カードローンの審査必要書類は何があるのか

カードローン必要書類

申し込みをされる際に、必要書類はどんなものがあるのか気になりますよね。
必要書類には種類があり、各個人の勤務状況にもより変わりますのでご注意下さい。

申込時に必要な書類は、大きく分けて2つの必要書類があります。

  • 本人確認書類
  • 収入署名書類

収入証明書類は、限度額によって提出が不要となる場合もございます。

本人確認書類

本人確認書類として一番最初に出てくるのはやはり『免許証』ですよね。
ですが、都市部に住んでいる人や、身体的、金銭的都合で持っていない人も多いのが事実です。

他の本人確認書類として多く用いられるのは『社会保険証』や『組合保険証』です。
会社勤めの方の場合は、特にこの社会保険証が勤務中の会社の情報等もあるため、本人確認書類として使われます。
『国民健康保険証』でも、本人確認の書類として認められますが、一部消費者金融では国民健康保険証ではWeb完結を受け付け出来ないものもあります。
その他にも「パスポート」「住民基本台帳カード」が使われます。
外国籍の方は、在留カードや特別永住者証明書(法令により、有効とみなされる期間内は「外国人登録証明書」を含む)を使うことが多いです。

上記いずれかの内容を提出する際に、住所地が異なる場合は公共料金の支払い領収書等が必要となります。新しい住所に住んでいる事が確認できない場合は契約が出来ない可能性も出てくるので注意が必要です。
金融機関で書類を郵送で送るのは、この住所確認の意味も含まれている為だと言われています。

収入証明書類

貸金業法によって、消費者金融では50万円以上の貸し付けを行うか、複数の貸金業者からの貸し付けの合計が100万円以上の場合に収入証明書類を確認しなければならなりません。
その為、50万円以上の借入を考えている人は、収入証明書類を準備しましょう。

収入証明書類は大きく分けて3つ。
源泉徴収票、所得証明書類、その他の証明種類です。

源泉徴収票

源泉徴収票は1年間に会社から受けた所得等が書いてある書類です。
1年間の給与と賞与の合計額(年収)が記載されているので、収入証明書類として有効です。

所得証明書類

所得証明書類は市役所や区役所で発行してもらえます。
源泉徴収票だけでなく、確定申告を行った際に記入された所得を全て含めて記載されます。
所得申告を行っていないと、申請が出来ない書類です。副業を行っている人はこちらを提出しましょう。

その他の証明書類

その他の証明書類で必要な書類はいつくかあります。

  • 納税通知書
  • 確定申告書
  • 青色申告決算書
  • 給与の支払明細書
  • 収支内訳書
  • 年金証書
  • 年金通知書
  • 支払調書

この中のいずれかの書類の提出を求められます。よく使われるものは『納税通知書』が使われます。
他の書類でも利用が可能ですが、各貸金業者によって受付が出来ない可能性もあります。
一度必要な物が何かを貸金業者に問い合わせ、確認しておきましょう。

必要書類を出すのは審査前?審査後?

必要書類を提出するのは、審査後の事のほうが多いです。
ですが、本人確認書類は一部金融機関において審査前に提出する場合がございます。
消費者金融の場合、ほとんど契約時に必要となります。

また、収入証明書の提出は契約後にも求められることがあります。
上限額の引き上げを申請した時や、情報が古くなってしまった場合等に収入証明書類の提出となり、借入の限度額が収入により変更される事が多いようです。