クリスマスプレゼントのお金がない時の解決法【保存版】

クリスマスプレゼントの相場はどれぐらい?

クリスマスプレゼントを上げる相手によって相場は変わってきますよね。
実際みんなどれぐらいのお金を、クリスマスプレゼントにかけているのでしょうか?
お金がないと言っても、相場を知らないとどれだけ足りないか検討もつかないものです。

大学生が恋人に渡す場合

クリスマスプレゼントを大学生が恋人に渡す場合は、1万円前後が相場。
1万円前後であれば、アルバイトをしていると出せる金額だから、というのが最も多い理由のようです。

社会人が恋人に渡す場合

社会人が恋人に渡す場合は、少し値段が上がって2万~3万といったところのようです。
所得帯によって相場がかなり変動するので、平均して2万前後といったところでしょうか。
大学生よりも少し多めぐらいが相場のようです。

子どもへのクリスマスプレゼントの場合

子どもの年令によって相場が変わってきます。
0歳~6歳は3千円が平均的。高くても1万円以上になることは少ないようです。

小学生の場合5千~1万円が相場。甥っ子や孫など直接の子どもでなくても、同じぐらいの金額になることが多いようです。

中学生以上だと、ゲーム等が中心となり相場は1万円前後となります。

また、子どものクリスマスプレゼントとして『現金』を渡す家庭も少なくないようです。
クリスマスプレゼントで現金を渡して、子ども自身にお金の使い方を教える。というのが狙いのようですね。

クリスマスでかかるお金はどれぐらい?

クリスマスの時、デート等でもお金がかかりますよね。
比較的クリスマスの際に使うお金は男性の方が多いと言われています。
食事代や、プレゼント代、他にも色々とかかるもの。
お金がない、と言うのは比較的男性の方が多いのではないでしょうか。

プレゼント代の相場は上記の2~3万円と言われていますが、それ以外のデート代も含めて男性は平均的に5万程使うと言われています。

女性の場合は、付き合い方によってかなり差があるようです。
プレゼント代の相場は同じですが、食事代等を出してもらうのであれば少し高価な物や、安価の物でも複数個渡す事を心がけている人が多いと言われています。

クリスマスプレゼントのお金がない時の解決法

さて、クリスマスプレゼントでお金が無い時に、どうすればいいのでしょうか?

金額を落とす方法

クリスマスプレゼントを渡す方法やムードの作り方、品物選びで解決する方法があります。
男性の場合は、高いレストランに行こうと考えがちなものですが、家でムードを作ってクリスマスを過ごしてみてはいかがでしょうか。
相手の人が喜んでもらえるのであれば、見栄を張る必要はない事を覚えておきましょう。
プレゼント代を落とす方法としては、プレゼントの数でせめて見てはいかがでしょうか。
一見高く付くように見えますが、3万円のものを1つと、5千円のもの3つ渡すのも同じように相手は喜んでくれます。
数が多いのもそうですが、選ぶときに相手のことを思う価数が増えるので、それも喜んでもらえる方法の1つだと心得ましょう。

思い切ってお金を借りてみる

年に1回のクリスマスは特別な日。
そこで、思い切ってお金を借りてみるのもいいと思います。
クリスマスの後スグに、年末年始もあるので、それに備えてカードを作っておくだけでも安心ですね。

時間がない人にオススメ!

審査時間が最短30分のカードローンです。
その日のうちに借り入れをしなければ間に合わない、と言う人に特にオススメです!

なるべくお得に利用したい人にオススメ!

プロミス、アコム、レイクでは『無利息期間』があるのでとってもお得。利息を無料で使える期間があります!
借り入れをして、返済の時に無駄なお金がかかりません。

何かを諦めてお金を安くする

レストランなどの予約は早めにしないとなかなか取れませんよね。
そこでプレゼント代まで手が回らないと言う場合は、プレゼントとしてレストランの食事をプレゼントすると言い張ってみるのも良いかもしれません。
何か普段とは違うことをして、思い出をプレゼント、というのもロマンティックですね。

ですが、お金がないからと言ってしまうと、相手をがっかりさせてしまうので言葉には少し気をつけたほうが良さそうです。