カードローンに最短で申し込みをする方法まとめ

消費者金融の最短申し込み方法

消費者金融に最短で申し込む方法をまとめてあります。
今回はプロミス、アコム、モビットの最短の申し込み方法を見てみましょう。

プロミスカードローン最短で

プロミスの最短の契約方法はホームページからの申し込み方法です。
ホームページの必要事項を入力して、送信。契約方法は予めWeb契約にしておくのが早いです。
申し込み完了の連絡とともに、審査が開始されます。審査の時間は最短30分です。
30分後審査を完了させてから実際の契約。
契約の際に、本人確認書類や社員証などの在籍確認書類、借入限度額次第で収入証明書類などの必要書類を提出しましょう。携帯のカメラで撮って送るだけで問題ありません。

契約が完了したら振込融資を依頼して、指定の口座に振り込んでもらいましょう。
指定口座が三井住友銀行、ジャパンネット銀行の場合は契約完了後いつでも利用が可能です。

他の口座の場合は14時までに契約を完了させて振込融資を依頼すれば利用可能ですが、その時間を過ぎているorすぎる可能性がある場合は契約時点で来店契約を選択する必要があります。
自動契約や三井住友銀行ローン契約機に営業時間内に向かい、カードを発行してもらうことで即日で融資を受けることが出来ます。
各契約機ごとに営業時間が異なりますので、向かう前にプロミスホームページから調べておきましょう。

アコムカードローン最短で

アコムも場合もプロミス同様ホームページからの申し込みが最短でカードローンを利用出来る方法となっています。
手順としてはプロミスとほとんど変わりません。申し込み~書類提出をする時間が14時までに出来ない場合は、ホームページから申込み後お近くのむじんくんに向かいましょう。

むじんくんの営業時間は9:00~21:00で、一部営業時間が21:30までのところもあります。アコムのホームページから時間を検索する事が可能です。

モビットカードローン最短で

モビットは、パソコン、スマートフォン、ケータイから申し込みをてから、フリーダイヤルで電話をかけます。
申し込み完了後、電話番号が表示されるので電話をかけましょう。
電話をすると、すぐに審査を開始してくれます。

その後、電話で審査結果の通知を受けてから会員登録を完了。
14:50までに振込融資の依頼を行うことで、その日のうちに借入が可能となります。

その時間を過ぎてしまったらモビットのローン申込機に向かいましょう。中にある
ただし、プロミスとアコムに比べて設置台数が少ないので注意が必要です。

銀行カードローン最短申し込み

銀行カードローンで申し込みをするので、最短で申し込みをする方法をまとめてあります。

みずほ銀行カードローン最短で

みずほ銀行の場合は、みずほ銀行の口座を持っていることが前提条件となります。
ホームページから申し込み、審査、回答。その後スグに利用することが出来ます。
利用する際に、今まで使っていたキャッシュカードにカードローンの機能を付属させることが出来ます。なので、実際にATMで借り入れをする際に他の人に見られても普通にお金を引き下ろしているようにしかみえません。

また。200万円以下の借入をご希望の場合は、本人確認書類や収入証明書類は不要なので、かなり便利。

他の銀行は時間がかかる

みずほ銀行以外にも即日で借入を出来るとしている銀行も多くありますが『即日審査』となっている所や、実際には数日掛かって審査結果が通達される所も多くあります。

カードローンを最短で利用するなら消費者金融

どうしても当日中にお金を借りたい、最速でお金を借りる方法がしたい、と言う人は消費者金融でお借入をすることをオススメします。
消費者金融でお金を借りる時は、限度額が50万円未満でしたら収入証明書類が不要なので、スムーズに借り入れをすることが出来ます。

最速でお金を借りたい人は『申し込み→審査中に移動→カードの受取→ATMで借入』が確実に借入をする方法だと考えられますね!