みしか出来ないことがありますのでご注意ください。

審査の在籍確認なしで借入をする方法