犬のお金を用意しておくのはいくらぐらい必要?

犬を飼うために最初に必要なお金とは?

犬を飼うためには犬単体のお金だけではいけません。
その他にも初期費用が色々とかかります。その初期費用がこちら

  • 畜犬登録代 \3000(地域によって異なります)
  • 狂犬病予防注射 \3500(年一回)
  • 健康診断 \3500~¥35000(年一回)
  • 混合ワクチン接種代 \6500~\8400(初期は二回、その後一年に一回)

健康診断の上限と下限にかなり差が有るのは、初診の際に血液検査や尿検査等のオプションをつけるとかなり値段が上がるためです。必ず行われる検査ではないですが、オプションを依頼すればその分検査費用が上乗せされるでしょう。

こちら以外にも用具が必要となってきます。
餌やゲージ、トイレシート等諸々含めておおよそ3万円と言われています。
小型犬・大型犬で用具費にも差が出るようで、大型犬の方がそこそこ高いようです。例えば餌であれば物は同じだとしてもそもそも食べる量が異なってきます。小型犬であれば2600円ほどですが、大型犬だと6000円程となっています。
餌だけでもこれぐらいは差がでてくるのです。

最低金額で見積もっても、初期費用が大体46500円かかるわけです。もちろんこの値段は犬の購入代を除いての値段となります。
最近では犬のための保険であったりマイクロチップの埋め込み料などが掛かります。
犬が大切で保険に入れてあげたいと考える様であれば、その料金も含んだ初期費用を考えるべきでしょう。

飼おうと決めたのであれば、犬の値段だけではなく、初期費用のことも頭に入れて用意しておきましょう。
また、犬の購入費はもう用意していたけれど初期費用の分のお金が足りないとなった時は、我慢するのではなくいっそ初期費用の分だけでもお金を借りて飼うというのもいいでしょう。
初期費用だけであれば、犬だけの購入費と比べて小額ですのでキャッシングで賄うのも良い手だと思われます。5万円以下であれば新生銀行カードローンレイクの180日間無利息期間が利用できますので、小額であれば無利息の間に返済も可能です。

犬のために毎年かけるお金はどのくらい?

犬も人間と一緒で生活していく上で、必要なものが沢山出てきます。
初期費用でもあった用具費が日々掛かってくるわけですね。
例えば、餌やトイレシートは毎日利用するものなので、定期的に購入しなければいけません。
その他にも服やおもちゃやおやつといったものからシャンプーなどの消耗品。人と同じような生活用品が必要となってきます。
個体差によりますが、オスなどは特にゲージを壊してしまう事もありますので修理または修繕するためにイレギュラーなお金も必要になってくるでしょう。

また、一年に一回は予防接種や健康診断に行きますので、その分の費用も掛かってきます。
食費と消耗品と医療費すべてあわせると年間費用は小型犬でおよそ12万円、大型犬でおよそ20万弱となるようです。
大型犬は、大きい分餌代や医療費が掛かるため出費が多くなる傾向にあります。

その他にも、月々のトリミング代やしつけをするための訓練代などを用意する家庭もありますね。
トリミングの相場が小型の場合4000円~5000円・大型の場合は約1万円円
訓練代は1回あたり4000円~6000円程度ですが、一回では意味が無いので、1ヶ月~3ヶ月くらいの訓練コースというのもあるようです。
犬を飼うとわが子も同然のように扱いますので、必要経費ともいえるのではないでしょうか。

自身の生活費と犬のための生活費を合わせると、どうしてもトリミング代を用意して上げられない時も出てくるでしょう。
しかし、犬のためにお金を用意して上げられるのは飼い主だけなのです。犬自身ではどうしようもありませんので、しっかりと準備をしてあげましょう。
貯金が足りなくなったなどなる前にカードローンなどを用意しておくと良いかもしれませんね。
事前にカードローンを用意するのであれば、比較的金利の低いみずほ銀行カードローンを用意しておくのがお勧めです。
カードローンを持っておけば、いつでも困ったときに利用しできますし、金利が低いと返済もしっかりできるので安心できますね。

犬にもある突然必要になるお金!?

犬にも突然必要になるお金はあります。
例えば、交通事故にあったり病気になったり、などなど。
犬も人も同じで、何時どのタイミングでも病気や怪我の恐れはあるのです。
料金は病気や怪我の内容によってまちまちですが、事前に出来る準備としては、ペット保険に加入しておき、飼い主の経済的負担を軽くすることぐらいでしょう。

お金が無くて飼い犬を助けられなかった、なんて悲しい事態を起こさないよう経済的余裕を持ちたいものです。
ただ、どれだけ準備していてもお金が足りないときもあるでしょう。
そんな時は即日で借入れできる消費者金融からのキャッシングを考えましょう。
プロミスなどですと最短で一時間で借入れできます。
スマートフォンでの申込みも可能ですので、病院で診てもらっている間に申込みをしておけば、いざ必要となったときにすぐに借りることが出来ますね。
犬のために一刻も争う自体の際には大変助かりますね。万が一のことはあまり考えたくないものですが、飼い主ご自身が悲しまないためにも頭の片隅にでも置いておいてください。

犬がなくなってしまったときは……

万が一、犬がなくなってしまった時にも必要なお金もあります。
ペットが死んだ場合、死骸は「一般廃棄物」として処理される事になります。ですが、一緒にいた家族を普通ごみと一緒にするなんて忍びないと感じるでしょう。

自治体によっては自宅の庭などの個人の所有地であれば埋葬を許可している自治体もあります。ですが、犬の大きさによっては十分な深さや大きさを用意しなければいけませんので、一苦労といえるでしょう。

そんな時には民間のペット葬儀業者を利用すると良いでしょう。火葬の費用は犬の大きさや火葬方法によって変わります。火葬方法は会社によって異なりますが、合同や個別また立会火葬というものがあるようです。
価格の相場は小型合同で14000円~、大型合同で50000円~ぐらい。個別や立会いになると更に値段が上がります。他にも僧侶に来ていただいてお経を上げてもらったり、お骨入れを別でもらったり等といったオプションをつけるなどで値段が上がるようです。
家族の一員がなくなってしまった悲しみは深く辛いものです。
そんな時にお金の心配をして、悲しみの場を騒がしいものにしないよう気をつけたいですね。
貯金をしておく、しておいても足りない場合はキャッシングやカードローンといった借りるという選択を早めに決めてしまいましょう。

どれだけ準備していても足りない犬のためのお金

犬を飼うためにかかる一生のお金は300万程度といわれています。
もちろんこれは病気等せず健康に育てていっての結果のお金。突然病気になったりすればもっと費用は掛かるでしょう。
犬を飼うにあたってしっかりと責任をもち、計画的に貯金をするなどしていざという時のためにしっかり備えておく必要がありますね。
お金は犬の命に代えることはできません。備えておけば安心することもあります。先ほど上げたキャッシングやカードローンも万が一のための事前準備ですので、用意しておくに越したことはないでしょう。

犬が頼れるのは飼い主だけです。飼う前に必ずそれを頭にいれて、購入を決めましょう。