収入証明書が不要でキャッシング出来るのは何処?

収入証明書が不要なキャッシングとは?

収入証明書が不要なキャッシングとはどういうことなのでしょうか?
消費者金融の場合、貸金業法によって『50万円以上の貸付を行うときに収入を調査する必要がある』『貸金業者からの借入が、合計100万円以上担った際に調査する必要がある』となっています。
その為、50万円以上、または合計100万円以上の貸付を行う際に収入証明書の提出が求められるのです。

それに対して、銀行カードローンの場合は銀行法によって定められているため収入証明書の提出に関して消費者金融よりも高い金額で設定出来るのです。

消費者金融の収入証明書不要なキャッシング

消費者金融である『プロミス』『アコム』『モビット』から借り入れをするときに収入証明書が不要で借り入れできる方法があります。
50万円以下の借入の場合、基本的に収入証明書の必要がありません。
なので、借入希望額を50万円以下にしておくことで必要な書類を少なく済ませることが出来ると考えられます。

銀行カードローンで収入証明書不要なキャッシング

銀行カードローンで収入証明書が必要になる金額が書く銀行によって違います。
新生銀行カードローン レイク』の場合、100万円を超える場合に提出する必要があります。
みずほ銀行カードローン』の場合は、ご利用限度額が200万円を超えなければ、原則、書類提出はありません。
オリックス銀行カードローン』の場合は、300万円以下の場合収入証明書の提出は必要がありません。

このように大きく差が開くものなので、収入証明書を出すのがどうしても面倒だという人は、オリックス銀行カードローンを選ぶのがオススメ。
また、みずほ銀行の通帳を持っている場合、本人確認書類の提出も不要な場合もあるみずほ銀行カードローンがオススメです。

収入証明書が後から必要になる場合

収入証明書等が申し込みの時ではなく、後から必要になる場合があります。
それは『限度額を引き上げる』時です。
上記にも書いたとおり、消費者金融の場合貸金業法によって、提出を求める金額が決まっています。
そのため、限度額引き上げをする際には収入証明書が必要となるのです。

知っておきたい限度額の引き上げ

カードローンを何度が利用していると『限度額の引き上げ』についての連絡が来ます。
その際に、金利が下がることも少なくありません。
節度を持った利用の場合、金利が下がる限度額引き上げは受けておいたほうが良いでしょう。
人によっては、限度額が上がると使いすぎてしまうから。と言う理由で断る人もいるようですので、収入証明書を出すのが面倒だという人はこうやって断るのが妥当だと思います。

会社に源泉徴収票を発行してもらう時の言い訳

収入証明書には、源泉徴収票や納税証明書等があります。
その中でも、源泉徴収票を発行してもらう時に会社に『カードローンを使いたいから』というのは気が引けることも多いと、よく言われています。
カードローンを使いたいから、というのではなく他に言い訳が何かあるのでしょうか?
『市役所(区役所)で必要だから』と言ったり『確定申告で必要だから』というのがスタンダードではないでしょうか。

基本的に、源泉徴収票を出して欲しい。と言うだけで会社は出す義務がありますので、深く追求されない事が多いようですが、もしも聞かれた時に応える方法として覚えておきたいものですね。