キャッシングのブラックリストとは?

一体ブラックリストって何なの?

「ブラックリスト」なんて単語が時折聞こえてくることがありますが、実はブラックリストは通称で呼ばれているもので、実際にそんなリストが存在しているわけではないのです。では一体何がブラックリストと呼ばれているのでしょうか?

貸金業者や銀行からキャッシングをしたりローンを組んだり、またクレジットカードを作ると顧客情報が信用情報機関に登録されます。
一定期間返済が滞ったり、債務整理を行った場合「事故情報」や「延滞情報」が信用情報機関に記録されます。この事故情報等が通称「ブラックリスト」と呼ばれるものです。
このように、実際にリストは存在しませんが事故情報として登録されている状況をブラックに載っていると言われています。

顧客情報には利用者の個人情報以外にも借入情報が登録されており、借入している会社の数や金額、返済状況などが載せられています。
もちろん過去にクレジットカードを作ったことの無い方や、キャッシングやローンなどの金融機関からの融資を受けたことの無い方は何も情報は登録されていません。
ですがクレジットカードを作ったけれど使ったことが無いという人の場合は信用情報に登録されています。
他にも携帯電話の端末の分割払いも信用情報機関に登録されるようです。

じゃあ、事故情報とはどういったものを指すのか?

事故情報にもいくつか種類があります。
過去に3ヶ月の支払い遅れがあった場合。
過払い金請求を除く債務整理などの「信頼を著しく損ねる契約不履行」があった場合。
債務整理には自己破産、民事再生、個人再生があります。
他にも過払い請求も債務整理に含まれますが、借金返済後に過払い請求をしても異動情報として信用機関に記録はされないようです。

また、事故情報として登録はされませんが、短期間の間に複数のクレジットカードの申請やキャッシングやカードローンの申し込みをすると「申込ブラック」とされ、一定期間審査に通りづらくなるとも言われています。

カードを作った場合やキャッシングカードローンを利用すると信用情報機関に情報登録されますが、収入に見合った借入れと、返済を滞りなく行っていれば事故情報を登録されるなんてことはありませんので、安心してください。

ブラックリストに入るとどうなるの?

キャッシングやクレジットカードの新規申込みが難しくなります。
新規の申し込みには審査の際に信用情報機関に照会をかけ、その際に契約者の信用を確認しますので、ネガティブな情報が多いと審査に通りづらくなるということです。
またブラックリストに入っていない場合でも他の金融業者への返済を滞納している場合や借入が多い場合また、そもそも収入が少ない、などでも審査は通りづらいかもしれませんね。
また今もっているクレジットカードなど更新のタイミングなどに更新できず契約終了という可能性も高くなります。

もし貸金業者からのキャッシンッグやローンを断られて自分がブラックリスト入りしてるのではないか、と不安に思われた方はCICやJICCなどの情報信用機構で自身の信用情報が見れますので、一度開示請求をしてみてはいかがでしょうか。

そこから抜け出す方法はあるの?

一度載ると後悔するようなことばかりのブラックリストですが、じゃあ二度と抜けることは無いのか、一生ブラックリストに入ったままなのかと思う方もいるかもしれませんがそれは違います。
ブラックリストに載るのはあくまでも一定期間です。
例えば3ヶ月支払いが遅れた場合は5年間、自己破産だと5年から10年間となっており、機関によって異なりますが、信用情報機関への事故情報(異動情報)の登録期間は5年から10年が目処のようです。
また、事故情報が消えるわけではないのですが、一度の遅延情報くらいであればこつこつと返済を続けていくことにより金融機関からの信頼を得ることがあるようです。

新規に借入ができなくなるだけで、それ以外の影響はほぼありません。ブラックリストの影響はあくまでも個人の金融機関情報ですので、ブラックリストに載ったからといって基本的に家族や親類にに影響することも無いですし、就職が不利になったり資格の制限が出ることも無いようです。

もしかして気づかぬうちにブラックリスト!?

スマホの端末を分割払いにして滞納をしたことはありませんか?
気づかないうちにそれもブラックリスト入りしてしまうので要注意です。
ただ端末代が完済していて電話代のみを支払っている場合それを滞納してもブラックリスト入りはしないですが、滞納しないにこしたことは無いですね。

また登録された事故情報が事実である以上、一定期間が終わるまでどのような手段を使っても消すことは出来ません。
ネットなどでブラックリストから消します、やブラックリストの裏技ありますという広告を出している業者がいますが、事故情報を消すことはどんな業者でも不可能。騙されないように気をつけてください。

もし一度も遅延をしたことが無いのに事故情報として覚えの無い登録があったというケースがあります。誤った情報の訂正や削除はもちろん可能ですので、そういった場合は信用情報機関に問い合わせてみましょう。