ニートはキャッシングの審査は通らないんじゃないの?

ニート(無職)でもお金って借りれるの?

無職とは定まった職についておらず収入のない人とは言いますが、いろんな人がいて一括りには出来ません。
働く意思も無く教育や職業訓練も受けていないニートの方々。
失業者や年金生活者などの完全な収入が無い方も当てはまります。ですが失業者には一時的ですが、失業保険が支給されますし、年金生活者はもちろん年金が支給されています。

お金を借りようとしても、消費者金融の貸付対象者は定期的な収入と返済能力を有する人とされており、総量規制の影響で年収の3分の1までの貸出しか許されていませんので、無職での申し込みはかなり通りづらいでしょう。
ならば銀行法で融資を行っている銀行カードローンだと、ニートでも借入できる可能性があるかもとお考えになるかもしれません。
ですが、銀行の場合消費者金融に比べて審査が厳しいと言われています。
消費者金融と銀行の審査の違いで保証会社の有無があり、銀行カードローンには必ず保証会社が付き、銀行と保証会社の両方の審査を通らなければいけないので、収入のないニートには厳しいですね。

もし無職になる前にクレジットカードを作っていて、なおかつキャッシング枠が設けられているなら、そこから借入をする事が可能です。
ですが、収入の無い状態でキャッシングを利用し、多くの借入をすると、最終的に返済が出来なくなります。あと途上与信といって、クレジットカードの会社が定期的に個人信用情報機関に照会して事故情報の有無を調べたり、会社によっては在籍確認もされ、場合によってカードの更新がなされず、キャッシング枠も消されクレジットカードの利用停止ということもあります。

やはり基本的にはニートにはお金を借りることは出来ない世の中になっているようです。

ニート(無職)の状態でお金を借りるにはどうすれば?

ニートが例外的にお金を借りることができる場合もあります。
現在無職でも、2年以内に6ヶ月以上働いていて現在失業中という方は「総合支援資金」というものがあります。失業や低所得等により日常生活が困難な方向けに一時的な資金が国から借りれるというもの。生活の立て直しや経済的自立を図るとされています。この場合決まった住所があることやハローワークにて求職申し込みと職業相談を受けるなどの条件があるようです。

借りたら返すというのはセットですので、全く収入も無く、これからも働く意思のないニートという立場では借入は難しいと思います。
キャッシングを望むのであれば、少しでも収入を得るというのが有効な方法。
短期長期問わずアルバイトでも、勤続年数が上がれば金融機関での借入審査が通る可能性もでてきます。
もちろん派遣社員や契約社員で働くのもいいでしょう。
他にも内職や副業、ネットオークション等個人事業主などの形式で職についていると提出することも可能です。

借りるのは返すこと前提のもので、収入を得て返す意思を見せることが重要かと思われます。

無職でもOKと大々的に書いているところは注意が必要!?

ネットで調べていると、ニートOKや無職でも大丈夫!や完全無審査なんて書いているところがありました。
そんな甘い言葉に誘われて、借りるのはちょっと待ってください!
もしかして正規の業者ではない「ヤミ金」ではないですか?
ヤミ金とは貸金業法に登録していないキャッシング業者のこと。本来、貸金業をする場合、貸金業者として国に登録し貸金業法いう法律に従う必要があります。
ですがヤミ金は貸金業者として登録しておらず法外な金利を要求
してきます。そして無理な取立てと法律違反ばかり!
ヤミ金の甘い言葉にだまされないよう気をつけてください。

審査なしのカードローンはヤミ金!?審査で行われることは?