借入金額50万までなら審査は通る?

カードローンで50万は本当に貸してくれる?

最高限度額は会社によって様々で大手消費者金融のほとんどが500万~800万となっており。銀行カードローンだと500万~1000万と一般的な金額を提示しています。

ただ最高限度額は業者が融資できる最大の金額であり、希望してもすぐに通してもらえる金額というわけではありません。
利用限度額はそれぞれの利用者に合わせて変化しています。
例えば消費者金融や銀行に借入を申し込んだ際に登録する情報。
勤務先や年収、他社からの借り入れ金額、過去の返済暦や持ち家など又信用情報機関に登録された情報を元に審査をして、この人は返済が可能か、どこまでなら完済できるのか?を見定めているようです。

人によって異なりますが最初からいきなり大きな額を示されるのは少なく、自ら200万借りたいと申し込んでも50万円以内が一般的です。
じゃあ50万以内であれば今度こそ誰でも借りれるというのもまた違います。
貸金業者においては総量規制の影響で原則年収の3分の1以上は貸し出しておりません。
もし自身の収入が120万だったとして借入できる利用限度額は40万円と考えられますね。
銀行の場合は総量規制の対象外なので、審査によって50万円通ることも。
ただし、きっちり3分の1を利用限度額にしてくれるのかといえばそうではなく、審査によって異なります。

消費者金融1社で50万円超えの契約又は他社の借入額と合算して100万円を超えをする場合は所得証明が必ず必要。(貸金業法の内容に基づくため)
他にも銀行カードローンの場合も銀行によって変わりますが、新生銀行だと100万超えやオリックス銀行だと300万を超えることで収入証明が必要と記載されています。

審査で通るためにはどうすれば?

では50万円の融資を受けたいと考えた際にどこに気をつければいいでしょうか?
まず申し込みの際の個人情報を正直にきっちり入力しましょう。嘘や間違いが多いと金融会社に怪しい人だな、返してもらえなくなるのでは、と審査に不利に働いてしまいます。
この人は信用できると判断してもらるように偽り無く登録しましょう。
また他社からの借入が多かったり、返済状況において滞納があったり債務整理を行っていたりすると通らない可能性が出てきます。
返済が遅延しているなどのネガティブ要素があれば予め解消しておきましょう。
過去に借入経験があり、信用情報に自身が無い場合は、信用情報機関に返済情報等の照会をすると確認することが出来ます。
審査で過去の滞納は信用情報にどれぐらい響く?

逆に年齢を重ねていて信用情報機関に全く情報が無い場合、審査が不利に働くこともあるようなので、携帯本体代の分割払いなどで予めクレジットヒストリーを作ることをお勧めします。
一定期間の間にキャッシンッグやローンをいくつも申し込むことにより、信用情報機関に何箇所も申し込んだという記録が残り審査に通りづらくなるのでこちらも注意ですね。

必要最低限の金額だけを申し込むことにより審査の際のリスクを避けることが出来ますので、始めは低い額で申し込み、後々限増額をというのがいいかもしれません。
ただし、50万以上を借りたいのであればやはり150万以上の収入は必要となってきますので気をつけましょう。

限度額は上げてもらえるの?

毎月返済日を守り、借入もしてと定期的に利用していると、金融機関も利用限度額見直しをしているようで増額の案内がくるようです。
返済日に遅れず、半年以上利用し、他社の借入件数や借入金額が増えていないなおかつ他社の返済にも遅れていない人は増額対象者として選ばれる可能性があがりますね。

また遅延も無くまじめに返済をしていれば自分で増額の申し込みもできることもあります。
その場合所得証明の提出をし自身の属性情報を明らかにすることで、増額の申請を通すことが出来る場合もありますが、審査の結果減額されてしまうリスクもあるようです。
ただ消費者金融の場合は年収の3分の1までの増額となりますので、それ以上を希望するようでしたら銀行カードローンの方がお勧めです。

逆に滞納をしていたり督促しても払わなかったりということが続いたり、他社での借入を増やしていると減額または融資がストップの可能性も高くなりますので気をつけましょう。