キャッシング返済のコツを教えます

効率のいい借り方は?

キャッシングをする時に重要なのは「最低限低金利最短期間」を意識することです。
せっかくだから多めに借りておこうではなくて、必要最低限の金額で済ませましょう。
次に、返済のときに上乗せされる金額を最低限で済むように低金利の会社を選ぶこと。
そして最後は「最低限の期間で返済を済ませる」ということです。

キャッシング返済方法の種類

会社名 返済方法 手数料
プロミス インターネット返済
口座振替
店頭窓口
ATM
コンビニ
銀行振込
無料or108円~216円
アコム インターネット返済
口座振替
店頭窓口
ATM
銀行振込
無料or108円~216円
モビット 口座振替
ATM
コンビニ
銀行振込
無料or108円~216円
レイク インターネット返済
口座振替
ATM
銀行振込
無料
みずほ銀行カードローン 口座振替 無料
オリックス銀行 口座振替
ATM
インターネット返済
(追加返済のみ)
無料

※プロミスはSMBCコンシューマーファイナンスのブランドです。

詳しくはコチラから
キャッシング会社別返済方法比較→

返済の負担を減らす方法

返済の負担を最低限で済ませるためにはどのような事を覚えていたらいいのか。
キャッシング返済で困らないためのポイントを説明したいと思います。

金利はなるべく低いもの

借金で返済するお金はまず月々の金利の返済に充当され、残りが元金の返済に充てられます。金利が低いほど元金が早く減るため返済期間が短縮されるので、金利は低いほど有利になるでしょう。

手数料を確認する

借入や返済の際に手数料がかかっていないか確認しましょう。
手数料のかからない返済方法などを選んで余計な出費は押さえましょう。

繰り上げ返済する

完済までの期間が長い場合や、臨時収入などによって手持ちの資金に余裕のあるときは繰り上げ返済がオススメです。返済期間が長くなるとその分だけ支払う利息も増えるので返済負担が大きくなるので、繰上げ返済を利用して少しでも早く完済できるようにしましょう。

おまとめローン

すでに複数の借金を抱えているなら、別々の業者の借金を一つにまとめてしまいましょう。借入額が大きいほど金利も下がる傾向にあります。そして返済にかかる手間や手数料も半減されるので、おまとめローンの利用も検討してみる価値があります。

返済日は厳守

返済が遅くなってしまうと遅延損害金が発生します。
遅延損害金は通常の金利よりも高く設定されているため負担額も大きくなります。
さらに個人信用情報に返済遅延の記録が残されるのでメリットはありません。

返済に困ったとき

毎月ちゃんと計画を立てて返済をしていたけど、今月だけは返済できない!そういう時どうしたらいいのでしょうか。
先ほど少し説明しましたが、返済が遅れてしまうと遅延損害金が発生します。
また延滞期間が長くなれば個人信用情報に履歴が残ってしまい今後のキャッシングに影響が出てきます。
返済が遅れそうなときはまず返済期日に遅れる前にキャッシング会社に相談してみましょう。

さらにもっと知りたい方は…
今月はどうしても返済できない!困ったらまずはここをチェック→

借りたお金をを効率よく返すために知っておきたいこと

キャッシングを利用する際は借入と返済のバランスをよく考えて利用しなければなりません。返済計画を明確にしてから申し込むことが大事になります。

借入前に返済計画を立てる

キャッシング返済で困らないためには「しっかりとした返済計画を立てること」が重要になってきます。月々の自分の収入と支出を把握し、いくらまでなら返済できるのかなど抑えておくべきです。多くのカードローン会社のHPでは、簡単な入力で「返済シュミレーション」をすることが出来るので利用してましょう。

希望額は必要最小限

キャッシングの申し込みの際は、希望額は必要最低限にしておくべきです。
ついつい借りてしまって返済が追いつかないなどのトラブルをなくすためにも、必要な金額だけを借りることが重要なポイントです。

利息の計算方法を理解すること

利用残高×金利÷365×日数
さらに自分で利息の計算が出来ると、借りすぎや無駄な借入を受けなくて済むようになり返済計画を立てるときに便利です。

おすすめのキャッシング

サービス名 金利(年率) 審査時間 限度額
アコム 4.7~18.0% 最短30分 500万円
プロミス 4.5~17.8% 最短30分 500万円
モビット 3.0~18.0% 最短即日 800万円
みずほ銀行カードローン 4.0~14.0% 最短即日 1000万円

ご利用前にしっかりとした返済計画を立て、生活に無理のない借入をしましょう。