キャッシング審査の甘い厳しいって何?甘い罠に要注意

キャッシング審査の甘い厳しいとは?

キャッシング審査の甘い厳しい、と言うのはどう言うことでしょうか?
初めて借入をする時なんかは特に気になりますよね。
審査の甘い、厳しいと言われる理由とは?

審査の甘い、厳しい

キャッシングの審査の甘い、厳しいと言うのはどういうことなのでしょうか?
一般的に審査が厳しいと言われているのは銀行カードローンです。銀行カードローンとそれ以外のカードローンでは取り締まる法律が銀行法と貸金業法の違いがあるためだと考えられます。
その為、銀行カードローンと比べると消費者金融のカードローンは審査が甘いといえるのではないでしょうか。
しかし、消費者金融も審査を行うので全員が借りられるというわけではありません。

初めてのキャッシング審査

キャッシングをしようと思ったけれど、過去の経歴もわからないから審査に落ちるかもしれない。
……と言う人は、一度『CIC』に開示請求をしてみましょう!
本人が申請することによって過去5年の『借入・返済』の履歴を開示してもらうことが出来ます。
信用情報に基づく借入をされたことがある人は情報がありますが、一度も借入をしたことがない人は何も無いと思います。

借入・返済の履歴に関しては5年、申込情報に関しては半年間保管されるようです。

信用情報機関はCICの他にも、JICC、全国銀行個人信用情報センターがありますが、基本的に多くのカードローンの審査で使われるのがCICの情報だと言われています。その為、ここに不備がないかを確かめておくのが一番確実ではないでしょうか。

<div style=”border-style: solid ; border-width: 1px;”>
CICに保存される情報
※信用情報に基づく借入はキャッシングだけではなく、携帯電話の分割払いや、日本奨学生支援機構JASSO等からお金を借入をした人も履歴が残っています。返済遅延等がある場合は注意が必要です。
※申し込みをされた履歴も残りますので、連続で申し込むのには注意が必要です。
</div>

情報が掲載されている場合

情報にちゃんと返済の記録が載っていれば、色々なキャッシングの審査をする際に有利に働きます。なので、自分に合った銀行カードローンに一度申し込まれて見てはいかがでしょうか。

また、遅延等の情報が合った場合は、返済の記録を何度もつけて「現在は返済能力がちゃんとある人間だ」と思わせなければなりません。1回、2回程度はただの払い忘れとしてあまり気にされない事が多いようですが、3回以上あると少し気になります。
なので、クレジットカードなどの返済履歴が残る物で買い物等をして返済履歴を積み重ねることでカードローンの審査に通りやすくなります。最低でも半年以上はちゃんとした返済履歴を残しておきたいものですね。

情報が掲載されてない人

20代前半の場合は、奨学金を借りている人や携帯の分割払いをしたことがある人以外は情報が載っていない事があります。
キャッシングの用語として『スーパーホワイト』と言われる、何も情報が無いタイプの人です。そのような人は、年収や生活環境によって判断されるので審査はしてみないと通るかわかりません。自分に合った所に申し込みをしてみましょう。

また、今までお金を借りるのが怖くて、と言う理由で三十路過ぎまで借入を一度も行わなかった人は危険です。
借入返済の記録が30歳まで1つもないと『債務整理』をしたと勘違いされてしまいます。債務整理とは、破産や個人再生と言われる、金銭的なトラブルの解決を法律に基づいて行う事です。
債務整理を行うと、スーパーホワイトの状態に過去の記録が削除されます。
そのため、今までキャッシングをしてこなかった人は一度申し込みをする金融機関に相談をしてみるのが良いでしょう。

ブラックOKには要注意!キャッシング審査の甘い罠

ネット広告や、電柱広告、ポスター、チラシなど、様々な所で『ブラックOK!』と書いてある物があります。あれこそがキャッシング審査の甘い罠。
会社の名前は『UFJキャッシング株式会社』『プロミス銀行』など、既存の業者に似せた名前の所や堂々とその名前を勝手に使っている悪徳業者などもあります。
このような悪徳業者は『闇金(ヤミ金、闇金融)』と言われる違法業者で、絶対に甘い誘惑に乗ってはなりません。
審査が甘い、審査無しなんて書いてある所は全て違法業者だと考えておきましょう。

若気の至りで、闇金融からお金を借りて踏み倒そうという人もいますが、色々なリスクを背負う事になるので、絶対にやめておくのが身の為です。