大口融資で借入をする時収入証明書はどうなる?

大口融資の借入はいくらから?

お金を借入するときに、大口融資はいくらからが対象になるのでしょうか?
答えとして、明確な基準はありません。

大口融資として、銀行などのローンの場合は100万円以上を大口融資ということが多いようですが、消費者金融の場合は50万円以上で収入証明書の提出が必要になるので50万円~大口融資として書かれている場合が多いようです。

100万円以上の借入をするときに、様々な方法で借入をすることが考えられます。
大口融資の場合、目的ローンとフリーローンに分かれます。
今回はフリーローンのキャッシングについて内容を掘り下げてみたいと思います。

何故フリーローンの方を掘り下げてみるかといいますと自由に使えるお金を借り入れしたいと考える場合はフリーローンである、カードローンなどを利用する場面があるからです。
目的ローンの場合、旅行や趣味などの多目的で利用することが出来ないので、自由度が非常に低いローンだと考えられます。

収入証明書は大口融資で必要なのか

大口融資の場合、ほとんどの金融会社で収入証明書が必要となります。
収入証明書についてはこちらを参照にしてください↓
カードローンの審査必要書類は何があるのか

特に消費者金融の場合は、50万円を超える金額の場合は貸金業者により収入証明書の確認が義務付けられています。
ですが、銀行カードローンの場合は銀行法に準ずるためその義務はありません。
オリックス銀行カードローンの場合は300万円まで収入証明書が不要なので、100万円を超える大口融資の場合にも煩わしい証明証発行の手続きが必要ありません。

また、大口融資となると自動車ローンなども候補に上がって来ますが、自由にお金を使いたい人は大口融資を受ける上で総量規制の対象外である銀行カードローンを選びましょう。

総量規制の対象である消費者金融で利用すると、収入の3分の1以上の借入をすることが出来ないので注意が必要です。
500万円の借入をしようと思うと年収1500万円以上とかなり難しいですね。日本人の平均年収が442万円(2014年度)なので、その3倍以上ですのでほとんどの人が利用できませんね。

総量規制とは?総量規制の対象、対象外をわかりやすく解説

大口融資の借入で重要視するポイント

大口融資を受ける上で重要視するポイントはいくつかあります。

金利

大口融資の場合、利用する額に応じて金利の変動がどうなるのかを知っておく必要があります。
金利の額は、多くのローンの場合利用する金額に合わせて減っていきます。各金融機関のガイドラインにお借入利率などで掲載されているので、そこを参考にしてみましょう。
最高金利が低くても、高額になっても利率があまり下がらないものもあります。

利用用途

カードローンの利点としては、様々な事に利用出来る他、繰り返し借入返済が行えることでもあると覚えておきましょう。
自動車ローンなどの場合、それ以外の目的で利用できないものが多いので大口融資で他の使用用途を考えている人はカードローンを利用することをオススメします。
ただし、業務での利用などが出来ないカードローンもありますので、個人事業主の資金運用等の場合は利用規約をちゃんと読んでおくことが必要です。

利用限度額

消費者金融の場合は利用限度額が500万円の所が多いのですが、銀行カードローンの場合は1000万円の所もあります。
ただし、利用限度額を高めにして申し込みをすると収入証明書が必要な他にも、審査が厳しくなり審査時間も長めになる傾向があるので注意が必要です。

総量規制

上記にも書きましたが、総量規制の問題は避けて通ることが出来ません。
消費者金融で500万円を借り入れようとすると年収1500万円以上であることが必須条件なのです。
1500万円の年収があったらカードローンを使う必要もなさそうですよね。
限度額を高めに設定するのであれば、銀行カードローン一択です!

以上のことを踏まえてカードローンの借入をしましょう。