帰省でお金がない時に知っておきたい4つのこと

帰省のお金がないと伝える

お金がないならちゃんと事情を伝えるのが一つ目です。
帰省をするときに、お金がない理由次第ですが家族に少し助けてもらったら帰れるんだけど。と言うときなんかは、ひとまずお金がないことを伝えましょう。

お金がないことを伝えるときは、ちゃんと収入がいくらで、どれぐらい使ってるからお金が足りない。と言うことを言っておくと相手も「それなら……」と納得してくれるのではないでしょうか。

古風な人であれば「毎年帰ってこないか」と怒ってくる人もいるので、そんなときは帰省費用をちゃんと請求しましょう。

帰省時の移動を安価で済ませる

交通費がとにかく高い。と言うのが理由で買えれない場合は、他の経路で変える方法を探してみてはいかがでしょうか。
新幹線を普通に予約すると、東京から九州の奥のほうまで行くと1人往復5万以上かかるのもざらですが、飛行機などだと往復で2万ちょっとで済むことがあります。
他にもフェリーを使ってみたり、夜行バスを使ってみることで安価で済ませていくことが出来るので、金額を低く設定することが出来るので、他の方法も検討してみてはいかがでしょうか。
レンタカーなども日数が決まっていれば安く済む場合があります。

また、帰る期日が決まっている場合、さまざまな移動サービスで早割りなどがあります。逆に、当日のキャンセル待ちの切符などもあって、意外と様々な方法で安く済ませることが出来ますが、家族連れで帰る場合は席が確保できない場合もあるので要注意。

お金を借りて帰省する方法

帰省をするときに上の二つを行ったけれど、それでもお金がないと言うときは、お金を借りる方法もあります。
特に、実家にもお金がない。なんてときは、最初の方法はそもそも使えないと考えられます。
家族4人で移動すると10万円を超えた移動費になる場合も少なくありません。その金額を請求するのは酷だ、と言う風に思う事もありえます。

そういう時は、実家からではなく『金融機関』からお金を借りてみてはいかがでしょうか?

具体的には銀行や、消費者金融から借入をする方法があります。カードローンを使ってキャッシングをする形ですね。

カードローンを使ってキャッシングをする場合、今後利用するかによって申し込みをする会社を決める事が出来ます。
まず、今後長期にわたっての利用を考えていない場合は、プロミスアコム新生銀行カードローン レイクなどの『無利息期間』があるものを選びましょう。
この3社は初回に限り、30日間無利息の期間があるのでお得に利用できます。
新生銀行カードローン レイクの場合は、5万円以下ならば180日間の無利息期間を選ぶことが出来るので、旅費の足しとして使うにはかなり便利。
5万円以上であればプロミスを利用するのがオススメ。プロミスであれば、ポイントサイトサービスで無利息期間を延長することが出来るので、場合によっては金利0円で返済する事が出来ます。

また、今後の利用を考えている人の場合は、低金利のカードローンがオススメ。
みずほ銀行カードローンであれば、上限金利が14%なので初めての利用でも安心。銀行口座を作らないといけないのが数少ないデメリットです。
オリックス銀行カードローンであれば、借入限度額が大きくなるほど金利が安くなります。最低金利が3%なので、高額で申し込みを考えている場合はこちらも良いでしょう。

5社のカードローンを比較!ピッタリのサービスを探そう!

帰省する時のお金の計算

帰省の際に忘れてしまいがちなお金の計算を先にしておくことも大切です。
まず、基本的な移動費がかかるのはそうですが『おみやげ代』も馬鹿になりません。
駅などで買っても、安いもので500円~1千円。高いものだと5千円~1万円もします。おみやげを買っていく世帯数に合わせて先に計算をしておきましょう。
同様に実家から家に帰る際も職場や学校、友人の為に買って帰るおみやげ代も忘れてはなりません。

他にも、実家に帰ると同郷の友人と会って何かとお金がかかるもの。
その時に使う飲み会代等も計算しておかなければなりません。

また、地域によってはお金を包んで持って帰ると言う風習もあります。
嫁ぎ先等で相手方の実家の風習がわからない人は注意をしましょう。