飲み会でお金がない!お金がかかるのも解決!

飲み会のお金がない理由を考えてみる

まず最初にやることは、飲み会のお金がない!という風に言うのであれば、そうなってしまった理由を考える必要があります。
その理由を考えておくことでこの自体の再発防止ができるからです。

友だちに誘われた飲み会に沢山行ってしまったり、欲しいものを衝動買いしてしまったり。その場合は、それにいくら使ってしまったのかを考えて、次回以降いくらか残しておくのが重要です。
飲み会で1回いくら使っているのかわからない、というのであれば持ち歩く現金を制限しておくことも大切です。
必要以上に使わないようにする事で、次回以降の飲み会不足に役に立ちます。

でも今飲み会のお金がない。そんな時は

今飲み会のお金が足りないんだ、と言う人も少なくないはずです。
そんな時はどうすればいいのでしょうか?

お金がないから飲み会を断るのはアリ?

お金がないから今回の飲み会はいけない。と言うのはアリなのでしょうか?
結論から言えば『どちらの場合もある』だと思います。
社会人の場合、友人からの飲み会の誘い以外にも、業績を上げた時などにも飲み会が開かれたり、取引先の飲み会に誘われたりします。
会社負担で飲み会が開かれる場合は、お金のことを気にしなくても良いのですが、全てそういうわけにもいきませんよね。

友人から誘われた場合の断り方

この場合は、素直にお金がないから。で良いのではないでしょうか。
もしくは『2000円までしか使えない』など使える金額を提示してみると良いかもしれません。素直に言うことで『今回はおごるよ』となるかもしれませんし『お金がないなら仕方ないね』と断りやすい状態になると思います。
見栄を張って言い訳をすると、友人間の場合色々こじれるので、お金がないと言う事をハッキリ伝えましょう。

会社がらみで誘われた時の断り方

会社絡みの付き合いで、誘われた時は『病気』というのがセオリーのようです。
ただし、重たい病気だと後々問題が多く出てくるので『胃腸の調子が悪い』『風邪』等の比較的軽い内容の仮病を使うと良いと思います。
特に胃腸の調子が悪い、でしたら検査があるから飲み会に参加できない、という風に断ることも出来ますね。

また、お金がない時は率先して幹事をやる人もいます。
幹事の場合幹事割引がある飲み屋さんや、お金を徴収したあとクレジットカードで支払う、と言う方法でポイント分儲ける。と言う方法もありますね。

いっそ今回だけ借りてみる

お金がない、と言う場合はお金を借りてしまうのも悪くありません。
ただし、借りる先には注意が必要です。

友人や知り合いからお金を借りるのはNG

飲み会でお金を借りると言っても、知り合いから借りるのだけはやめておきましょう。
人間関係に傷が入ってトラブルがおきる。いくら貸した、返しいない、等の金額や返済に関してのトラブルもつきものです。
飲み会のお金で人間関係を壊してしまうともったいないので注意しましょう。

それなら何処から借りるのがオススメなの?

借りるのであれば金融機関から借り入れをするのが良いでしょう。
飲み会のお金なんて借りられるのか、と思う人もいますが『フリーローンであるカードローンなら飲み会のお金で使える』のです!

今すぐに借りたい、というのであれば『プロミス』がオススメ!
プロミスでしたらWeb明細とメアドの登録で30日間の無利息期間がもらえて、ポイントサービスで延長することも可能です!
また、Web完結で申しこめば振込融資で借り入れが可能。
銀行に振り込まれるので、飲み会の時にカードを見られることも無く誰にも秘密で借り入れが出来ます。
対応講座を持っていれば24時間何時でもスグに振り込みが反映されるのも人気な理由です。