カードローンに申し込んでキャッシングをするまでの流れ

カードローンの申し込み方法

各金融会社それぞれにカードローンの申し込み方法が設けられています。
申し込み方法で自分に合った物を選んで利用しましょう。
各種金融機関により、取扱がない場合がございますのでご注意ください。

申し込み方法の種類

  • Web申し込み
  • 自動契約機
  • 電話申し込み
  • 店舗窓口で申し込み
  • 郵送申し込み

Web申し込み

Webで申し込みをする方法が最近の主流としてあります。
特に、大手金融会社の場合ほとんどがWebでの受け付けをしています。
申し込み方法は、各種業者のホームページにアクセスして申し込みボタンを押します。その後、操作内容に従って情報を入力すると申し込みが完了します。

申し込み完了後、審査が行われ審査結果が通知。契約となります。
契約後は、各種金融機関の利用方法によりますが、振込融資や発行されたカードでのキャッシングの利用が開始できます。

自動契約機

自動契約機は、大手消費者金融を利用する際に多く使われます。町中で消費者金融のプロミスやアコム、モビットといった看板の多く見かけますが、その中には自動契約機と呼ばれる物がある場所がほとんどです。
一部有人店舗もありますが、消費者金融によっては1箇所も有人店舗が無い業者もあるほど。
自動契約機の中に入ると、それぞれのやり方にそって必要事項を記入ないし入力をしていきましょう。
分からないことがあれば、付属の電話でオペレーターに質問をしながら進めていくことも可能です。
その後審査、契約と全て自動契約機で行うことが出来ます。審査時間によっては、後日連絡等もあるので、ポピュラーな申し込み方法としてWeb申し込み→自動契約機で契約と言う形も取られています。

メガバンクの銀行の場合は、各窓口の他にローン契約機やテレビ電話窓口等が設置されており、そこから申し込みを行うことも出来ます。こちらも自動契約機同様の申し込み方法だと考えて下さい。

電話申し込み

カードローンを取り扱っている金融機関の多くはフリーダイヤルを設置しており、そこに電話をして申し込みをすることが出来ます。中小企業の消費者金融などでは一部フリーダイヤルではなく一般回線である場合もあるようです。
また、申し込みの際に相談をしたいと言う人に人気です。

店舗窓口で申し込み

店舗窓口に直接おもむき、申込をする方法もあります。
消費者金融の場合、店舗窓口の数が限られているので銀行カードローンへの申し込みの際に使われると考えて下さい。
直接相談をすることが出来るので、申し込みの際に人とあって申し込まれたい人は窓口で相談されるようです。
また、一部のネット銀行では窓口自体を設けていない所もあるのでWebや電話での申し込みなど、その銀行の申し込み方法に合わせて申し込みをしましょう。

郵送申し込み

郵送申し込みの場合は、ホームページから必要書類をダウンロードして印刷する方法や、窓口や自動契約機などにおいてある書類に記載して投函します。
その後、審査が行われて通過すれば契約書類やカードが送られてきます。
契約後は書類の手順に従って利用が出来るようになります。

カードローンでのキャッシングの利用方法

実際にカードローンで借入をする方法はいくつかあります。
こちらも各種金融機関によって取扱がない場合がございますので注意をして下さい。

ATMから借入

メジャーな借り方の一つとして、ATMからの借入があります。
実際にカードが手元に届いてから、借入をする金融機関の専用ATMや提携ATMを利用して借入をすることが出来ます。
同じATMから返済も可能となっている金融機関がほとんどです。

振込融資

カードローンの中には、カードが郵送で送られてくるまでに振込融資で借入をすることが出来るものもあります。中にはカード自体が発行されない振込融資専用のカードローンもあるほど、人気の借入方法です。
Webや、電話を利用して振込融資の依頼をすると、指定口座の対応時間に振込が完了されています。
銀行のキャッシュカードでATMから引き下ろしをすることが出来るので、周囲に知られたくないと思っている人が使う傾向にあるようです。

銀行カードローンの場合は、その銀行の口座をカードローン契約時に作る物があります。その対応口座のキャッシュカードでATM等から借入をする事もあるようです。
振込融資とATMでの借入の中間といった形だと考えられますね。

店頭窓口で借入

大手金融機関ではあまり取り扱われていませんが、中小の金融機関では直接お金を借りる形のカードローンも存在します。
基本的に多くのカードローンの取扱があるのは、ATMもしくは振込融資だと考えておきましょう。