税金が上がるとキャッシングがお得になる?買い物するなら今

税金が上がると自分の給与があがる?

29年には「8%」から「10%」の再増税が予定されていますね。ですが、自身の給与が上がるのだろうかと不安がありますよね?
以前税金が「5%」から「8%」に上がった際に騒がれたのが、給料が元のままの人が多かったということ。
給与があがり、法人税が下がったからといって、全ての会社が個々の給料を上げてくれるわけではなかったのです。
そのためかなりの買い控えが起きてしまい、景気があがらずじまいとなったようです。

借り入れしていたお金に税金は関係してくるの?

給与が上がらなかった方も上がっても足りなかった方もそれぞれいるでしょう。
中には生活費が足りず、キャッシングやカードローンを利用した方もいるでしょう。
そんな中、消費税増税に伴い金利も上がるのではないだろうか?返済額が増えて生活を圧迫されてしまうのではないだろうかと考えたことでしょう。

しかし、心配はありません。キャッシングの利息は非課税のため税金の影響はありません。
そのため利息制限法で定められている金利が上がることもありませんし、借入れた際に適用された金利が上がることもありません。また税金を追加で支払う必要もありません。
例えば借り入れの申込みをした際に利用限度額が審査によって決められます。その利用限度額に応じた貸付金利が決められ貸付金利に応じた利息を月々の元金の返済とともに支払っていくことになるのです。
ゆえに、金利が15%とされたのであれば15%のままなのです。
そのため、最初に支払い計画を立て、総支払額を確認した以上増えることはありません。

ただ支払いが遅れた場合等は、遅延損害金といって利息とは別にお金を支払わなければいけません。返済期日から遅れた罰金のようなもので、日割り計算で付いてくるため遅れた日数分支払わなければいけませんので注意しましょう。ちなみにこの遅延損害金も非課税となりますので、会社ごとに設定されている遅延損害金の金利が増税に伴って増えることもありません。だからといって遅延を起こすのはやめましょう。返済額が上がるだけではなく、個人信用情報に傷をつけてしまい、今後の借り入れが難しくなります。

また、銀行カードローンなどでは保証人が不要な代わりに、保証会社の保証を受ける事が必須になるのですが、保証会社に保証をしてもらう場合手数料が必要になります。ですが、この手数料自体にも別途支払う必要は無く、貸付金利の中に含まれていますのでこちらも消費税は関係ないのです。

増税前が狙い目!?賢く借りいれしよう

消費税が上がる前にセール等がよく行われいるのをご存知でしょうか?
29年度には8%から10%に上がるとされている消費税。たった「2%」と思う方もいるかもしれませんが、大きな買い物ですとその「2%」が大きく響いてくるのです。
そのため大きな買い物をするのであれば、今の消費税が8%の間に買い物をするのが良い決断といえるでしょう
大きな買い物をする場合現金で支払うのが難しいこともあるかもしれません。それによって諦めてしまう方もいることでしょう。ですが、それはもったいない!
また他にも、酒税が上がったり、タバコが値上げしたりと嗜好品の値上げも懸念されますので、今のうちにまとめ買いを検討するのも良いでしょう。
現在の手持ちが無いからといって諦めても、結局後々購入するのであれば結局少し高い価格で購入することになってしまいますよね。
なのであれば、キャッシングをして今の間に買ってしまうほうがお得なのではないでしょうか。

高いものほど消費税の影響は出てきます。特に家電や車といったものはそうですね。生活に必要不可欠といえるものは、キャッシングやカードローンを利用するといいでしょう。
キャッシングやカードローンの金利は先ほど上げたように税金の影響を受けませんので、金利が受けることはありません。

初めてキャッシングやカードローンを利用する人にとっては少し怖いと感じる人も出てくるかもしれません。ですが、自身の収入を考えて、返済計画をしっかりと立て利用すれば怖いことは無いのです。

プロミス等の消費者金融中には30日間の無利息期間を設けているところもあります。買いたい物があり貯金が少し足りないなんて場合は不足分を借りて、無利息期間の間に返済できれば、金利も付かずお得に借り入れが可能となりますね。

また高い金額を借りようと考えるのであれば、オリックス銀行カードローン等の銀行系カードローンがお勧めですね。消費者金融よりは融資までの時間はかかってしまいますが、オリックス銀行カードローンであれば、借り入れ限度額のコースによって金利が設定されています。高額の借入れであれば比較的金利も低く、借入限度額も高いので、長期的な借り入れを考えるのであればそちらがお勧めです。

社名 融資速度 金利 無利息期間 備考
プロミス 最短一時間程度 4.5%~17.8% 初回30日間無利息期間あり ポイントを貯めることにより、無利息期間を再度利用可能
アコム 最短一時間程度 4.7%~18.0% 初回30日間の無利息期間あり 初めての方でも来店用不要で即日振り込み可能
モビット 最短一時間程度 3.0%~18.0% なし WEB完結での契約が可能
新生銀行カードローン レイク 最短即実 4.5%~18.0% 初回30日間の無利息か180日間の無利息機関化の選択可能(180日間の場合は借入金額5万以下という条件付) 初回の無利息期間が30日間か180日間か自身の利用しやすいほうを選択できる
みずほ銀行カードローン 最短即日 4.0%~14.0% なし 最高限度額が1000万円と高く、金利も比較的低い
オリックス銀行カードローン 最短5日程度 3.0%~17.8% なし 金利が限度額ごとにコース設定されており、高額を借りるほど金利が低くなっていく

税金が上がれば借り入れする人も増える?

景気が悪いと、給料も低いためお金が無くキャッシングを利用するというのはお分かりいただけるでしょうか。

税金があがれば景気も上がるなどと噂されるのですが、税金が上がっても給与が上がらない、またはあがったとしても雀の涙程しか上がらないなんて人がほとんどかと思います。
消費税が上がるにつれて物価も上がりますよね。本来であれば物価や消費税が上がり生活費の消費が上がるわけですが、給与だけではすごしていけない。そんな時にキャッシングやカードローンの利用が上がるようです。

生活費の借り入れは小額で長期的という人が多いので、そういった場合は比較的金利の低いみずほ銀行などがお勧めですね。
みずほ銀行カードローンであれば1000円からの借り入れが可能ですし、上限金利が14.0%と低い設定となっています。
いざ必要なときに銀行カードローンのカードを持っていれば、困ることは無いですね。
またみずほ銀行カードローンは、専業主婦の方でも借り入れ可能となっているので、家計のやりくりに困ったときなどのいざというタイミングでの利用も可能でしょう。

税金が上がる前に色々と用意はしておきたいものですね。