即日でお金を借りる方法まとめ

即日でお金を借りる方法

即日でお金を借りる方法は何があるのでしょうか?
銀行でお金を借りるって聞いたことがあるけど……なんて人も安心してください。

カードローンでお金を借りる

カードローンと言う言葉をテレビなどで耳にしたことは無いでしょうか?
プロミス、アコム、モビットがよくTVCMで流れていますね。
また、銀行からもカードローンのサービスが提供されてるものもあります。

カードローンは『個人向け無担保ローン』です。
プロミスやアコム、モビットが属するのは消費者金融と言われるもので、別名サラ金とも言われています。
響きは悪いですが決して違法なものではなく、ちゃんとした企業なので安心して使いましょう!
ただし、プロミス銀行やアコムサービスといった大手消費者の名前を語った違法業者もあるので、名前や所在地には注意が必要です。

カードローンとは?基礎知識を知っておこう

クレジットカードのキャッシング枠で借りる

クレジットカードのキャッシング枠というものが有るのをご存知でしょうか?
クレジットカードにはショッピング枠と、キャッシング枠の2つに別れる借入のサービスがあります。
ショッピング枠は名前の通り、ショッピング枠で買い物をして後払いにするサービスで、キャッシング枠はお金そのものを借り入れるサービスです。

キャッシング枠は申込時に設定できて、0円にしてある場合は借入が出来ないので即日の借入は出来ないので注意をしましょう。
また、クレジットカードを使って即日でお金を借りる場合は注意点があるので最後まで読んで下さい。

即日で借りるならクレジットカードのキャッシング枠がいいの?

親戚、友人等からお金を借りる

これは一般的で一番恐ろしい方法です。
家族や友人からお金を借りて返せなければ、縁を切ることになりかねません。
孤立していく事が、現代社会において不利なのは誰しも分かることです。

ですが、上記の2つの借入方法が出来ない場合は、家族を含む親戚や友人から借りるしか方法がない人もいます。
そういう人は必ず『借用書』を書きましょう。

借用書には金額を漢数字の大字(壱、弐、参など)で書き入れる必要があります。
・借入金額、借入日
・返済日程
・返済の利息年利は15%以内に抑えるのが一般的
・遅延賠償金(%)
・期限の利益の損失(返済を怠ったり、自己破産をした時に有効な文面)
この5つを最低限書いておくようにしましょう。
それだけで法律的に効力があるので、お互い何か合った時もトラブルを避けられる可能性があります。

原本は貸主が保管して、コピーを手元にとっておくと良いでしょう。

※要注意!※即日でもお金を借りてはいけない方法!!

即日で借り入れをすることが出来ても、法律に触れていたら元も子もありません。
犯罪に加担するぐらいなら最初から借りない方がどう考えてもいいですよね。
以下の内容には要注意です。

闇金融でお金を借りる

『ブラックOK』『審査なし』などの文言が書かれている物を一度は目にしたことがあるのではないでしょうか?新聞の折込チラシで入っているのを見つけたこともあります。
この手の物の多くは闇金融や紹介会社と言われる違法業者で、お金を借りるときに違法な金利を請求したり、不当な利益を請求される事があります。
また、悪質ないやがらせ等で社会的に追い詰められている人も多く、社会的地位を完全に崩壊させる危険性もあります。
間違ったところから借りないように注意をしましょう。

クレジットカードの現金化

町中でクレジットカードの現金化と言う文字を目にすることが有ると思います。
特に繁華街等ではよく目にするので、一見犯罪ではないように見えますが、実際に内部で行われているのは法律に抵触したものも多いのが事実です。
クレジットカードの現金化は法律に触れるだけでなく、利用規約に反するので絶対に利用してはなりません。
中には、犯罪に加担する恐れがあるので利用することで利用者も逮捕される危険性も否めないと注意を促している人もいるようです。

また、利用する際に差し引かれる金額を金利(実質年利)で計算してみると1000%を超えるものも少なくなく、耳にした話しを計算してみると2500%超えの金利のものまでありました。
消費者金融の金利が18%程度なので、その100倍以上の金額を支払わなければなりません。
絶対にこのようなクレジットカードの現金化は利用しないようにしましょう。