退職した後も即日融資を受けられる?

退職後も即日融資を受けられる?

一身上の都合で仕事をやめることになる人も、転職によって仕事を辞める人も、やはりお金がどうしても必要な場面はありますよね。
そこで、そんな時にも借入が出来る方法をまとめてみました。

即日融資が出来る方法一覧はこちら
即日でお金を借りる方法まとめ

クレジットカードのキャッシング枠を使う

クレジットカードを作った後、キャッシング枠が有ることを忘れている人も多いのではないでしょうか・
どうしてもお金が必要な時はキャッシング枠を利用してお金を借入をしましょう。
即日融資というよりも、キャッシング枠さえあれば今すぐにでも借り入れをすることが出来ます。

絶対にやっては行けない現金化

クレジットカードのキャッシング枠を利用する、と言っても最初の登録時にキャッシング枠を0円にしている場合も少なくありません。
ですが、町中でたまに見かけるクレジットカードの現金化を行っている悪徳業者に引っかからないようにしましょう。
クレジットカードの現金化を行う場合は、金利が年利1000%を超える異常な金額で取引される事があります。さらに、カードをリボルディング払い等にしている場合はその差額+金利を支払う事になります。
それだけにとどまらず、法律で違法行為に加担するとして法に抵触する恐れもあるので、絶対に利用しないようにしましょう。

有給消化期間で申し込み

退職をする、となっても有給消化をしている間は企業に勤めている状態です。
なので、その間に申し込みをすることも可能だということですね。
Web完結などで申込をして、在籍確認を書類で行うことによって嘘偽り無く利用することが出来ます。
ただし、在籍確認の際に会社に電話をかけた時に「〇〇は先日退職致しました」と言われると審査に通らない可能性があるので、あまりオススメは出来ません。

自営業者として申し込みをする

退職後に即日融資を受けるには、やはりネックになるのが収入が無いと思われること。
そこで、自営業者として申し込みをする方法があります。
楽天等のオークションサイトで身の回りの要らないものを売るだけで、自営業者として登録は可能です。
自営業者として登録する場合は、収入などの状況を聞かれることがあるので、納税証明書を提出すると言う形で交渉してみると良いかもしれません。
納税証明書などの収入証明書は、消費者金融では50万円以上の借入でなければ提出を求められませんが、自分から申し出をする分には問題ないと考えられます。

ただし、この方法はかなりグレーゾーンなので、この方法で利用した際は自己責任で行いましょう。
嘘ではありませんが、本当のことを言っているわけではありませんので注意が必要です。

家族・知人からお金を借りる

退職時には一番可能性が高い方法です。
即日でお金を借りる方法まとめに詳しく載っていますが、借用書は必ず作るようにしましょう。
トラブルを避けるのはなにより大切です。

退職後の即日融資を受ける際の注意点

退職後に、即日融資を受ける際にはやはり注意をしておかなければならないことがあります。
それは『お金を借りたら返さなければならない』と言う事です。
借入をした後、次の月からは返済が始まります。転職の人であれば問題ありませんが、退職をして給料が入る見込みが失くなってしまった人は特に注意が必要。
どうしても借入をしなければならない状況であっても、本来返済が出来ないのであれば借り入れをするべきではありません。
また、軽い気持ちで借入をして返済を滞納させると、その後住宅ローンや自動車ローン等を組もうと思った時に利用できない可能性も残ります。

次の仕事を見つけるなど、返済の目処が立っている状態で借入をするのが理想的ですね。