サラリーマンはキャッシング審査にどれぐらい通りやすい?

サラリーマンはキャッシングの審査に通る?

サラリーマンであれば、カードローンやキャッシングサービスに申し込みをすることが出来ます。
申し込みが出来るということは、もちろん審査に通過出来る可能性が有るという事!

まず、申し込み条件として多くのカードローンなどのキャッシングサービスは『20歳以上の安定した収入が有る方』となっている所が多いです。意外にもこの条件外の人が申し込みをする事も、少なくありません。
そのため、サラリーマンの場合その条件に一致する人がかなり多いので、全体的に見て審査が通りやすいと考えられます。

サラリーマンにオススメのキャッシングサービス

サラリーマンにオススメのキャッシングサービスは何があるのでしょうか?
オススメの順番と、理由をまとめてみました。

サービス名 無利息期間 金利 審査時間 収入証明書
プロミス 30日+ポイントサービスで延長 4.5%~17.8% 最短30分 50万超えの場合
みずほ銀行カードローン × 3.5%~14.0% 最短即日 200万超えの場合
アコム 最大30日間 4.7%~18.0% 最短30分 50万超えの場合
オリックス × 3.0%~17.8% 最短即日 300万超えの場合
レイク 最大180日 4.5%~18.0% 申込み画面に表示 100万超えの場合
モビット × 4.8%~18.0% 最短30分 50万超えの場合

※プロミスはメアド登録とWeb明細の利用で無利息期間をプレゼント
※アコムは35日毎の支払日に指定で最大30日間の無利息期間が利用可能。
※レイクは30日間無利息か、5万円以下180日間無利息かを選べます。
※申込状況により、収入証明書が必要になる場合があります。

■font-sizeは投稿時に調整お願いします■

プロミスがオススメの理由

サラリーマンの人にプロミスがオススメの理由は、プロミスには30日間の無利息期間があり、ポイントサービスでその無利息期間が延長可能なので1年以内のご利用でしたら一番お得に利用することが出来るからです。
また、審査時間も最短30分なので時間がない人にもオススメ!
審査が通り次第、その日のうちに借り入れすることが出来ます!

[プロミス]

みずほ銀行カードローンがオススメの理由

みずほ銀行カードローンがオススメの理由は、もちろん低金利で有ること。
低金利のカードローンを利用することで、長期間の返済や高額の借り入れになるとかなりお得です。
住宅ローンもみずほ銀行で利用すれば、金利が0.5%低くなるため、最低金利が3.0%となります。

[みずほ]

アコムがオススメの理由

アコムがサラリーマンの人におすすめの理由は、こちらもプロミス同様に無利息期間があるため。
三菱UFJフィナンシャルグループのサービスなので、安心感がありますね!
審査時間も最短30分なので、時間がなくても安心です!

[アコム]

サラリーマンがキャッシングする時に気をつけること

サラリーマンがキャッシングをするときに気をつけることがあります。
キャッシングをする際に、カードローンへ申込をしますが、申込をするときに審査落ちをしないために絶対覚えておきたい条件です!

嘘をつかない

例えば年収などで見栄を張りたい、と思う人も少なくありません。
年収や、他社からの借り入れが合った際に嘘を付いて多く書いたり、借り入れがないと書いても、バレてしまうことが多いです。
その為、審査の時にその事が知られてしまうと『嘘をつくから詐欺をするんじゃないか』と見られてしまうリスクが発生して、借りられなくなるかもしれません。
キャッシングをどうしてもしたい、と言う場合でも無駄なリスクを背負う必要はありません。

審査で用意しておくと良い物

サラリーマンの人がキャッシングサービスに申込をして審査を受ける際に、もたつきなどを無くしたいのであれば、用意しておきたいものもあります。
それは、会社の保険証や、源泉徴収票のコピーです。
本人確認書類として、免許証の提出で不足ありませんが、Web完結で申込をする際等は、在籍確認を書類済ませることがあります。
保険証であれば、勤め先の会社の情報が載っていますので、働いていることが判断出来ます。会社の社員証等でも、判断することが出来るのでどちらかを用意しておくのが良いでしょう。

また、キャッシングで高額の借り入れを考えている人は、源泉徴収票を用意しておくのが良いでしょう。
各社収入証明書が必要な金額は、各社決まっていますが、申込状況によりその指定れた金額以下でも、提出を求められる場合があります。
プロミスの場合は、その証明書の提出でポイントが付くなどのサービスもあるので、その点に配慮して源泉徴収票を用意しておくのは良いでしょう。

サラリーマンが源泉徴収票を出してもらう言い訳

サラリーマンの人が源泉徴収票を出すときに、理由を聞かれたらどうしよう。と思う人も少なく無いと思います。
サラリーマンの場合、源泉徴収票を発行する時の言い訳として一番多いのは『役所に提出するから』
役場で源泉徴収票を使う機会は多いですので、何か聞かれた時はそれで十分そうですね。

借り過ぎに注意

サラリーマンをはじめてスグの人等は、特に注意をしないといけない内容の『借り過ぎ』。
キャッシングを使い始めた時に、節度を持った利用をしていないと借入額が膨れ上がってきてしまいます。
その為、キャッシングを行うときに返済のことまでちゃんと考えた利用をすると良いでしょう。

返済計画を立てるときに便利なのは、借入返済シミュレーションです。
返済シミュレーションは各社それぞれのホームページにもありますので、利用を開始した際に活用していきましょう。

返済が滞るとブラックリストに

返済が滞るとブラックリストに入ったと言われる状態になる可能性があります。
ブラックリストと言われる帳簿などは実際にはありませんが、個人信用情報機関に記録されている情報が『この人は返済が出来ない人』と判断出来る情報に変わってしまうのです。

5年間で情報が更新されるので、長期間の返済の滞り等が出来てしまった場合は、5年間真面目に返済を続けておけば問題なく借り入れが出来ると考えられますね!
審査で過去の滞納は信用情報にどれぐらい響く?→