整形費用をどうやって作る事が出来るのか

整形費用はどうやって作る?

一昔前ではセレブの人たちしか出来なかったものですが、近年では身近になってきた整形。
整形をするときにお金をどうやって作れば良いのでしょうか?
お金がないので、整形に踏み切れないと言う人も少なくありませんよね。
整形費用はみんなどうやって貯めているのでしょうか?

貯金

一番堅実的な方法が貯金です。
ですが貯金をする場合、貯めている間は整形する前の状態のままなので、多くの人が挫折をしてしまうと言われています。
特に大掛かりな施術を行おうと可が得ている場合は、どうやってもお金が足りない。と言う自体が起きるので貯金はプチ整形等を考えている人が向いていると考えられます。

医療ローン

医療ローンは目的ローンなので、金利が比較的安めに設定されています。
ですが、場所によっては審査が厳しかったり保証人が必要だったり、在籍確認が必須だったりします。
美容整形を行っている病院の多くが取り扱っているローンですが、内容をちゃんと読んでおかないと、周りに知られて後悔してしまう可能性もあります。

カードローン

意外なことに、整形の時はカードローンを多くの人が利用していると言われています。
カードローンを利用するメリットとしては『保証人不要のローンで周囲に知られない』と言うところが一番に上げられますね。

プチ整形の費用が欲しい!

プチ整形をする場合『スグにでも整形費用が欲しい!』と言う人が多くいます。
その場合はプロミスアコムなどの消費者金融がオススメ!
特にプロミスなら『無利息期間』や『ポイントサービス』があるので、お得に利用できますね!
また、プロミスは手数料を抑えるのにも向いているので、無駄なお金を掛けずに済みます。

高い整形費用が足りない!

整形費用で高額の借り入れをしなければならない。どうやってお金を工面すればいいの?
と言う場合は銀行カードローンからの借り入れがオススメ。
オリックス銀行カードローンであれば、借り入れの上限金額が高くなるほど金利が抑えられます。
ですが、上限金額が高くなるほど審査が厳しくなるので要注意。必要な金額以上は申し込み時に記入しないのが懸命です。
また、それほど高額でないけれど金利が抑えたい場合はみずほ銀行カードローンがオススメ。上限金利が14%なので、他のカードローンより初期条件が良い状態で借り入れが出来ます。

5社のカードローンを比較!ピッタリのサービスを探そう!

絶対にアリバイ会社を使ってはいけない

カードローンの審査を受けるときに『アリバイ会社』や『在籍確認代行』を語った業者がいくつか有ります。
それを利用することは詐欺罪に当たる可能性があります。
審査を受ける時にアリバイ会社や在籍確認代行などを利用しないようしましょう。

整形にかかる金額

整形にかかる費用は様々で、施術の種類によってかなりの差があります。
基本的に健康保険の適応外なので、全額実費負担となってしまいます。

低額の整形であれば1万~となっていますが、大掛かりな施術となると100万円を下回らない事が多いです。
特に整形をする箇所が多い場合はその分金額が高くなっていきます。

施術内容 費用(¥)
ヒアルロン酸 3~10万
ボトックス 3~10万
二重まぶた 1万~40万
フェイスライン 1万~50万
バストアップ 20~100万
二の腕 10~20万
脂肪吸引 10万~100万(複数回有り)
ヒップアップ 5千円~80万
その他 500円~

プチ整形ならどれぐらい?

プチ整形の場合金額がある程度まちまちです。
簡単な小顔術であれば5千円程度で行えるものから、プチ整形の範囲であれば10万円程度の物が多くあります。
特に人気なのでは二重にする施術やしわ取り。
平均的に二重にする施術は3万~5万。しわ取りは1万~5万と言われています。

ですが、スグにお金が用意出来ない場合はプロミス等から借り入れをする事でプチ整形の金額程度であれば借り入れが出来るのではないでしょうか。

整形にかかる時間など

整形にはその日のうちに出来るプチ整形から、数ヶ月入院するものまで様々です。
プチ整形の場合『ダウンタイム』と呼ばれる施術から回復までの期間が短い事がメリットと言われています。
逆に全身麻酔をするものであれば最低でも3日。骨を削る物や、砕骨をして作り直す物などは数ヶ月入院をするのが一般的です。

もちろん、かかるのは入院費だけでなくその間働けないにもかかわらず生計費がかかるのが当然なので、注意をしましょう。
また、どうやっても仕事をする。と言っても、医師から止められる場合がほとんどですので、予め知っておく必要があります。

未成年が整形するのは?

未成年が整形をするのにはかなりのリスクがあります。
特に成長期の時期に整形をする場合、成長とともに整形箇所が目立つ可能性が否めません。

また、医療行為とは言え『親の承諾』が必要になるので、未成年の方の整形のハードルは低くないと考えられます。
特に収入がないor低い学生の場合は、整形をする費用を借り入れしても返済が出来ないと考えられるので、ローン審査も落ちる可能性が高いです。
収入や体の成長を考えておくと、整形を考えるのであれば、大学に入る前よりも社会人になる前の方が良いのでは無いでしょうか。

整形することのメリット・デメリット

整形をすることによるメリットは、もちろん顔や体が変わって『気持ち』が上昇思考になる事です。
普段暗かった人が、整形をすることによって明るい性格になる。と言うのは珍しい話ではありません。
自分の理想に近づくことによって、地震を持つことができるようになると言われています。
どうやって整形していこう、と考えている間にも少しずつ気分が上がっていきますよね。

ですが、もちろん整形にもデメリットがありあす。
整形を行うときに医療ミスなどのリスクはもちろん、医師とのコミュニケーション不足で『思った通りになっていない』と言うことが多くあります。
ちゃんと医師と綿密に相談をして、自分の理想を体現しましょう。

未来投資でお金を借りるのはアリ?

今までコンプレックスだった、この顔で貯金をするために仕事を続けるのが辛い。と言う人は特に『未来投資』としてお金を借りるのはアリだと思います。
どうやってお金を貯めればいいんだ、と悩むと負の連鎖が始まりかねません。
コンプレックスを抱えたまま生きていくのは、辛いですよね。
「親からもらった体なのに」とか「外見よりも中身が重要」と言う人は、自分の容姿で悪く言われたことが少ない人に多いですし、説得力もありません。

整形自体を推奨する事は出来ませんが、自分が変わるきっかけの一つとしては悪く無いと思います。
前向きに生きていくために、未来投資として整形費用を借りるのは悪いことばかりではありません。
特に、仕事に関してはやる気が出てくるなどで、業績が上がるかもしれませんし、明るく前向きになる事でステップアップに繋がる可能性もあります。

整形だから……。お金を借りるのは……。と思う人も、将来像を考えてみると踏み切るきっかけになるかもしれませんね。