審査の時に他社借入で落ちる対象になりうるのは?

他社借入は審査にとって不利なの?

カードローンの審査を受けるときに、他社からの借入をするのは不利になりえるのでしょうか?
不利になり得る借入について、以下から確認しましょう。

カードローンの他社からの借入

これは間違いなく他社借入として記入しなければなりません。
特に消費者金融の場合は、貸金業法により他社借入と、自社の貸し付け限度額が合計100万円を超える場合、収入証明書を確認する義務があります。そのため、他社借入を誤魔化そうとして用紙の記入を低く書いても、バレて審査が不利になる事意外ないのです。

他社借として記入する理由と同様に、借入れをする際に複数社から借入をしている事実が、審査の不利になり落ちる可能性は十分にあり得ます。
収入がかなり少ない人は、特にこの時点でお金に困っていて返済をしてくれないかもしれない、と判断されてしまうと借入が難しくなるでしょう。

落ちる可能性がある、と書きましたが1社だけなどでしたら、それほど影響されないと多くの所で言われていますので安心して申し込みをしてもいいのではないでしょうか。

クレジットカードのキャッシング枠

クレジットカードのキャッシング枠については、記入する必要があります。
ただし、利用していない場合は他社借入0円として記入しても問題ありません。
利用している場合は必ず記入するようにしましょう。嘘を書いてしまうと落ちる可能性もあります。

クレジットカードのリボ払い

クレジットカードのリボ払いも、審査に少し影響されます。
これは、他社借入として記入する必要はありませんが、クレジットカードの利用について聞かれた際に答えなければなりません。
クレジットカードを頻繁に利用して、返済がギリギリの状態でたまに遅延をしている人の場合。その事は、信用情報を見てすぐに知られてしまいます。当たり前ですが、遅延などの情報は不利になりますので注意が必要です。
クレジットカードも信用を担保にして借入をしたお金で買い物をしている。と言う事を忘れずに支払いをしていたら「返済がちゃんと出来る人」として好評化になる可能性のほうが高いですので、利用すること自体を怖がる必要はありません。

携帯電話の分割払い

こちらも、他社借入として記入する必要はありませんが、注意が必要な借入の一つです。
携帯電話料金だからと言って支払いを無視するなど、延滞をしていた場合は審査に影響がある場合があります。延滞がある場合はスグに支払いをしておくことが大切です。

住宅ローン等の大型ローン

大型ローン等は他社借入として記入する必要はありませんが、カードローンの業者によって記入する欄がある物があります。
ですが、住宅ローン等の大型ローンはあまり審査に影響しないと言われていますので気にしないでいいでしょう。
ですが、返済遅延や延滞を起こしている場合は審査に悪影響が有ることは間違いありません。ちゃんと支払っていることが条件です。

奨学金の支払い

日本学生支援機構のJASSO等が提供する奨学金で、返済義務があるものは『借金』として判断されます。
ですが、カードローンの借入ではないので、他社借入として記入する必要はありません。
2000年代初頭まではCIC等の個人信用情報機関に属していなかったので、滞納をしても借入が出来ていた時期があります。
ですが、現在は個人信用情報機関に加盟したため、滞納、延滞を起こすとカードローン等の審査に悪影響を及ぼして落ちてしまう可能性があるので注意をしてください。

他社借入をしてても審査に落ちないためには

他社借入をしたら審査に落ちる、と思わなくても大丈夫です。
上記の多くで書いてありますが、他社借入をして審査に悪影響をおよぼす物や、審査落ちの対象になるのは遅延や延滞を起こした人だけです。
複数社からの借入をするからと言って全部落とすのではなく、ちゃんと返済能力があると判断されれば審査を通過しやすいものだと考えておきましょう!