仕事中の人も即日融資出来る申し込み方法!

仕事中に申し込みをするならWebで申し込み

同僚に「今日の夜飲みにいかないか」と言われたものの、給料日前。お金がどうしても足りないと言う人も多いのではないでしょうか。
仕事中にこっそりと出来るカードローンの申し込み方法としてWeb申し込みがあります。
トイレに入っている間にスマフォでささっと申し込みをしてしまう人もいるぐらいに簡単で、パソコンを使って作業をしている人ならこのままホームページに移動して申し込みをしていきましょう。

基本的に仕事中に申し込みをして、夜までにお金を借入をしたい場合は、プロミスやアコムなどの消費者金融で借りるのが一番確実です。

Web完結と、Web申し込みの違い

Web完結型の申し込み方法と、Web申し込みをしてカードの受取は別に必要な物があります。
それぞれの利点欠点を把握してから、申し込みをされないと当日中に借入が出来ない可能性がありますので、注意をして下さい。

仕事中にWeb申し込みをするには

仕事中にWebで申し込みをするには、パソコン、ケータイ、スマートフォンでホームページにアクセス。その後、申し込みフォームに内容を入力して申し込みをします。
申込時や、審査完了時に契約方法として『来店契約』を選びましょう。来店契約は、店舗(無人契約機)に行って契約をする方法です。

仕事終わりに、近くの自動契約機に行って契約。カードの発券をすることでその日のうちにお金を借りることが出来ます。自動契約機の営業時間は業者によって異なりますが、21時まで営業している所が多いようです。各社ホームページで確認をしておきましょう!
必要な書類は基本的に本人確認書類と収入証明書類ですが、収入証明書類は多くの消費者金融で50万円未満の場合は不要となっています。
本人確認書類は免許証や社会保険証です。

仕事中にWeb完結で申し込みをするには

Web完結型の申し込み方法の場合、借入れをするのは振込融資が中心となります。振込融資の場合受付時間が、平日14時までの所もありますので午前中に申し込みを完了させておくのが良いでしょう。
プロミスの場合は、三井住友銀行かジャパンネット銀行の口座があれば時間の制限が無いので、持っている人はWeb完結で申し込みをするのが良いかもしれません。

また、Web完結の利点として社員証などをカメラで撮影した物を送付して電話での在籍確認をしない所もあります。会社に電話がかかってくるのが困る人は、早めにWeb完結の申し込みをするのが良いですね。
社員証などの画像化は、昼休みやトイレ休憩でやっている人も多いようです。

ただし、土日の場合は口座への振込時間や、対応銀行が土日も対応しているのかなども注意が必要です。

仕事中に申し込みで注意すること

仕事中の申し込みで注意することは、やはり周囲にバレない事……だけじゃありません!
申し込みをするときに仕事中なので確認を怠りがちですが、十分注意をしておきましょう。間違った情報を入力して送信すると『嘘を付いている』と思われて契約が出来ない事があります。
申し込み内容を送信する前に、確認する画面があるはずなのでちゃんと見直しをすることを忘れてはいけません。

また、自動契約機で契約をするときに挙動不審になるのもNG。中に人はいませんが、契約機本体にあるカメラから映像が見えていますので、ちゃんと落ち着いて契約をしましょう。

申し込み、審査、契約にかかる時間

やはり仕事中とはいえ、どれぐらい時間がかかるのか気になりますよね。
一般的に申し込みは15~30分程度で終わります。内容は簡単なのですが、入力する所が多いので少し時間がかかることが多いようです。
入力内容を確認して送信すると審査に入ります。

審査の時間は各金融機関によってそれぞれ違います。
プロミスやアコムの場合は最短30分で審査が完了するので、それほど時間はかかりませんね。
また、仕事中に申し込みを終わらせてしまえば審査の間は何もすることがありませんので仕事に集中出来ますね。

審査通過の結果を貰ったら、あとは上記の通り自分に合った方法で借入をするだけです。
契約も15~30分ほどで完了するようなので、お金を引き出すまでにそれほど時間を有しません。
あとは、発見されたカードや振込された口座のキャッシュカードを使ってお金を借り入れるだけですね!