お年玉のお金がない時に恥をかかないための対処案

お年玉の相場はいくらぐらい?

お金がない、と言ってもまずは相場をしらなければお年玉の用意すら難しいですね。
では、お年玉の相場はどれぐらいなのでしょうか?
大凡の年齢と相場を、調べてみると以下のうようです。

小学校低学年 1~3千円
小学校高学年 3~5千円
中学生 3千~1万円
高校生 5千~1万円

お年玉の相場は年齢によって上がっていく傾向は何処の地域でも同じですが、小学校低学年の場合、入学祝いと一緒に渡すと言う意見もあり相場がやや多くなる事があるようです。
また、今回は血縁関係にある人のお年玉の相場を調べてみましたが、近所の子などに渡すお金であれば3000円が一番多いようです。

毎年会う親戚の子供が5人いるとすると、一人3000円でも1万5千円の出費になる計算です。
これが徐々に毎年金額が高くなっていくので、先に基準を決めて予め準備をしておくことが大切かもしれません。

また、お年玉の相場はあくまで相場。
神事の一つですので、気持ちを込めてあげるのが大切なのかもしれません。

お年玉でお金がないならあげる人を絞ろう

お年玉をあげる場合、どんな人にあげるかで必要な金額が変わってきます。
親戚の子にあげるのが一般的ですが、それ以外の子はどれぐらいの人に渡せば良いのでしょうか?

基本的に、血縁関係にない人はあまり気にしなくても良い。と考えられます。
ですがお年玉で悩むのは部下の子ども。この場合は千円程度の気持ち程度の金額や、お菓子などでもいいかもしれません。
ある程度威厳を見せたい、というならば話が別ですがあまり見栄を張らなくても良いのではないでしょうか。

上司の子どもにお年玉はNG

上司の子どもにお年玉をあげるのは基本的にNGです。
基本的に、上司の家族は上司と同じ立場として見るのがマナーなので、基本的にあげなくても良い物だと考えておきましょう。

もしも催促されてしまった場合は
「上司の子どもにお年玉をあげるのは、上司に向かってお年玉をあげるようなものなので用意するのは失礼かと思いました」
なんて言い訳もいいかもしれませんね。

お年玉をあげないのはアリ?

お年玉をあげないと言うのはどうなのでしょうか?
マンガ等でよく取り上げられる話題ですよね。
答えはアリです。
お年玉は祝い事なので、義務の用に渡すようなものではないと心得ましょう。
では、渡さない方法を考えてみましょう。

会わないからお年玉をあげない

お金がないのであれば、家から出ないというのも一つの手段。
お年玉を去年はあげたし……と言う場合でも、会わなければこちらのもの。
三が日だけではなく、連休が終わるまでは家に引きこもったり誰も親戚がいない所にさっさとでかけてしまいましょう。

ただ、欠点としては完璧に籠城すると年越しも一人で過ごす事になる。ということではないでしょうか。
友達を誘って籠城すれば、近づきにくくもなるのでいいかもしれません。

お年玉の存在を誤魔化してあげない

お年玉の事が子どもの頭のなかにあるからねだられるのです。
そこで、お年玉の催促をされてしまったりしたら、すかさず遊びに誘いましょう。
遊んで遊んで遊び回って、お年玉の存在を忘れた頃に分かれましょう。

他にも、若干自尊心に傷が付く方法としては、自分があげられないと冗談のような言い訳をすることです。
最初は冗談だと子どもも笑って催促を続けますが、何回かやっていると『あ、この人本当にお年玉をくれないんだ』と心のなかで思って、スーッと離れて行ってくれます。

お年玉でお金がないと恥をかかないためには

なんだかんだ言っても、やはりお年玉を上げないと、子どもだけではなく親御さんにまで伝わって恥をかいてしまうことがあります。
人の口に戸は立てられないどころか、子どもの口からは全てが筒抜け!まるでガラス張りです。
子どもに口止めをしても、結局バレてしまうので、何も言わずに上げてしまうほうがいいかもしれません。

では、そのお金の算出方法を検討してみましょう

お金がないから借りて渡す

お金がないなら、借りて渡すのも良いでしょう
ですが、スグに知れ渡ってしまうのでお年玉を借りるなら親戚は頼れませんよね。
そこでカードローンを利用してみてはいかがでしょうか。
カードローンであれば、そこまで気兼ねすることはありません。
年末に借りておくのであれば、プロミスがお勧めです。
プロミスであれば、申込、審査、借り入れまでの時間が最短1時間で出来ます。さらに、様々なATMで利用できるので、地方の実家に返った時などにも安心です。
しかも、簡単なメアド登録とWeb明細の利用で30日間無利息のサービスを受けられるので、お得に利用することが出来ます!
[プロミス]

年末だけちょっとバイトをする

年末にちょっとだけバイトをする方法もあります。
週末に日雇い派遣やバイトをして、お金を作る方法です。
社会人でも、週末であればポスティングやティッシュ配りなどのアルバイトを募集している所は少なくないので、アルバイト情報誌やサイトを見てみるのも良いかもしれませんね。

そもそもなんでお年玉ってあげるの?

「お年玉ってそもそもなんであげるんだ」という風にお考えの人もいるのではないでしょうか。
お年玉をあげる理由は、本来『年神様』と呼ばれる神様から頂いた物の事から由来します。
正月に鏡餅を神様に捧げて、そのお持ちをお雑煮などにして食べて神様の力を分けてもらうことから由来します。
神様の力『御神霊』を貰う。ということなので、徐々になまってお年玉となったと考えられています。

本来お餅を主人が分けて振る舞うものだったのですが、餅では持って帰りづらいだろう。と言う事でお金を包むようになったのです。

最初の方にも書いたとおり、部下が上司の子どもにお年玉をあげるのがマナー違反なのはこのことかが理由なので、覚えておくと良いでしょう。