営業マンのお金を借りる為に気をつけたいこと

営業マンがお金を借りる方法

まず初めに、営業マンがお金を借りる方法は何があるのでしょうか?
営業マンのお金の借り方として代表的なのは『カードローン』です。他にも借りる場合は住宅ローンや自動車ローンもありませすが、お金を借りるというよりもローンを組むと言われることが多いので今回は触れません。
さて、カードローンには大きく分けて2種類のカードローンがあります。

銀行カードローン

銀行から発行されているカードローンがまず一つ目。
お金を借り入れる際に気をつけたいことは『総量規制』の問題です。
総量規制とは、貸金業法によって定められたもので、収入の3分の1以上の借り入れが出来ないようにしている法律です。
ですが、銀行カードローンの場合銀行法によって定められているため貸金業法による総量規制の影響を受けません。

また、銀行カードローンの場合基本的な上限金利が低い他、多額の借り入れを出来れば金利が一気に下がるものも多いので、高額融資を望む人の場合オリックス銀行カードローンやみずほ銀行カードローンを利用してみてはいかがでしょうか。

低金利のカードローンについてはこちら→

消費者金融のカードローン

カードローンの種類として消費者金融のカードローンが2つ目。
消費者金融の特徴としては即日融資を受けられる場所が多く、サービスが充実していると考えて良いでしょう。
お金が急に必要になった、等の場合は審査が最短30分で行われる消費者金融から借り入れをすることで、その日のうちにスムーズな流れで借り入れをすることが出来ます。
即日融資の出来る消費者金融の代表的な物は、プロミス、アコム、モビットです。
特にプロミスの場合、30日間の無利息期間が有ることや、その後もポイントサービスにより再度無利息期間を受けることが出来るのが強みです。

即日融資についてはこちら→

営業マンがお金を借りる時の注意点

営業マンの場合、フルコミッションの営業マンや一定の収入にプラスしてインセンティブ等が貰えることが多いですよね。
キャッシングを行うときに、昨年度の売り上げ良かったため税金が多くて払えない、と言う人が多くいます。
借り入れをする際に、税金の支払いが理由の場合きちんと返済計画を立てて、お金の借り入れをしなければなりません。
毎月の給料、そして多くインセンティブが入った時に返済を多くする等を早めに決めておかないと、営業マンとしてあまり芳しくない状況に陥りがちです。

個人事業主でお金を借りるときに気をつける事

個人事業主でお金を借りるときに気をつけなければならないのは、昨年度の確定申告書を確実に用意しておくことです。
基本的に収入証明書が不要、と書いてある消費者金融等で借り入れをするときは提出を求められませんが、収入の額が大きくなっていき活動期間が短いと『詐欺や詐称』と言った疑いをかけられてしまいます。
その場合速やかに確定申告書を提出すれば、有利な借り入れが出来ると考えられます。

また、主軸ににする仕事が営業ではなく他の仕事で、時間の開いた時に営業をしている人の場合も同様に、確定申告書を用意しておくと限度額を高めに設定できたり、金利が低くなったりするので便利だと考えられます。

個人事業主の場合、確定申告書を提出できないほど短い期間での活動となると『いつ返済できなくなるか分からない』と判断されてしまうので、少し期間を置いてからキャッシングの申し込みをするのが良いでしょう。
基本的に期間は1年~3年程続けてから申し込みをするのが良いと言われています。

営業マンは内緒でお金を借りる事が出来る?

営業マンの場合、特に周りの人にお金を借りていることが知られるのが困るという人も多いですよね。
お金を借りるときに内緒で借り入れができるかは重要視される所です。

基本的に、Web完結で申し込みをすることで借り入れをすることが出来ます。
借り入れをする時に、在籍確認を電話でなく書類で済ませる事が出来る場所を選ぶと、会社の人に知られる可能性を低くすることが出来ますね。

基本的に返済が滞る時等以外で電話が会社にかかってくることはないので、借り入れの時に周囲にバレる心配はしなくてよいでしょう。
ただし、周囲からの信用を無くさないようにするためには、やはり返済をきちんとしていく事が大切ですね。

在籍確認についてはこちら→