教師のキャッシングはバレない?

教師(先生)がキャッシングをしてもバレない?

教師がキャッシングをした場合、一番怖いのが周囲にバレてしまうことですよね。教師・先生という立場上どうしても悪いイメージが付いてしまうと今後の教育に影響してしまいます。
キャッシングをするときに周囲にばれない方法があるのでしょうか?

カードローンで借りた時にバレない?

教師がカードローンで借入をした時にバレてしまうのでしょうか?

答えは『基本的にバレません』
基本的には自分から周りの人に告げる等をしなければバレないと言われています。
教師だからといって、銀行や消費者金融は何かを学校に通達したり、学校側が見ることが出来る何かの履歴が残るわけでもないのです。

稀に『遅延・滞納』を繰り返すことで、学校に催促の電話がかかってきてしまいバレたと言うケースもあるようですが、基本的に遅延・延滞をしなければ問題ないと考えられます。

在籍確認でもバレないの?

教師と言っても、在籍確認が行われます。
在籍確認では消費者金融の名前を出して電話をかけてくることは、貸金業法により禁止されちるので絶対にありません。銀行カードローンの場合は、銀行名をいうことがあるようですが、カードローンの審査のためとは言わないと考えられます。
消費者金融からの電話でしたら何かしらの用事だと思われますし、銀行カードローンからの電話でしたらクレジットカードを作ったため、などの言い訳が使えそうです。

他にも、Web完結で契約することによって在籍確認を書類で済ませることも出来ます。

即日で借りれるWeb完結!各社比較

教師(先生)だったら共済組合で借りるのがいい?

公立・私立学校の教師をしていると、学校の共済組合からお金を借りる事が出来る場合があります。
必要に応じて借入の種類があります。
一般貸付に関しては、通常のキャッシングサービスと同じような使い方が出来ると考えて良さそうです。
利率も公立学校共済組合の場合2.72%とかなり低金利なので、利用する際に金利を優先する場合はこちらを利用しましょう。私学共済組合の場合は2.26%の低金利です。

ですが、やはり共済組合の場合は同職員から知られることがあります。
そうなると、校内での立場が危ういなどの場合は通常のキャッシングサービスを利用するほうが良さそうです。
バレずにキャッシングをするのでしたら消費者金融、銀行カードローンを利用するのが良さそうですね。

教師(先生)はキャッシングの審査に通りやすい?

教師と言う職業はキャッシングの審査に通りやすいのでしょうか?

公立学校の教師・先生の場合

公立学校の職員は『地方公務員』として審査に挑むことが出来ます。
地方公務員でしたら他の職業と比べて「安定した収入」として判断してもらいやすいので、かなりキャッシングの審査には有利だと考えられます。
利用する際には職業的には属性が良いとい考えて良いでしょう。

その他の過去に遅延や、借金の滞納等が無いなどの一般的な人であれば、審査が厳しくなることは無いと考えられます。

私立や国立の教師・先生の場合

私立や国立の教師・先生は法人の職員として扱われます。
ご存知の方も多いですが、国立の学校の教員は平成16年4月より国家公務員から非公務員型の法人職員と変わりました。
そのため、通常のサラリーマンと同じ扱いになると考えられるのではないでしょうか。

教員という職業柄4月までは辞めることが少ない、と見られるのが一般的ですのでそのことを考えても審査の際の属性が良いと考えられますね。

審査が落ちる理由って何?キャッシング基礎知識