アルバイトでもカードローンの審査は通るの?

本当にアルバイトでもカードローンの審査は通るのでしょうか?

一定の収入があればパートやアルバイトの方でも審査の申し込みは出来ます。

消費者金融や銀行カードローンの審査基準は大体の会社が「満20歳以上の安定した収入と返済能力を有し、当社基準を満たすお客様」
アルバイトやパートの人は利用できないとは表記されていないようです。
アルバイト・パート可となっているところもあります。

正社員でなくても安定した収入さえあれば通る可能性があるということ。
勤続年数が長いほど安定していると言われています。

急ぎでお金を借りたいという人には大手消費者金融でのカードローンがお勧め。銀行よりも審査が早く融資までの時間が短く、即日融資にも対応している会社もありますね。

また金利を安くしたいと考えているのであれば、銀行カードローンが良いでしょう。

融資までの時間は消費者金融と比べると遅くなってしまいますが、金利を比較した場合低金利といえるからです。

ですのでアルバイトだしどうせ銀行カードローンは通らない……と諦めてしまう前に一度試してみてはいかがでしょうか?

審査に通る可能性がまだ低いかも、と不安な方は限度額を低く設定して申し込む方法も。
借り入れた金額を完済する計画をしっかり立てていると見てもらうためには、あらかじめ携帯電話の本体の分割払いなどでクレジットヒストリーを作ることにより、返済能力を見てもらえるようです。

カードローンの審査に通らない場合とは?

アルバイトだけでなく正社員でも勤続年数が少なかったり、他社での借入金額や借入件数が多い、または滞納期間が長かったり債務整理を行っていたりすると、審査に落ちる可能性が高くなるようです。

他にも複数の会社に同時に申し込みすることにより、いわゆる申し込みブラックという状態に陥ります。

個人信用情報機関にはいつどこの会社でカードローンやキャッシングの申し込みをしたかという記録が残っており、審査担当者がそれらを見て、他社で借りれなかったのでうちで借りるのかな?とネガティブに考えてしまいます。
同時に貸し倒れをされるかも?といった理由で、結果的に審査に落ちる可能性が高くなります。

申し込みの際に嘘の申告や間違った内容を記載すること。

年収や勤続年数、雇用形態など。明らかに年齢と年収が見合っていなかったり少しでも怪しいなと思われれば小額でも収入証明を求められます。

アルバイトだから通らないんじゃないかと考えて雇用形態を正社員と記入するのはとても危険だといえるでしょう。
アコムの利用規約を例に挙げてみると、カードローンの審査が通ったとして、後からバレてしまえば全額返済を求められたり、今後一切の借入が出来なくなることもあるようです。

それと郵便番号や番地などの間違った記載もあまりに多いといい加減な人だなと思われマイナスナイメージをもたれてしまいますので注意しましょう。

総量規制って?

消費者金融のカードローンの場合は総量規制で年収の3分の1以上は借入が出来ないことになっており、借入金額に制限がでてきます。
何社か利用していて審査に落とされてしまうのは、この借入れ金額の制限があるからなんですね。

収入の3分の1以上を借りたいパート・アルバイトの方がいるようでしたら、銀行カードローンを選ぶ必要があります。
総量規制は貸金業者からの借入れを対象としており、銀行の貸付けは貸金業法の対象外です。
また銀行カードローンも総量規制対象外となりますので、場合によって大きな借入額の取引が可能。

ただし、年収があまり低すぎると銀行から限度額は上げてもらうことはあまりないようですね。
総量規制とは?総量規制の対象、対象外をわかりやすく解説