審査の在籍確認を通るために知っておきたいこと

審査の際在籍確認は何故あるのか

そもそも何故在籍確認(ざいせきかくにん)は必要なのでしょうか?
在籍確認は、様々な理由がありますが、一番有名な理由としては『詐欺対策』であることが一番だと考えられます。
お金を貸し出すわけですから、身元が保証できない人に金を貸し出すのは企業でも出し渋ってしまいます。貸し倒しなんて事になってしまう可能性があるのであれば、貸し出しが出来ません。
また、企業に勤めていると言って、既に辞めて無職な人も多いと言われます。辞めてしまっていては返済能力が無いと判断されてしまいますよね。そのような様々な嘘を見抜くために在籍確認が行われるのです。

在籍確認は審査が通る直前

在籍確認で嫌な印象を持っている人も多いでしょうが、在籍確認は審査の最終段階で行われる事が多いと言われています。
その為、在籍確認が来たら審査が通る直前であることが分かります。
また、土日での申込の場合は在籍確認は後日でと言われることもあり、それが終わり次第契約→融資となると言われる事もあるようです。

在籍確認を受けることが出来れば審査が通ったも同然なので、嫌々受けるのではなく毅然(きぜん)とした態度で受けましょう!

在籍確認の審査はどんな内容なの?

在籍確認の審査、と言っても内容はとても簡単です。
まず、お勤めの所に電話がかかってきます。電話の内容としては
「私佐藤と申します。〇〇さんはいらっしゃいますか?」
のように、来ます。
大手金融機関(きんゆうきかん)の場合、絶対に「アコムですが、〇〇さんいますか?」の様な内容で電話はかかってこないので安心してください。社名を名乗ったり、失礼な態度で電話をしてくることは無いと考えて良さそうです。
ですが銀行の場合は、行名を名乗ることが稀にあるようなので、言い訳を考えておくのも必要でしょう。
カードローンを利用する場合などでは特に在籍確認の電話でカードローンを利用しているとバレたくない人がほとんどだと思いますので、注意が必要です。
周囲への言い訳としてよく使われるのは「クレジットカードを作った」「住宅ローンの相談で」「通帳にお金が入っていなくて引落しの連絡がきた」などです。自分の身辺状況にあった物を考えましょう。

特に、消費者金融の場合は『貸金業法(かしきんぎょうほう)』により第三者に契約の事実を知らせてはならないので、社名を名乗ることは絶対にありません。

法律改定をされるまで、架空の会社の名前を使って在籍確認をしていることもあったようですが、現在は嘘や偽った内容を伝える事は法律で禁止されているので、企業名を名乗るのではなく電話をかけた人の個人名を名乗るのが一般的なようです。
また、保険会社などが子会社にある場合は、企業内であると言う事でそちらの名前をだしてくる場合もあるようですが、そのような要望が通ることは非常に稀です。

在籍確認で聞かれる事

在籍確認で聞かれることは、住所、年齢などの簡単な内容です。
電話に出れない場合でも「ただいま席を外しております」などの返答が帰ってくれば問題ありません。

問題なのは「弊社にそのような人間はおりません」などの、いないと言われることです。過去にあった事例では、偽名を使って申込をして在籍確認の際に審査落ちをしてしまったと言う人がいます。
審査を通る為には、間違った情報を伝えないようにしておくことが大切ですね。

在籍確認の電話なしで審査を通るには

基本的に在籍確認無しで利用することは出来ません。
ですが、カードローンの一部に『Web完結』という形式で申し込みをすることで在籍確認の電話をせずに審査を通すことが出来るシステムがあります。
電話をせずに申込をする場合は、書類での在籍確認となり、社員証や給与明細などの在籍確認書類を提出することとなります。
なので、土日での申込の場合はこちらで利用する方も多くいるようです。

在籍確認代行は違法

在籍確認代行や在籍確認代理などの、代行サービスを謳う悪徳な業者が存在します。
在籍確認を代行して行うことは、身分詐称の詐欺罪に該当します。また、利用規約に反するため身分詐称であることが知られてしまうと即自解約になるので、絶対に在籍確認代行業者を利用しないようにしましょう。