消費者金融で嘘をついて審査は通るの?

審査で嘘をついたら

消費者金融や銀行カードローンの審査で嘘の申告をするとどうなるのでしょうか?
それぞれ考えて見ましょう。

嘘をついたら今後の借入が出来なくなることも!?

消費者金融では審査の申し込みをすると年収や勤め先、勤続年数、雇用形態などを提示しなければいけません。
そういった情報を集めてその人が返済できるかを審査するためです。
借り入れには一定額の継続した収入が必要となるので、勤続年数や年収は大いに越したこと無いですが、少なくても審査に通ることはあります。逆に勤続年数が長く年収が多くても長期延滞や債務整理をした過去がある場合は審査に受かるのが難しくなるでしょう。
だからといって嘘を伝えてはいけません。例えば年収や勤続年数。明らかに年齢と年収が見合ってない場合、収入証明不要の借入金額だとしても、源泉徴収などの収入証明書を求められることもあります。それにより年収と一緒に勤続年数もバレてしまうということも。
また額が少なければ身分証明書のみで借り入れ出来るかもしれませんが、消費者金融から登録した勤務先に在籍確認として電話がなされます。もし無職なのに、勤めていると申告した場合はすぐにバレてしまいますね。
他にも他社の借り入れ状況などの嘘の申告もいけません。消費者金融などの借入時その会社は個人信用情報を事前に調べます。そこで簡単に他社からの借り入れ状況が分かってしまうのです。
審査にてこういった嘘の申告をし発覚した場合、一括の返済を求められたり、今後一切の借り入れが出来なくなることもあり、デメリットしかない結果となります。

銀行と保証会社の審査でさらに厳しく?/h4>
こちらも消費者金融と同様に虚偽の申告をした場合借り入れが不可能となることがあります。
銀行などの金融機関は保証会社とセットで審査が行われますので他社からの借り入れを隠すのは到底無理といえます。
また審査の際に少しの記入ミスなどで落とされてしまう不安も残りますね。

審査で嘘じゃなくても嘘と見られる事がある!?

嘘の申し込みをすれば審査に通らないのはごらんの通り当たり前のことですが、自分自身は嘘と思って記入したわけじゃないのに入力ミスをしたとによって審査に落ちる確率が上がるということがあります。
例えば自宅や勤務先の住所や電話番号。
郵便番号や番地間違いなんて良くあることと思うでしょうが、多すぎる間違いの再確認の為に審査が遅くなりますし、消費者金融からいい加減な人だなとマイナスナイメージをもたれてしまい、審査に響くこともあります。電話番号を間違えていると金融会社からの連絡のやり取りが出来ず審査に落ちてしまうこともあるようです。
また借り入れ金額などは信用情報機関で調べることが出来る内容ですが、自ら申告させるのは正直で誠実な人かどうかも審査で見られているというのもあるようです。
消費者金融は審査時に信用できる人間かどうか?というのも見ていますので、本当のことを間違いなくしっかりと入力するのが必要です。