歯科矯正の費用が足りない時に知っておきたい事

歯科矯正をする金額

歯並びが目立ってどうしようもないときに、歯科矯正を考える人も多くいます。
特に20歳を過ぎてからいまさら、と言うよりも20歳を過ぎて社会人になってから始める人の方が多いと言われています。

歯科矯正をする金額はその病院それぞれで差があるので、今回は平均的な値段を紹介していきます。

初期費用

初期費用
初診料 無料~1万円
検査・診断
レントゲンなど
1万円~5万円

初期費用として、検査代や具体的な診査等を行い、歯のレントゲンなどで資料を作る事が多いようです。
診断料がトータルで出されている医院と、毎回それぞれに費用を設定しているところの両方があり、

実際の治療費

治療費
表側矯正 60万~80万
処置料 毎回3千~5千円
裏側矯正
(舌側矯正)
80万~130万
処置料 5千円~1万円
部分矯正 30万~50万
処置料 3千円~1万円
マウスピース矯正 20万~60万
処置料 3千円
外科矯正 100万~200万

実際の治療では、歯にワイヤーを付けて矯正をしていきます。
その時に、表側に付ける場合は3千円~5千円程度、裏側に付ける場合は5千円~1万円程度の交換費等の費用がかかります。
また、歯の裏側にワイヤを通す舌側矯正では、1~3割程度金額が高くなる傾向があるようです。

後日治療

後日治療
保定装置 5千円~1万円
メンテナンス代 3千円~1万円

治療後にもお金がかかります。
保定装置などを付ける理由としては、歯並びが綺麗な状態で保持される為に必要な事です。
人間の体には、元に戻そうとする力があるので、ちゃんと定着するまではこの装置が欠かせません。
メンテナンスでは、歯が動いていないかのチェックや、虫歯や歯周病などのリスクがないかを確認することが多いようです。

お金が足りない場合

歯の矯正治療には多額のお金がかかります。
お金が足りない、という時はどうすれば良いのでしょうか?

現在治療中でお金が無くなりそうな時

現在治療中の人で、次の病院に払うお金が足りない時はどうすればいいのでしょうか?
急な出費などで、お金が足りなくなってしまうこともしばしばあります。
一度病院に相談してみるのが良いですが、それで治療が遅れてしまうと虫歯などのリスクが高くなってしまいます。

矯正治療をしている時は、普段と比べて異物が口の中にあるので虫歯のリスクが高くなると言われています。
お金も大切ですが、歯は一生物なのでお金よりも大切だと考えられますよね。

お金が無い時はキャッシングでお金を借りる方法があります。
キャッシングが出来るものはプロミスアコムなどの消費者金融、みずほ銀行カードローンオリックス銀行カードローンなどの銀行カードローンがあります。
プロミスやアコムは『30日間の無利息期間』があるので、短期間でお金を返せる人にはオススメ。
長期間何度か借りる可能性がある、と言う人はみずほ銀行などの低金利のカードローンがオススメ。低金利のカードローンを使えば、最終的に返済しなければいけない金額が少なく済むので、無駄がありません。

今後のことを考える場合は、やはりお金を借り手でも治療に専念すべきです。

途中で辞めるリスク

歯科矯正は途中でやめるとリスクが多いと考えられます。
虫歯などのリスクもそうですが、歯があるていど綺麗になったからといって途中でやめてしまうと『元の歯並びに戻ってしまう』事があるのです。
保定装置等は、それを防ぐために使う機材ですから、そうならないようにすることが大切です。

治していくお金が足りない時

最初からお金が足りない、と言うこともかなり多く考えられます。
最初からお金が足りない、と言う場合は医療ローンなどの専用のローンを組むことも可能ですし、医院によっては分割払いも対応してくれます。
ですが、医療ローンと分割払いの両方は出来ない、などのケースもあったり、医療ローンよりもカードローンのほうが金利が安い事があります。

高額の借り入れが出来るのであればオリックス銀行カードローンがかなりオススメ。
限度額が高くなるにつれて、金利が大幅に低くなっていくので、オトクに利用できます。
銀行カードローンなので、総量規制の対象外で借り入れが可能というのも嬉しい点ですね。

お金が帰ってくるかも?

歯科矯正では一部の症状に『医療費控除』の対象になる場合があります。
医療費控除が受けられるかどうかは、医師と相談してみましょう。
還付金が戻ってくるので、確定申告の時期に税務署に相談してみましょう。