スキースノーボードでかかるお金はいくらぐらい?

スキースノーボードで掛かる金額

スキーやスノーボードの品を買い揃えるのとレンタルをするのでは大きな差が生まれます。
なるべくいいものを、自分にあったものを、と考えるのであれば間違いなく購入を考えたほうが良いですが、年に1回行けばいいほうという方はレンタルをオススメします。

スキースノーボードをレンタルで掛かるお金

スキーやスノーボードを行う場合、専用の服等が必要になります。
基本的にスキー・スノーボードウェアや、ブーツ、そして板代(ボード代)です。

レンタルの場合、この3点セットで貸し出しをしている所が多く、1回5千円~1万円程度
他にも、小物のグローブやゴーグルも必要となります。こちらは、中規模以下のスキー場になるとレンタルをしていない事もあるので、事前に調べて購入しておく必要もあります。

スキースノーボードを購入して掛かるお金

スキーやスノーボードに年に3~4回以上行こうとする場合は購入の方が良いと言われています。
購入の場合書くそれぞれの費用がかかります。

名前 相場・価格 予算の目安
スキー板 1万5千円~20万 3万円
スノボード(板) 2万~15万 3万5千円
バインディング 1万~4万 2万円
ブーツ 1万~5万 2万5千円
ケツパット 3千円~1万円 5千円
ジャケット 1万~5万 3万
パンツ 1万~4万 2万
グローブ 5千~2万 8千円
ゴーグル 7千~2万 1万円
ニット帽 0~5千円 千円
合計 18万4千円

ケースはスキー板やスノーボードを購入した時に付けてくれるお店が多いですが、無ければ3~5千円程度で購入が出来ます。
上記の表は基本的に多く見積もった金額で予算の目安を立てています。
長い間使うのであれば、最低限これぐらいの価格が必要だと思っておきましょう。

数年も使えば、元を取れるので先行投資で考えておくと気が楽ですね。
また、ボード代は初心者が初めて買う際での平均的な予算ですが、欲しいボードを見つけた場合は多少高くてもそちらを買うといいかもしれません。
ケツパットは、多少いいものを買っておくと長い間使えるのでお勧めです。

防寒着関係は、安いものもありますがある程度の値段を出さないととても寒いので、せっかく買っても新たに買い足すなどでお金が掛かる傾向にあるようです。
出来ればいいものを買っておくことをオススメします。

レンタル・購入のどちらでもかかるお金

レンタルしても、購入してもどちらでもかかるお金があります。

  1. リフト代
  2. 入場料
  3. 食事代
  4. 交通費・駐車場台
  5. 宿泊費

リフト代は、半日券や2日券、その他にもスキー場によって多少異なる販売形態になっています。
1シーズンに何回も行く人はシーズン券(年パスみたいなもの)を買うと良いでしょう。価格はスキー場によって差があるので、行く予定のスキー場の値段を確認してみましょう。
ツアーなどの場合は、リフト券代も含まれている場合があります。
入場料はスキー場によって無い場合や、リフト代に含まれている事があるようです。
食事代については、普通に食べるよりも少し高めの金額設定のお店が多いと考えておきましょう。
寒冷地に行くので、予め作って持っていくのも問題ありませんが、冷たい食事になると体力を削られてしまうので、水筒に温かい物を入れて行くと良いです。
駐車場台や交通費はそれぞれ地域の交通状況によって変わります。駐車場台は、千円程度とそれほど高くありません。
移動費でバスツアー等が安く上がりますが、眠れなかったり騒がしい事が多いので、先に体力を削られてしまう可能性が高いです。窓際の席だと、窓の温度差でも体力を削られてしまいます。

初めてのスキーなどで宿泊を考える場合はツアーなども良いでしょう。
通常の宿泊施設に泊まるのと同じぐらいの価格でスキーの料金も含まれている場合もあります。

移動費などの差が激しいところを抜いた場合の平均予算額の合計は、レンタルの場合約2万円。宿泊の場合は宿泊費込みで4万円程度のようです。
全てを購入済みの人は1万円かからずに1日ゲレンデを滑る事が出来ます。

寒いのが苦手な人は、インナーなどでさらにお金がかさんでしまうので、持っていない人は注意をしておかなければなりません。

スキースノーボードのお金の用意の仕方

予算の用意の仕方は人それぞれあるようです。
特に購入を考えている人は、金額が高くなるのでお金の用意をそれぞれ考えているようです。

お金を貯めて現金を用意

スキー、スノーボードのお金をためて現金で買うと言う人は多いですよね。
特に、レンタルをする場合は、金額もそれほどかかりませんので、現金で行われることが多いです。

お金を借りて現金を用意

購入を考えている人に多いですが、レンタルする人でもスグに行ってみたいというのであればお金を借りて、スキースノーボードに行くというのも良いでしょう。
すぐにお金を借りるのであればプロミスアコムなどの消費者金融がお勧めです。最短1時間での融資が出来るので、休み前にカードを作ってスグに借りられます。
時間に余裕があるのであれば、みずほ銀行カードローンのような低金利のカードローンがオススメ。何度も使えるので、金利が低いほうがいいですよね!
返済も毎月負担にならない金額なので、カードローンで借りるのはオススメです。
逆に、友達などから借りると後々トラブルになるのでやめておきましょう。

とにかく安く上げてかかるお金を減らす

逆転の発想で、お金を用意するのではなく予算に合わせる方法です。
ですが、スキーの場合あまり削り過ぎると事故や体力を削られすぎる事に繋がるので、予算を削る場所には注意をしましょう。
初めて行く、と言う人は予算をケチらない方が良いです。