キャッシングを親バレせずに内緒で出来る方法は?

実家ぐらしで親バレせずに内緒でキャッシング

実家ぐらしの人は親バレをせずに内緒でキャッシングをする方法は何があるのでしょうか?
実家で暮らしているからこその弊害や、それに対する対処法などを考えましょう。

実家暮らしで親バレする要因

実家ぐらしの場合、様々なシーンで親バレをする原因があります。
親バレを防ぐためにはいくつか注意をしておきましょう。

・電話
実家の固定電話を申し込みの時に書かないようにしておきましょう。
固定電話を書くのは任意の所が多いので、必要でなければ書かない方が電話がかかってこないので安心です。

・手紙
郵便物でバレてしまうパターンは結構多いです。
最初のカードの発行だけは手紙でないといけないものも多いので、注意をしましょう。

・滞納
督促状等が届き、親バレをするパターンです。
通常ちゃんと支払いを続けていれば問題ないのですが、実は親バレをする原因の上位にこれが入るので注意が必要です。
親バレだけでなく、信用情報にも傷がついてしまいます。

・カードや契約書等を見られる
あまり無いですが、部屋の掃除を親に任せている人なんかがたまにこういったことになります。
カードや契約書などは人の目につかない所にちゃんと管理をしておきましょう。

学生が親バレせずに内緒でキャッシング

学生が親バレせずに内緒でキャッシングをするにはどうすればいいのでしょうか?
まず学生がキャッシングをするための条件を知っておく必要があります。

アルバイトをしている人

アルバイトをしてる人の場合は、20歳以上でしたらキャッシングが出来ます。
20歳未満の人は学生ローンからの借入になるので、注意をしましょう。
なので、Webから簡単に申し込みをしてみましょう。
アルバイトの種類も様々ですが、なるべく同じ所で長く続けていることが審査を通りやすくする条件となります。
同じ飲食店で3年ほど続けている人なんかは、特にキャッシングがしやすいと考えられますね。
キャッシングの審査は『返済能力』の有無を判断します。
なので、返済能力が有ることを証明できるのが重要で、アルバイトを長く続けていると辞める可能性が低くなるから返済能力があるだろう、と判断できるのです。

学生が即日でローンを組むならカードローンと学生ローンどっちがいいの?

アルバイトをしていない人

残念ながらアルバイトをしていな学生の場合は、キャッシングをするのは難しいと考えられます。
その問題は『総量規制』というものがあるからです。消費者金融などの貸金業者は総量規制は収入の3分の1以上の貸し付けを行ってはいけないため、収入の審査落ちをする可能性が非常に高いのです。
銀行カードローンの場合は総量規制の対象外ですが、審査が厳しく収入がないとまず通らないと思っても良いと考えられます。

アルバイトをしてない状態は、学生の場合収入がないと考えられますので、安定した収入源を作る事を考えましょう。

総量規制とは?総量規制の対象、対象外をわかりやすく解説

社会人が親バレせずに内緒でキャッシング

社会人の場合は、親バレせずにキャッシングをするのは、学生よりも容易です。
社会人として働いている場合は、収入の安定性はアルバイトの学生よりも高いと考えられます。なので審査落ちの可能性がグッと減って、学生と比べると有利。
ですが、働き始めの人等は学生のアルバイトと同様に仕事を続けるのかわからない、と言った理由から審査を落とされてしまうことがあります。
借入を考える場合は、最低でも半年以上働いてから申し込みをしたいですね。

一人ぐらしで親バレせずに内緒でキャッシング

一人暮らしの場合は、親バレをする心配はほとんどありません。
親がたまに家に来るのであれば、ちゃんと郵便物等の管理をしておけば問題が無いでしょう。
また、実家に帰るときにカードを使ってお金を借入した時に、疑問に思われないような態度を取ることも大切だと考えられます。