不動産会社務めがカードローンでキャッシングするには?

不動産業者の審査の通りやすさはどれぐらい?

不動産販売や不動産営業等、賃貸の貸し付け等をを行っている人たちは、審査にどれぐらい通りやすいのでしょうか?
まず不動産営業や不動産販売の人の場合、その企業の規模がどれぐらいあるのかによって異なると考えて良いでしょう。

大企業の不動産会社で働いている場合

全国にチェーン展開をしている不動産会社も数少ないですがありますね。
その場合、その全国にチェーンの元会社で働いている場合「会社が潰れることは少ない」と判断されるのではないでしょうか。
その為、零細企業と比べると審査では有利になると考えられます。
基本的にはサラリーマンとして見られることが多いので、基本的なところをしっかり守れば借りられる可能性があると考えて良いでしょう。

審査が落ちる理由って何?キャッシング基礎知識

中小零細企業の不動産会社で働いている場合

大手に比べて『離職率』が高いとされる業界なので、中小零細企業では少し審査が厳しくなると考えられます。
その理由は「属性」が悪いから。
職業としての属性はかなり重視されており、中小零細企業で設立からまだ半年、などの企業の場合は特に「いつ潰れるか分からない」といった理由で落とされてしまう事があるようです。
キャッシングサービスを提供している会社としては、貸し付けを行ったお金を返してもらわなければ損をしてしまいます。なので、返済が出来る人を判断するために審査が行われるのです。
返済能力が無いと何かしらの理由で判断されてしまうと、残念ながら借入が出来ませんね。

不動産会社の場合歩合制を掲げている所も多く、キャッシングを利用するときに限度額が高いと「稼げておらず返済の目処もたたないのではないか」と懸念される心配もあります。
どうしても必要だと思うのであれば、いざというときの前にカードローンを申込んでおく必要がありそうです。

中小零細企業の社長である場合

中小零細企業の社長や自営業者として不動産経営を行っている場合は、その企業の設立してからの期間が重要視されます。
長期にわたって存続している場合は大きく影響はしませんが、設立1年未満の場合は審査を落とされることが多いと言われています。
その理由は「倒産」の可能性が高いと考えられるため。
近年、平均して毎年約1万件近くの企業が倒産しており、その中で最も多いのは設立1年未満の会社です。
その為、新米社長と言われる人たちはキャッシング審査が通りにくいのです。

不動産業者は借り入れしてもバレにくい?

顧客信用が大切な営業職の人などは、特にキャッシングをしたことがバレる事が仕事に影響を与えると考えてしまいますよね。

ですが、キャッシングをしたという事実が会社や、顧客に知られる事はまずありません。
住宅ローンよりも、キャッシングはデリケートなサービスとして銀行では見られて周囲に知られないように最低限の努力を怠りません。
また、消費者金融で借入を考えている場合も、貸金業法に基づきむやみに周囲に知らしめる行為は行えないので安心して良いでしょう。

不動産会社務めでも今日中に借りれられる?

不動産会社務めの方も、申し込み方法次第で即日融資を受けることが出来ます。
即日融資を受けることを考えるのであれば、こちらをご確認下さい。

即日でお金を借りる方法まとめ