財布を落としてお金がなくなった時の対処法

財布を落とした時にまずやること

財布を落としてしまった時は自分の携帯電話、またはカバンごと無くしてしまった場合等は、周囲に家族、知人や友人がいれば電話を借りてカードなどを停止させましょう。一人の場合はスグに警察に行く必要があります。

電話をしておく場所

財布を落としてしまった時に注意しなければならないのは、特に『お金』関係。
現金に関しては、紛失して警察に届けられた時にはなくなっている事が多いようです。
ですが、銀行のキャッシュカードや、クレジットカード等はスグに対処が出来ます。慌
てず落ち着いて電話を掛けましょう。

そして、次に停止させるものはポイントカードです。
今の大手企業のポイントカードは電子式で、個人情報も多く入っている場合が多いので、スグに停止させておくのが良いでしょう。
ゲオやツタヤ等のレンタルショップのポイントカード等は特に注意が必要です。
勝手にDVDなどを借りられて、賠償金を払うことになるかもしれません。
覚えている限りの場所に電話をしておきましょう。

警察で届け出をするときの書類

警察に行った時に何を書けば良いのか不安になりますよね。
基本的に警察官の指示に従った記入で問題ありません。

書く書類は『遺失届出書』と言われる書類です。
これには、氏名や住所等の個人情報。遺失時間(財布を落とした時間)や遺失場所、物件と言われる内容を記載します。
物件には、現金の金額や、落とした物の種類(この場合財布と書き、在中品としてキャッシュカードや免許証等を書きます)、その特徴等を記入します。

遠出をしていて家に帰れない時

仕事先が遠い、等の理由で家に帰れない場合も考えられます。
その場合、なるべくは家族や知人友人などに助けてもらうのが良いと思われます。
財布をなくしていると言う事情を考慮したら嫌がる人は少ないと考えられますね。

出張などで頼る人がいない時は

遠出をしていて、家に帰れないと言う事も少なくありません。
特に出張等の場合は、知人や友人も近くにいなく、誰も頼れない土地で財布を落としてしまったら何も出来ません。
携帯で電子マネー払いが出来ればいいのですが、そう出来ない場所や機種も多いです。

その場合『公衆接遇弁償費』で警察から交通費を貸してもらえる可能性があります。
お金がなく、野宿をしなければならない。という風になると犯罪に巻き込まれたり、犯罪をおかしてしまう可能性が出てきます。それを防ぐために訓令として公衆接遇弁償費があるのではないかと考えられます。
公衆接遇弁償費の内約を見てみると、1000円までは基本的に貸し付けをしてくれるようです。
1000円を超えた金額の場合借受願書(公衆接遇弁償費借受願書兼借受書の略)を書かなければなりません。その後、返済書を交付されるので、家に帰り着いた後払えるお金が出来たらすぐに返済をしましょう。

お金を借りる方法で対処する

財布を無くしてしまうと、生活費やその他必要な現金が足りなくなることがあります。
特に、生活費を全て財布に入れてしまっていて、通帳にお金が残っていない。と言う人によくありがちです。
いくら通帳を止めたから、カードを止めたからと言って財布や現金がその場で戻ってくるわけではありません。
しかも、警察に届けられる財布の遺失物の多くは現金が抜かれた状態で届けられます。その為、お金に困ってしまった場合何かしらで対処する必要があるのです。

知人友人から借りる

一見簡単そうに考えられますが、これは人間関係を悪化させる原因となり、オススメ出来ません。
借りる場合は、借用書等をちゃんと書いて返す意思が有ることを伝えましょう。

金融機関から借りる

知人友人から借り入れをすると何かとトラブルがつきものですが、金融機関からの借り入れは後腐れがないのでオススメ。
給料が入るまでの数日間を凌ぐため、借り入れをしなければならない人にオススメなのは『無利息期間』があるカードローン。
また、お金がないのは今だという人には、審査時間が早い物をオススメします。
無利息期間があるカードローンなら、利息などの無駄なお金を掛けずにお金を借りられるので、財布をなくして出費が痛い時にとても便利なサービスです。

財布を無くして身分証明書が無い場合でも、市役所でマイナンバーカードを発行してもらうと良いでしょう。
マイナンバーカード等の身分証明書があれば、以下の金融機関で借り入れが可能です。

財布を落とした時に使える金融機関

サービス名 無利息期間 審査時間
プロミス 30日間+ポイントサービスで延長可能 最短30分
レイク 30日間
or
5万円以下180日間
審査結果申し込み後にすぐ表示
アコム 最大30日間 最短30分

※レイクに申し込み後に表示される結果は仮審査です。

身に覚えがない請求が来た場合は

クレジットカードなどの請求が来た場合や、カードの利用履歴に不審な点が合った場合、スグにカード会社に連絡をする必要があります。
クレジットカードを紛失したことを届け出たうえで、利用されている事が判明したのであれば、その金額を利用者が支払う必要はありません。
この場合、カード会社が保証をして、裁判所や警察などに届けるのはカード会社となるためです。

ですが、カードローンなど暗証番号を知らなければ使うことが出来ないカードに関しては要注意。
暗証番号を知られてしまった過失があるとして、保証が受けられない場合もあります。
ですが、何事も一度確認を取らなければ保証が受けられるのかどうかが判断できないので、なるべく早い段階で確認をしておきましょう。