農家がキャッシングを出来るか徹底分析

農家の人はキャッシングが出来る?

結論から言うと農家の方でもキャッシングは可能です。
ですが、大きく3種類のキャッシングに分かれると考えておきましょう。

雇われ農家の方

農業生産法人に属する会社に勤務する農家の方をさします。
飲食店の経営する農業等の場合は、基本的に月給で支払われることが多く一般的な会社員と金融機関では扱いと変わりません。
その為、過去の支払遅延や属性と言われる個人情報を基づいた基準を元に、審査が行われます。
農業生産法人の場合、国からの支援等も考えられるので法改正などによっては有利に働く可能性も考えられますし、逆もまたしかり。

ですが基本的に、離職率が高くない職業なのでキャッシングの審査に、職業の影響は及び辛いと考えられます。
ある程度長い期間を勤めたらカードローンの審査には、多くの雇われ農家の人が通るのではないでしょうか。

農業従事者、農業就業人口、基幹的農業従事者の場合

農業を営み『個人事業主』として見られる人たちの事です。
基本的に個人事業主として農家をやっている場合は、キャッシングの審査が厳しくなります。
特に農家のように一定時期に収入が偏る場合は、審査が厳しいと考えておきましょう。
カードローンなどのキャッシングサービスの多くは「安定した収入があること」が条件となるので、年に一定時期の収入になりやすい農家の場合安定性が認められない可能性があるからです。
ですが、返済が出来る事が分かる事業計画書や何年かの実績などがあると借り入れが出来ると考えられます。
農家として10年以上年収を維持し続けていられれば、それだけ貸付出来る信頼に足りるとかんがえられますね。

消費者金融からの借り入れの場合は、確定申告書の写しなどで安定した収入が有ることを証明出来れば借り入れが出来ると考えられるので、消費者金融からの借り入れを考えてみてはいかがでしょうか。

兼業農家の場合

普段一般企業で働いて空いた時間に農業をやっていたり、実家の手伝いをするためや跡継ぎで兼業農家をやっている人もいます。
兼業農家の場合、一般企業で働いている人が大多数で『安定した収入』を農業以外で確保できている事が多いです。
その為、借り入れをする場合は一般企業での源泉徴収票や、確定申告書や納税証明書などを提出することによって借り入れが出来ます。

農家でも即日でキャッシングが出来る?

農家と言う職業でも、お金が必要になるのは急なもの。農家の人は即日でキャッシングが出来るのでしょうか。

地域によって即日融資を受けられるか変わってくることがあります。
雇われ農家や、兼業農家の人は問題なく即日で借り入れが出来る事が多いようです。そのような場所では、近くの繁華街等に自動契約機が置いてある事が多いですので、仕事帰りなどでカード発行が可能だと考えられます。
アコムなどの消費者金融から借り入れをすると、スムーズに借り入れをすることが出来ます。
銀行カードローンの場合は、審査に時間がかかったり口座開設が必要だったりするので時間がかかる場合が多いです。

農家を専業とする人の場合、田舎で農業をやっている事が多く、近くに自動契約機が無い事も少なくありません。
その場合、銀行振込でキャッシングをする形になります。
振込キャッシングを行う場合は、対応の金融機関以外平日の14:50分までに振り込みの申込をしないと即日借り入れができな場合が多いですので、時間には注意しておかなければなりません。