審査の時結婚前(離婚前)の名前は聞かれるの?

審査の際に結婚前、離婚前の名前を聞かれるのは?

審査の際に、結婚前・離婚前の旧姓を聞かれることがあります。
それは何故なのでしょうか?

理由としては『信用情報機関』に関係します。
信用情報機関には、過去にその人がどのような借入、返済をしているかの情報が掲載されており、実際に返済をちゃんとしてるかを見ることが出来ます。
その情報を照会する際に必要な情報が名前と生年月日です。
そのため、苗字が変わっているとかこの履歴が一切ないとなってしまい今まで借入をしたことがないか『債務整理』をしたと思われてしまうのです。
この状態のことをスーパーホワイトと呼ばれます。

女性の場合は、結婚や離婚の際に籍を入れて苗字を変えることが多いので、信用情報に紹介した時スーパーホワイトの場合は結婚前、離婚前の旧姓を聞かれることがあるのです。

ですが、離婚後等にちゃんと改名をしたことを様々な機関に届け出をしておくと、利用した履歴が新苗字で残るので聞かれることが少なくなります。
クレジットカードや、銀行の通帳等の登録をちゃんと変えておきましょう。

苗字を変えるとキャッシングがしやすくなる?

ちまたではたまに「苗字を変えるとキャッシングがしやすくなる」と言われる事があります。
上記で書いたとおり、苗字を変えると過去の履歴にアクセスが出来ないことがあり、過去に遅延等をおこしていた場合それを隠蔽する方法として一時期広まっていました。

ですが、そういったものは少しずつ対応されて来て、現在は出来る確率がかなり減ってきています。
また、マイナンバー制度が開始されることによって、改名による借入履歴の回復は見込めない物になると考えられます。
同一人物であると情報のヒモ付がされるようになった時は、確実に利用出来なくなるのでこの方法でキャッシングの審査を通そうと考えているのであれば、別の方法を考えたほうが良いでしょう。

カードローン審査の抜け道や裏ワザってあるの?

改名したことが審査で不利になる?

改名したことにより審査の不利有利は決まりません。
実際に、改名を知って申し込みをした際に「以前お使いになっていた苗字はありますか?」と聞かれて無いと嘘を言うと不利になる可能性はあります。

先ほども書いた通り結婚や離婚による苗字の変更等で過去の履歴にアクセスが出来ないことがあります。
ですが、何かしらの支払状況から過去の履歴と紐付けをされていることがあります。
その場合『嘘』を付くことで何かしらの詐欺に加担しているのではないだろうか?という疑問をもたれる危険性があります。

以前使っていた苗字で、遅延を起こしてしまっていた場合などは返済をしばらくちゃんと続けておくことで遅延の内容に目を瞑ってくれる業者も多く存在します。
特に消費者金融の場合は、返済の遅延があったとしてもここ最近の返済状況が問題なければ大丈夫、ということも考えられます。

苗字が変わったからと言って、意味もなく嘘を付くことは自分の信用を落としかねませんので注意をして利用したいものですね。

キャッシング審査の甘い厳しいって何?甘い罠に要注意