転職はキャッシング審査に影響あるの?

転職はキャッシング審査に影響あるの?

転職することが決まっている場合、転職は審査に影響するのか、審査はどちらが通りやすいのか。キャッシングの申込をするなら転職前と転職後どちらがいいのでしょうか。

転職による社会的信用とは…

  • 借入は社会的信用があるから利用出来る
  • 社会的信用は職業、勤続年数、収入などで決まる
  • 転職は職業が変わるので社会的信用も変わる
  • 社会的信用が変わるために、転職すると借入に影響がでてくる

働いている期間や収入による「社会的信用」は賃金業者にとって最も重要な参考事項です。
転職すると勤続年数は0からスタートになり、収入の見込みも判断できないことから社会的信用度は落ちます。
またアルバイトから正社員へ転職するとなれば社会的信用は確実にプラスですが、その逆で正社員からアルバイトになってしまうと収入も減ることから信用度も落ちます。「転職すると社会的信用度も変わる」との事から借入の際に大きく関係してくるのです。

信用度プラスな転職での変更

  • 利用サービスの変更
  • 限度額の変更

これまで少額だった限度額の上限をあげることが可能だったり、社会的信用度が上がることで受けられるサービスが増えます。

信用度のマイナスな転職での変更

  • 利用サービスの変更
  • 限度額の変更
  • 新規貸付枠の凍結
  • 一括返済の要求

すでに借入をしている場合、信用度の低下により限度額の上限が下がるなど今まで受けられていたサービスも利用できなくなります。限度額も再調整されることが一般的ですが対応を誤ると「一括返済を要求される」ことも可能性としてあるので要注意です。

転職前と転職後どちらが審査に有利?

転職が確定している場合、転職前と転職後どちらが審査に有利なのでしょうか?
転職すると審査に通りにくくなる理由が2つあります。

勤続年数が少なくなる

キャッシング審査での勤続年数が長い人というには同じ勤務先で1年以上の人のことをいいます。転職後すぐにお金を借りるとなると勤続年数が短いと判断されるので審査に通りにくくなるでしょう。

毎月の収入が見込めない

勤続年数が少ないと転職後の収入がよくても、その収入が定期的に得られると判断できないために審査に不利に働きます。

勤続年数が長ければ確実に審査通過するわけではありませんが、勤続年数は長いに越したことはありません。

転職後に審査に通るポイント

転職したばかりでも一般的に審査に通りやすくなるといわれるポイントをまとめてみました。

前職の収入証明

転職先で安定した収入の見込みがなくても前職では一定の収入を継続して得ていた場合、前職の源泉徴収票や確定申告書などの収入証明を提出してください。

借入は小額から

申込時に「いくら必要か」と希望額を申請する際は、少なめの金額で申込を行いましょう。確実に返済することで信用度が高くなるので限度額の上限の引き上げなどが可能になるかもしれません。

複数の会社に申し込んでみる

金融会社によって審査基準は多少異なるので、2~3社に申し込んでみるのも手ですね。
ただキャッシングに申込をした履歴と審査に落ちた履歴は信用情報機関に記録されてしまいます。審査にはタイムラグがあるのであまり多くの会社に申込みをしていると、審査に落ちた情報を見られてしまうので一度に申し込む際は3社までにしましょう。

転職する前に出来ること

今、転職を考えているだけの状況で現在の職業をまだ退職していないのであれば、転職後にキャッシング利用するよりも今すぐ申込みをしたほうが審査に通過する可能性は高いでしょう。
転職するまでにお金が必要だという方には、融資までに時間のかからない即日融資可能なアコムやプロミスなどがオススメです。

現在も借入があって残高を抱えている状況であれば、転職前に出来るだけ繰り上げ返済しておくことをお薦めします。転職後にキャッシング利用することになっても審査において印象がよくなるでしょう。