新年会や忘年会でお金がない場合どうすればいいのか

忘年会・新年会のお金がない時

忘年会や新年会でお金がない、と言う時がありますよね。
お金が無い時にどうすればいいのでしょうか?

お金がないから断るのはアリ?

忘年会や新年会を、お金がないから。と言う理由で断ることはアリなのでしょうか?
世間的に見ると『ナシ』という意見が多く見られます。
忘年会や新年会は、友人間の時はお金がないからと言って断ることもあるようですが、会社の場合はその理由で断るのは角が立つというのが理由だそうです。

キャッシングをしてその場しのぎ

キャッシングをしてその場しのぎをする方法があります。
年末の時期にオススメのキャッシングは、プロミスアコムなどの無利息期間があるキャッシングサービスです。

無利息期間があるキャッシングサービスを利用すると、その間の金利は0円で借り入れをすることが出来るので、いざというときに役に立ちます。
一気にお金が無くなる年末年始に持っておくと便利なカードです。

無利息期間があるキャッシングサービス

サービス名 無利息期間 ポイントサービス 返済手数料
プロミス 30日間+ポイントサービスで延長可能 無料~216円
レイク 30日間or
5万円以下の借り入れ分180日間
× 無料
アコム 30日間 × 無料~216円

年末年始だけちょっとお金が、と言う人にはプロミスがオススメ。
プロミスならポイントサービスがあって、期間を延長できるので借入額を気にせずに使えます。
レイクの場合は5万円以下の借り入れを考えている人にオススメ。5万円以下の金利が半年間無料になるサービスは他の物と比べてお得です。

言い訳をして断る

言い訳をして断る方法は誰でも考えてしまうことですよね。
実際によく使われる断り方としては「実家の都合」などのプライベートな事を理由にすることが多いようです。
ですが、断った後に後悔をしてしまう事も多く、あまりオススメ出来ません。

忘年会・新年会のお金はもったいないのか

忘年会や新年会を行うときにお金が勿体無いと言う人も多くいます。
実際に忘年会や新年会を行うことを「飲みニケーション」と言う人も多くいます。
コミュニケーションから派生した造語で、アルコールの力があるから深いコミュニケーションが取れると言う利点を言われています。
ですが、現在の社会においてはそれを否定する意見も多くあります。
グローバル化が進んでいく社会でお酒の席を断るのは、実際どうなのでしょうか?

世界から見ると飲み会自体は多すぎるが年末年始は多くの場所で開催

普段から頻繁に行われる飲み会は、別の国から見ると『多すぎる』と言う意見が多いようです。
とは言うものの、会社の年末年始の占めや始まりの時期に飲み会を開催する国も少なくありません。
西洋文化の場合、日本とは違いパーティーという形になる事も多いようですが、1年の終わりや始まりを祝う文化は何処の国にもあります。

こういったことを知っていると、普段の飲み会は断ったとしても年末年始の忘年会、新年会を断るのは少し気が引けてしまいそうですね。

2次会以降の参加を見送る

一切出ないというのも幹事や他の人に迷惑をかけてしまうことがあるため、1次会だけでも参加する、と言う人も少なくありません。
年末年始の忘年会・新年会などの飲み会シーズンでは、お金が足りないと言う自体があるので、節度を持って参加する。というのも言い訳としては悪くないのではないでしょうか。
お酒に飲まれて、気づいたら2次会にいた。ということだけは避けておきたいものですね。

寸志やお金を包むのは必要?

一部の会社や地域では寸志やお金を包むなどが必要だったりします。
寸志でよく言われているのは、お酒を2本以上持っていく事。ただし、当日に渡すのは飲み屋さんなどのルールでNGであったりと、様々な問題があるので終わった後に渡しに行くのがマナーだと考えられます。
お金を包む文化は、一部の地域であるようですが、ほとんどの地域では無く、逆に「参加するのを嫌がられている?」と思われてしまうことがあるので、確認が取れない場合はお酒を渡しておくのが良いでしょう。
営業先の会社に誘われた時などは注意をしておきたいものです。