犬のお金を用意しておくのはいくらぐらい必要?

一人暮らしで最低限必要なお金

引越しが終わりさぁ、新しい生活がはじまるぞ、という時に大切なのが今後の生活費。
最初に躓いてしまうと、後々まで響いてきてしまいます。
そうなる前に知っておきたい、これだけは必要といわれる物を押さえていきましょう。

家賃

家賃の相場でよく言われているのが、月収の三分の一というものですが、全員にそれが当てはまるわけではなく、個々の給与によってそれぞれ考えなければいけません。
毎日の生活のためには家賃以外のお金もかかります。その生活費は、月収から家賃を引いたお金で賄っていかねばなりません。
そのため、月収が少ない人ほど家賃はなるべく抑えめにしておくのがいいでしょう。
また忘れがちなのが、管理費や共益費のこと。家賃に含まれている賃貸もありますが、そうではないところもあります。他にも地域によって2年ごとの賃貸の更新料(家賃の約一か月分等)を必要としますのでそちらの注意も必要ですね。

給与の三分の一にこだわるのではなく、無理のないように支払える金額であれば、四分の一でもそれ以下でも良いでしょう。
逆に給与から必要な生活費を抜いた分を元に、家賃を考えるというのも良い手ではないでしょうか。
アクセス等も大切かもしれませんが、一度家賃のことを考え直してみましょう。
もし考え直した上でやっぱり家賃が高いなぁ、となるようであれば早めに引っ越してしまう方が後々お金も浮いてきます。引越しのお金が用意できないでお金を借りて引っ越したとしても浮いた分で返済すれば良いので、最終的には得したことになりますね。
▼借りる方法▼

食費

一般的には一ヶ月2万円前後といわれています。
ただ、この2万円前後というのも毎日自炊しての金額だそうです。
引っ越して初めのうちは楽しんで自炊をするかもしれませんが、だんだん飽きてくるとそうもいきません。
一人暮らしは外食も多くなりますし、コンビニご飯も増えてしまいがちです。それにより、食費が3万4万と増えていってしまうなんてことも。
スーパーで買い物をして毎日家で自炊していく事が食費を抑える大事なポイントだといえるでしょう。
また友人から誘われていく飲み会等も程ほどにしなければいけませんね。

光熱費

光熱費といえば水道代、電気代、ガス代を含めまとめて光熱費といいます。レオパレス等の特別な賃貸契約を除きその支払いは必須なものです。

電気代の平均は3000円~4000円ただし、エアコンなどの冷暖房器具をよく利用する磁気はもう少し金額が高くなるようで、7000円~1万円程度になることもあるようです。

つぎにガス代ですが、こちらはプロパンガスか都市ガスかによって前後するようですが、3000円~5000円程度とされています。

水道代の平均が3000円~4000円となっており、一人暮らしであれば基本料金くらいで済みます。自治体によっては多少、差がでて来るようです。
ただ、お風呂が好きな人は水道代が高くなりがちなので、注意が必要です。
お風呂以外の水の利用はトイレとキッチンくらいです。お風呂の利用量に比べたらたいした事はありませんので、そこまで節約を気にしなくてもいいでしょう。

その他の費用

雑費といわれるその他諸々のこと。
通信費や交際費、日用品や服代また税金等の公共料金等含まれます。

  • 通信費は現代人からなかなか切っても切れない存在のスマートフォン等の携帯代やインターネット代のこと。10000円~20000円と言われています。
  • 服代は女性、男性によってかなり異なるといわれていますが、平均20000円~30000円とされています。
  • 税金に関しては給料の約20%程度といわれています。
  • 日用品は消耗品などのことを指します。ティッシュや洗剤などなど平均3000円。ですが、女性の場合はこれに化粧代も足しますのでもう少し費用がかかりそうですね。

一人暮らしのお金の全体的な平均は?

毎月の生活費用ですが、家賃や税金などを含まずに考えても70000円~80000円といわれています。
こういった出費の上に年末年始に実家に帰省しなければいけない、結婚式に出席しなければいけないなんてときに突然のお金が用意できるように、事前に貯金などをして準備しておきたいものですね。

生活が苦しくなったときに取れる対策とは?

今月の生活はぎりぎりで、実家に帰るお金も用意できない。
お金が無いから、大切な友人の結婚式にも参加できない。
または思ってたよりもイベントが多い月だったため、食べるのに一苦労なんてなる前にとれる対策はあるのでしょうか?

親に借りる

いざ、一人暮らしをしようと思ってもうまく計算できないときもあります。そんな時は思い切って親を頼ってみましょう。
友人などから借りるよりは気心の知れた家族から借りるのが良いかもしれませんね。
ただ親子だからこそ、お金のことで迷惑をかけたくないと考える方もいるでしょう。
また、親に一度借りてしまうと返済がなぁなぁになってしまったり、癖になって何度も甘えてしまうかもしれませんので注意が必要です。

キャッシングで借りる

友人にはもちろん、家族にも迷惑をかけたくないなんて時。
また次の給料日には必ず返せるんだけど、少し借りたいなんてときには特に便利なものです。

プロミスアコムなどといった消費者金融では初回30日間無利息期間が付くというサービスを行っています。
審査時間は最短30分とその日のうちに借り入れをすることが出来ますので、食べるのに今困っているという方にも嬉しいですね。
また、新生銀行カードローンレイクでしたら、5万円以内の借り入れであれば180日間も無利息期間がつきます。生活になれて、お金に多少の余裕が出るころには完済できますので、利息なしで借り入れが可能ですね。

一人暮らしは誰かに甘えてしまうと、甘え癖が付いてしまう人も多いですので、そうならないように気をつけたいですね。
自立のためにも自身で借り入れをして計画的に返済していくのは自身を大人にする一歩かと思います。

5社のカードローンを比較!ピッタリのサービスを探そう!→

実家に帰る

もういっそ一人暮らしは諦めて実家に帰るというのはどうでしょうか?
夢にまで見た一人暮らしかもしれませんが、ぎりぎりの生活を続けて体を壊してしまうよりはマシでしょう。少しばかりを家に入れておけば親もそこまで文句を言うことはないでしょう。
ただ、実家に戻るまでの交通費や引越し代がかかりますので、事前にお金を用意しておかねばなりません。早く実家に帰ってしまいたい、など急ぐようであれば、即日で借りれるプロミスなどでキャッシングを考えてみてもいいでしょう。

一人暮らしでは節約生活を徹底しよう

特にイベントがあったわけでもないのに、万年的に生活費が足りないという方は一度生活費を見直してみるべきでしょう。

生活費で特に節約しやすいのは食費といわれています。外食を控えなるべく家で作るなどして食費を抑えていきましょう。買った食材を無駄にしてはいけませんので、無理の無い程度に出来るとよいですね。
電気や水道代も細かい積み重ねで節約する事が出来ます。つけっぱなしにしない、だしっぱなしにしないという気持ちをいつも心のどこかに置いておくと良いでしょう。

欲しいものと必要なものは違います。お金が無いときこそ、その見極めが大事と言えますね。
どうしても必要、でもお金が無いなんてときはキャッシングを考えてみても良いと思います。
必要なものをいつまでも放置するよりも借りて買ってしまえば、困らないですし、キャッシングも借りた分を早々に返済してしまえば何も躊躇することは無いのです。
ただし、キャッシングを利用する際は、後で返済があるということも忘れず、計画的に借り入れしなければいけませんね。