振袖のお金がないし成人式は無理?その前にやっておきたい事

振袖のお金がないし成人式は無理?その前にやっておきたい事

振袖のお金がないので成人式に行くのは無理。という風に思う前にやっておきたいことがいくつかあります。
一生に1度の成人式で、振袖のお金がないせいで無駄にしてしまうのはもったいありません。本人だけじゃなくて親が出来る事は …

振袖代の相場。安い所はお金がなくてもレンタル出来る?

成人式の時に買う・借りる振袖代の相場はだいたいいくらぐらいなものなのでしょうか?
お金がないと言うものの、値段が分からなければ用意のしようもありません。
相場から自分がいくらぐらいの振袖を借りればいいのかを考えてみましょう。

成人式の振袖を購入した場合

振袖を購入する際に、新しい物を買おうとすると相場は大体15万~20万程度だと言われています。
ですが、和服は記事の素材や流行り廃り、その他細かい所で一気に値段が変わったりします。
基本的に、フルセットでの購入となると表示価格より少し高めになることがあります。値札の近くに書いてある説明書きや、店員さんに話を聞いて購入を検討しましょう。
かわいいと思った着物が100万円を超えていた、なんてこともザラにある話なので、値段はなるべく安めのものから選びたいものですね。

安いものであれば5万程度で揃えることが出来ると言われています……ですが、選び方にコツが必要であったり、流行りの柄でなかったりするので注意が必要。どんなに安く上げるにしても、着物代として10万は用意しておくのが良いのではないでしょうか。

また、これを気に着付け教室に行こうと思っている人は『着物の押し売り』に注意。
着物の初心者に対して、値段の高い着物を勧めてくる業者も少なくないので、自分に合った価格帯のものを選ぶ事を心がけておきましょう。

購入の場合は振袖代意外も結構かかる

購入した場合に注意したいのは、それ意外のお金が結構掛かるということ。
振袖代意外にも、着付け代や、ヘアメイク代、小物代や写真代などがかかります。
こちらの平均は3~5万程度と言われています。
また、帯にお金がかかってしまうと10万円を軽く超える事があります。その辺りまできっちり金額を調べて購入をしなければなりません。

ですが、着物購入の利点として、何度も使える事があります。
姉妹がいたり、卒業式で着たり、結婚式で着たり。
一度買ってしまえば、次回以降ヘアメイク代等にお金を充てられるので、3~4回以上着るのであれば購入をオススメします。
お金がない場合でも、姉妹がいるのであれば親御さんが少し頑張って買っておくのも必要かもしれません。

成人式の振袖をレンタルした場合

振袖をレンタルした場合は、インターネットで予約した場合相場は大体3万~5万と言われています。インターネットのレンタルショップも地域によっては利用出来るようです。
ですが、ネットレンタルの場合写真代などが別途かかるので、余計に料金がかさむこともあるので注意が必要。
全て込になったレンタルは、着物屋等で予約するのが良いと思われます。

その場合、5万~10万円が相場だと言われています。
写真などの前撮り付きであったり、いろいろな業者で様々なサービスがあるので、パンフレットを一通り見てみるのも良さそうですね。

成人式の日にだけ、着ていくというのであれば、最初に上げたインターネットでレンタル出来る物が良いでしょう。
レンタルの場合、様々なものの金額を抑えると5万程度で借りられると考えられます。

成人式の時にかかるお金の合計と最安値

成人式の時に振袖を含めて掛かるお金の合計はどうやって考えればいいのでしょうか?
基本的にかかる費用は以下の5点。

  • 振袖代
  • 小物代(バックや外套、ネックレスなど)
  • ヘアメイク・メイク代
  • 写真代
  • 2次会等のドレス代

一番大きな金額を占めるのはやはり振袖代ですね。
レンタル着物の場合は、小物代は振袖代に含まれている場合があります。
また、2次会のドレス代は1万~3万程度。2次会のドレスは着ないで、普通の私服にする人も少なくありませんが、参加するのであれば費用の中に入れておいたほうが良いでしょう。

全てを最安値で行う金額をざっと調べた所、振袖代(小物代)3万5千円、ヘアメイク・メイク台1万円、写真代1万円、ドレス代5千円。
合計6万円で行えることがわかりました。
ですが、この金額になると選べるものがほとんどなく、生地等も化学繊維のものが多くなって見栄えが悪くなる事も考えられます。
どこにお金を掛けて、どこを絞るか。という点をきっちり考えてみましょう。

安い所のお金も足りない時は

一生に1度の事だから、絶対に振袖は譲れない。と言う方も、どんなに安い所でもお金がないと借りられません。
そのお金はどうやって作れば良いのでしょうか。
その場合カードローンで借りる、と言う方法があります。
カードローンで借りるのであれば、本人よりも親御さんが借りることのほうが多いでしょう。
ですが、20歳になっていて、アルバイトを1年以上続けているのであれば借りられる可能性があります。
カードローンの申し込み条件は20歳以上で安定した収入がある方なので、アルバイトでも1年以上続けていれば安定した収入として見られやすくなっています。

サービス名 金利 審査速度 特徴
プロミス 4.5%~17.8% 最短30分 無利息期間アリ。ポイントサービスで延長可能
みずほ銀行カードローン 3.0%~14.0% 最短即日 業界トップクラス低金利
レイク 4.5%~18.0% 申込み完了画面に表示 無利息期間を選べる
アコム 4.7%~18.0% 最短30分 最大30日の無利息期間アリ
モビット 3.0%~18.0% 10秒結果表示 カード発行無しで使える

親御さんが借りるのであれば、返済期間次第でプロミスかみずほ銀行カードローンがオススメ。
プロミスの場合、メアド登録とWeb明細の利用で無利息期間が30日が利用できます。また、ポイントサービスで無利息期間の延長も可能なので、短期返済の場合かなりお得です。
みずほ銀行カードローンの場合は1年以上かけて返済する場合にお得。長期の返済の場合、金利が安い方が利息を支払う分が少なくなります。

本人が借りるのであれば、プロミスやアコム等の消費者金融を利用すると良いでしょう。多くの銀行カードローンの場合審査が保証会社と銀行で2箇所行われるため、学生や20歳になったばかりの人はどちらかの審査でオチてしまう可能性が高いと考えられます。
なので、審査が1箇所である消費者金融に申し込みをすると良いと考えられます。