給料日前のピンチをお金がなくても切り抜ける方法

給料日前のお金がピンチになったときには

給料日前にお金がピンチになってしまうことは誰にでもありえることですよね。
たとえば、急な出費がかさんだときは、所得が多かったり貯金をしていても給料日前のピンチになる事だってあります。

今すぐお金が必要な時

今すぐ、どうしてもお金が必要なときには、お金を借りる手段をとりましょう。
親や友人、金融会社から借入をすることが出来ます。

親や友人から借りるとき

ピンチだと言えば、多くの場合で貸してもらえるかもしれませんが、借りると信用をほぼ100%信用を失います。
借りて返せたとしても『借りる人なんだ』という印象が残ってしまい、最終的な局面で「この人に任せられない」と言う結論に至ってしまう可能性も残るのです。
また、どうしても親や友人から借りるときは、借用書などをあらかじめ準備をして、返済がちゃんとできると言うことを示すのも礼儀です。

人間関係が壊れて、今後の人生の彩を無くしてしまうのであれば、なるべく親や友人などからお金を借りるのはやめておきましょう。

金融機関から借りる場合

銀行や消費者金融などから借入をする方法です。時間が本当にないときは、消費者金融からの借入がオススメ。
プロミスアコムモビットなどのカードローンに申込をしましょう。申込をすると、審査が行われて『最短30分』で回答がもらえます。
30分で答えが出るので、その日のうちに借入が出来ます。

このサイトが見れているということは、ネット環境があると思いますので『Web申込』を使うと大変便利です。
プロミスを例に挙げてみると、ホームページの申込フォームに入力して、契約方法を選ぶことが出来ます。
Web契約の場合、銀行振り込みでお金を借りることが出来るので便利。三井住友銀行の口座を持っていれば、24時間いつでも借入することが出来ます。
また、来店契約であればカードがその場で発行されるので、郵便物などの心配もありません。

他にも、プロミスの場合メールアドレスの登録とWeb明細の利用で30日間の無利息サービスが受けられるので、金利が0円で利用できるので、お得。

ある程度は余裕がある時

ある程度余裕があるけど、ピンチ、ギリギリだ。と言うときは他の方法で乗り切る方法もあります。
まず、基本的に食事などをあるものですませるようにしましょう。外食をしていると、家で自炊をしているのと比べて、平均的に倍以上かかると言われています。

また、ネットショッピングなどを控えるのも大切です。
今月乗り切ったとしても、来月請求が来て同じく給料日前にお金がピンチな状態になってしまっては意味がありません。

また、生活費を切り詰めすぎてストレスにならないように工夫をするのも大切です。切り詰めすぎると、次の月に一気に使ってこちらも同じく給料日前にお金がピンチな状態になりかねないのです。

給料日前にお金を借りてピンチを防ぐのはアリなの?

プロミスなどからお金を借りるのは抵抗がある。と言う風に考えてしまうことが多いですよね。

ですが、給料日前であればキャッシングをするのに適したタイミングだってご存知ですか?

キャッシングなどを行うときに『金利』が発生します。
それは、返済のときに同じ金額だけ返すのではなくて、借りたお礼に少しだけお金を追加して返す。と言ったものなのですが、これは『借りた日数分だけお金が加算される』しくみなのです。

つまり、給料日前。と言うことは給料が入ったらすぐに返せるので『金利がほとんどかからないタイミング』なのです!

給料日前に借りて、給料が入ってすぐに返す。と言うことが出来るのであれば、まったく問題がありません。

しかも、会社や知り合いに知られることは自分から言うなどをしなければ、基本的に無いので『もし誰かに知られてしまったら』と言う心配はいりませんね。