無人契約機の流れを解説。在籍確認の電話等はどうなるのか?

無人契約機での流れ

無人契約機とは、金融機関の各社それぞれに設置されている、自動契約機のことです。
まずは、無人契約機で行われる内容について、流れを確認しましょう。
無人契約機での流れは基本的に以下の通り。

  1. 入室
  2. 申し込み※1
  3. 審査※1
  4. 契約
  5. カード発行
  6. ※1 先にインターネットで申し込み、即時審査が可能。

基本的に、入るとATMの様な機械が置いてある所が多く、その機械を使い申し込みや契約を行うことが出来ます。
中には機械ではなく電話が置いてあるなど、各社それぞれの契約形態がなされています。

申し込み

申し込みでは、住所氏名電話番号などの個人情報を入力します。
申し込み時に間違い等があると、審査落ちの可能性が出てしまうので、打ち間違い等には注意をしましょう。

また、意図的に嘘をつくのはもっといけません。
他社からの借り入れを少なく見積もったりすると、すぐにバレてしまい『詐欺』の可能性を疑われてしまいます。
そうなると審査落ちの確率がぐっと高くなってしまうので、ちょっとした見栄でも嘘は書かないようにしましょう。他のところから借り入れがある場合は、数万円単位でいくら残っているかはちゃんと把握しておく必要があります。

操作がわからない場合は、備え付けの電話などで操作を確認して行うことが出来ます。

インターネットで申し込み

各種それぞれの公式サイトから申し込みをして、無人契約機でカードの発行などだけを行う方法です。
この方法の利点としては『無人契約機に行ってスグにカードを受け取れる』という点です。
申し込みを先にしておくことで審査が先に行われます。無事審査が通過して、無人契約機に入った時には審査が完了して、細かい契約を行うだけでお金が借りられる状態になっているのです。

インターネット申込が先に出来るキャッシングサービス

サービス名 審査時間 Web申し込み
プロミス 最短30分
モビット 最短30分
アコム 最短30分
レイク 最短即日

審査

無人契約機で申し込みをすると審査時間もかかってきます。
インターネットで申し込みをした場合は、審査は先に行われるので、移動している間に審査を受けられて無駄がありません。

在籍確認の流れとしては、この審査の最後で行われます。

審査の間は何もやることがありませんので、一度契約機を出てから戻ってくることも出来ます。
その場合、契約機に他の人が入ってしまったら順番待ちをすることもあるので、中で待つ人も少なくないようです。
審査の結果や連絡は電話やメールでお知らせしてくれる事が多いようです。

契約

審査が終了し次第、契約を行えます。
利用規約などの説明や、内容の確認があってから、内容をよく読み同意をしたうえで契約をしましょう。

カード発行

契約が完了したら、自動契約機の場合その場でカードが発行されます。
これで一通りの流れは完了ですね!
後は、カードが発行されたら、すぐにATMなどで借り入れをすることが出来ます!

無人契約機の場合在籍確認はどうなる?

無人契約機で契約をする場合も、在籍確認は行われます。
電話で行われる場合は、審査の最後の方に電話で在籍確認を行われるようです。
早い段階で在籍確認が行われないのは、その他の要素で審査落ちとなった際のトラブルを避けるためだと言われています。

自動契約機で申し込んでいる場合、本人が不在となりますが問題ありません。
在籍していることが分かれば良いので、簡単な流れとしては『ただいま席を外しております』などの返答が来れば、在籍確認通過だと考えて良いでしょう。
中小の金融機関の場合は、本人が出ないといけないケースもあるようなので、プロミスやアコムなどの大手を利用するのが良いでしょう。

また、在籍確認を書類で済ませることもあります。
どうしても電話で確認が取れない場合などは、給与明細の直近2ヶ月分や会社の保険証、社員証等を利用して在籍していることを在籍確認をすることが出来るのです。

各社それぞれの無人契約機の特徴

自動契約機は町中でよく見かけますが、それぞれの会社別に特徴があります。
無人契約機の数は、年々減少傾向にありますが、繁華街などにはまだ多く見かけることがありますので、安心して下さい。

プロミス

プロミスの自動契約機の特徴としては『三井住友銀行のローン契約機を利用出来る』という点が一番の利点だと考えられます。
プロミスの契約機も数多く設置されていますが、三井住友銀行のローン契約機も利用できるので、業界トップクラスの自動契約機の数だと考えられます。
三井住友銀行のローン契約機の場合、カードの発行も周りに知られずに行えるのが利点。
プロミスの店舗に入るよりも気軽に利用することが出来ます。

[プロミス]

アコム

自動契約機の先駆けである『むじんくん』を設置したキャッシングサービス。
多くの人が聞き覚えがある名前なので、安心して利用できます。
[アコム]

モビット

モビットの自動契約機は一般的な自動契約機だと考えられます。
モビットの場合は、自動契約機での借り入れよりもWeb完結での借り入れが特徴的で、郵送物がないどころか、カードの発行も一切無いので他のキャッシングサービスよりも周りにバレにくいと言う特徴を持っています。
[モビット]

レイク

レイクの自動契約機は、申し込みからカード発行まで約50分で完了となっていて、時間がないときに役に立ちます。
Web申込をして、審査待ちの時間を無くすことで更にスピーリーに利用出来ますね!
[レイク]

無人契約機よりもWeb完結のほうが良い?

無人契約機で契約をするよりも、Web完結で契約するほうが良いのでしょうか?
最近の傾向を考えると、無人契約機も良いですがWebで契約をするのも悪くありません。
無人契約機を利用して契約をする場合の利点としては、すぐにカード発行をすることが出来るので、ATMで借り入れを考えている人にオススメ。
Webで契約する場合は、家にいながら契約をすることが可能です。その為、銀行に振り込みをしてもらいお金を借りる場合や、外で人に見られるのが嫌だと言う人にうってつけです。

Webでの契約の場合は、各社の公式サイトに移動してから、申込内容を入力して申込をするだけ。
審査が通過し次第、振込融資が利用できるのでかなり便利。
在籍確認も、Web完結の場合書類で済ませる事の出来るプロミスやモビットがオススメです。

ですが、注意をしなければならないのは時間です。
振込融資の場合、24時間利用出来る銀行と15時までに振込融資が出来ない場合は翌日に振り込まれる銀行の2種類があるからです。
プロミスを例に上げると、三井住友銀行かジャパンネット銀行の場合は24時間いつでも10秒程度で利用できます。(メンテナンス時間を除く)
ですが、他の銀行の場合14:50分までに振込融資を依頼しないと翌営業日に振り込まれます。

その為、対応の銀行を持っていないけどその日のうちにお金を借りたい。と言う人はカードを発行できる無人契約機を利用したカード発行での借り入れで対応出来るのです。

スグに借り入れをしたい!と言う人にオススメの申込~契約の方法は
『Webで申込~自動契約機』です。
審査時間の無駄を無くせる他にも、その日のうちに借り入れできる時間がかなり長い事が理由です。
家族に知られたくない、と言う場合にも自動契約機でカードを発行するなどすれば、カードが郵送されてくるなどのリスクを減らしていけるので、周囲に秘密で借り入れをする場合などにはうってつけです!