キャッシング会社別返済方法比較

キャッシング返済方法の種類

キャッシングをして、返済する方法は色々あります。
どんな返済方法があり、その特徴などをは何なのかをまとめてみました。

口座振替

多くのキャッシング会社で利用出来る返済方法です。
毎月決められた日に、決められた額を返済される方法で払い忘れなどの心配がありません。
口座振替の返済日は各会社によって変わります。
アコムの場合は毎月6日なのです。
プロミスの場合は三井住友銀行、ジャパンネット銀行の場合は5日、15日、25日、末日のいずれかで選ぶことが出来ます。それ以外の講座の場合は毎月5日で固定されています。
返済日が選べれば、自分の給与形態に合った返済方法を選ぶことが出来ますね。
返済手数料無料は基本的に無料の物がほとんどです。

ATM返済

近くのATMを利用して返済する方法です。返済方法としては一般的で、返済の金額を毎月選ぶことが出来る。
利用している銀行や消費者金融専用のATMでなく、提携ATMでも返済が可能。
返済方法は利用可能なATMに利用しているカードローンのカードを入れて、支持に従い返済するだけなので多く人が利用されています。

インターネット返済

近年多くのカードローンで採用され始めた返済方法。
返済する口座を登録しておいて、そこからパソコン・ケータイ・スマートフォンからボタン操作で返済をすることが出来る返済方法です。
口座にお金が入っていれば自分のタイミングで返済が可能なので、ATM返済同様に人気。
この返済方法の場合は振込手数料がかからない場合が多いので、ATM返済よりもお得に返済することが可能です。

銀行振込

一昔前主流だった返済方法。
現在振込手数料などの問題であまり使われることはありませんが、生活環境により利用する方もいます。

店頭窓口

店頭窓口で返済する方法です。
銀行カードローンの場合はこの方法を利用する事も可能ですが、消費者金融の場合店頭窓口の数が極端に少ないので利用するのが難しいと考えておきましょう。
また、人と接するのであまり人気のないカードローンの返済方法だと言われています。

コンビニ払い

コンビニの電子決済サービスを利用して返済する方法です。
『Loppi』『Famiポート』を利用して返済する事が出来る金融機関があります。特に出来る物の多くは消費者金融です。
Loppi、Famiポートが置いてあるのは、ローソン、ミニストップ、ファミリーマートです。

各社返済方法の比較

各社の返済方法を比べてみましょう。

会社名 返済方法 手数料




プロミス インターネット返済
口座振替
店頭窓口
ATM
コンビニ
銀行振込
無料or108円~216円
アコム インターネット返済
口座振替
店頭窓口
ATM
銀行振込
無料or108円~216円
モビット 口座振替
ATM
コンビニ
銀行振込
無料or108円~216円

みずほ銀行 口座振替 無料
オリックス銀行 口座振替
ATM
インターネット返済
(追加返済のみ)
無料

この表で比較してみると、消費者金融の方が返済方法に柔軟であることがわかります。
収入にばらつきがある人は、消費者金融で返済するのが比較的人気のようです。

キャッシングで覚えておきたい繰り上げ返済(任意返済)

任意返済を行うことは利息を減らすことにもつながるので効率的です。
多くの返済方式で、キャッシングの返済を行うとその月の利息分と一部の元金が返済されます。その為、スライドと名前が付くリボルディング払い等の場合は元の返済額を減らすことが、返済開始直後では難しくなる事が分かります。
最低返済額で返済している場合は、最初の返済の9割近くが利息に充てられる場合もあり、あまり好ましくありません。

出来ることならばなるべく早めに繰り上げ返済を行いましょう。

繰り上げ返済の方法は各社返済方法に既存しますが、インターネット返済等手数料のかからない物を選ぶようにしましょう。