証券マンはキャッシングが出来るのか

証券マンはキャッシングが出来る?

「証券マンは借金をしたらクビ」「証券マンはお金を借りられない」と言う言葉を聞いたことがある人も多いはず。
実際のところは、それはデマ!

証券マンでも、住宅ローンやカーローンを組むことが出来ますし、クレジットカードやカードローンでキャッシングを使うことも出来ます。
証券マンで有ることがキャッシングの審査などに影響することは無いと考えて良いでしょう。

証券マンがキャッシングを利用できないと言われていたワケ

証券マンは何故キャッシングが利用できないと言われていたのでしょうか?
その理由は最初に上げた「証券マンは借金をしたらクビ」と言われていた事と関係してきます。

証券マンと言っても、金融業界の一部で働いているので、キャッシングやローンを組むことをすると「顧客の信用を失いかねない」と考える人が多いからですね。
特に自己破産を初めとした債務整理を行うと顧客からの印象はよくありませんし、顧客のお金を抜き取ったりするなどの不祥事がおきてからでは遅い、と考えられている所が大きいですね。
つまり逆を返せば、証券マンでも借金でクビが回らなくならない限り、借入をしても問題がないという事。なのです。

実際に借金が返せなくなった証券マンはどうなる?

証券マンの場合、借金が返せなくなった時に一人で解決しようと考えてしまいがちですが、ちゃんと報告をしておく必要があるそうです。報告をした後すぐに上司と返済計画を練り、リスタートを測るのが一般的だそうです。
報告をした場合は、金銭管理の業務から配置転換される事を覚悟しなければなりませんが、職を失うよりかは良いと考えられます。

また。報告をしなかった場合が一番悲惨ではないでしょうか。
取り立ての電話で同僚や上司にバレた時に、職場に居づらくなるのはもちろんですが、返済計画をねって返済をした後「自発的にやめて欲しい」と求められる可能性もあります。
他にも先に、自己再生や自己破産を行ってしまった場合は、即座に自主退職を提案される可能性もあるようです。

証券マンのキャッシングはバレない?

証券マンだとしてもい、基本的にバレずに借り入れをすることが出来ます。
証券マンの場合「金融業界の繋がり」でバレてしまう事を懸念する人がいますが、基本的に不要な情報を流して法律違反をすることを自発的に行う人は少ないと考えられます。
なので、カードローンを利用しても問題なく利用できるのではないでしょうか。

銀行カードローンや消費者金融のカードローンがある中で、特に消費者金融の場合は『貸金業法』により、利用者の周囲にむやみに知らしめる行為を禁止されているので、安心してよいでしょう。

また、カードローン審査の際に在籍確認の電話がああリ不安だという方も問題ありません。
在籍確認では必ず個人名を名乗るため、利用している消費者金融や銀行のカードローンサービス名等は分かりません。銀行の場合は、一部銀行名を名乗る場所もあるので、何かしら別の言い訳を考えておくのが得策でしょう。
言い訳として多いのはクレジットカードや住宅ローンなどです。

また、在籍確認の電話無しで登録する方法もあります。

電話なしの審査でバレないキャッシングが出来る?

証券マンはキャッシングに通りやすい?

証券マンと言う職業は、一般的なサラリーマンとして扱われると考えられます。
証券会社の規模次第では『大企業』として扱われて、属性が良いと考えることも可能。属性が良ければ審査に通りやすいと言われています。
属性の中には勤続年数などの項目もあるので、長く務めておくとより審査が通りやすくなります。

審査が落ちる理由って何?キャッシング基礎知識

証券マンの場合、特にキャッシングの返済計画をきっちり立てて利用するようにしたいものですね。
決して高いレベルのお金の扱い方を要求されているわけではなく、一般的なサラリーマンモラルを求められる職業ですので、気負い過ぎないようにしましょう。