消費者金融や銀行の借換えって何が一番いいの?

まず借り換えとは?

高い金利で組んでいたローンを、より低い金利で組み直すなど、有利な条件で借り入れしなおすことを借り換えといいます。借り換えをすることで実質年率を下げることができれば月々の返済額や利息負担なども減り、完済までの期間と総返済額を軽減することができるでしょう。
また複数の金融機関からの借入れを1社にまとめるような借り換えを一本化と言い「おまとめローン」など各社で用意されているようです。仕組みとしては新しいローンを組んで現在借りているローンを一括返済するというものになります。
重要なのは返済総額が借り換えよりも小さくなるかどうかですが、他のメリットとしても、毎月の返済日を一つにまとめて管理しやすくするというのもあります。

借り換えは手数料がかかる場合があるため金利の差が1%以上ないと効果がないといわれています。ただ、おまとめローンの金利は基本的に一般のローンやキャッシングよりも低い金利を設定しているものが多いようです。
消費者金融でも銀行でも金利は借りる金額が大きくなるほど安くなるのが一般的。ですので複数の金融機関から借りるよりも1社にまとめて借りたほうが金利が安くなる可能性が高いとも言えます。まとめて借り換えると言うのは良い手と言えるでしょう。

借換えのデメリットは?

完済までの期間と返済総額が増える場合も有ります。
たとえ金利が安いおまとめローンを利用できたとしても、毎月の返済額の設定を下げすぎると、支払い期間は長くなりますし、支払い期間が延びることにより金利を支払う期間も長くなってしまいます。結果的に総支払額が増えてしまうことになってしまいますね。
現在の支払いの負担を減らすことを優先するのであれば仕方がないかもしれませんが、借り換えにおいて一番大事なのは、今より低い金利で借り換えて、返済期間を延ばさないことですので気をつけましょう。

あとは借り換えをすることにより、他の借入れは全部返したことになります。それにより全額返済したところから再融資の勧誘が来ることがあるようです。ですが実際に借金が減ったりなくなったりしているわけではないので、すべての返済も終わっていないのに新たに借入れをして借金がさらに膨らむ恐れがありますので注意。
また、カードローンの一本化は信用力や返済能力があるうちに申し込みすることが大切です。

消費者金融の借換えは?

金融機関によっては通常のキャッシングとは別に「おまとめ専用」「借り換え専用」などのプランがあります。
例えば、プロミスの「おまとめローン」やアイフルの「借り換えMAX」、アコムの「借換え専用ローン」といったもの。
通常のキャッシングですと消費者金融の場合、総量規制の対象となるので収入の3分の1以上借り入れることはできないけれど、おまとめローンなどですと、貸金業法に基づき金利が下がり利用者に有益になるような借換えであれば銀行以外の金融機関でも例外的に総量規制の対象外となり、年収の3分の1以上を超えていても問題ないとなります。
おまとめプランのコースならば15%程度に抑えられる可能性も出てきますし、限度額も基本のキャッシングに比べて高めの設定にされるようです。
ただ借換えのためのローンですので、追加の借入れは不可能。

一方で、通常のフリーローンをおまとめ目的で利用しようと考える方もいるかもしれませんが、こちらはオススメできません。こちらの場合、総量規制の対象となるので、限度枠が小さくまとめきれないという可能性も出てきます。

銀行の借換えは?

銀行運営のおまとめローンですと、東京スターおまとめローンなどが有名ですね。
こちらは限度額が借入限度額と利用限度額の2種類が設定されます。借入限度額が借換えの際の限度額のこと、利用限度額が追加で借りる際の限度額となっています。利用限度額がローン残高を上回った場合にその差額分が借入れできるというシステムになっているようです。

銀行カードローンや消費者金融とは違い、パートやアルバイトは申し込めないというところが多いようです。
また借換えの重要な要素である低金利・高限度額を推すためには、比較的審査に時間がかかってしまう可能性も出てきます。

銀行カードローンで借り換えてみよう!

おまとめローンの優れた条件は「低金利・高限度額・総量規制の対象外」ですので、資金用途を選ばず金利の安さや借入限度額の大きさから言うと銀行カードローンはオススメといえます。もちろん銀行運営のおまとめローンと同じく総量規制の対象外。また、収入に応じた借入れ金額の規制がないので借り換えにおすすめ。こちらは正規社員や契約社員でないと申し込むことができないといった職業による条件もありません。利用限度額の範囲内であれば何度でも借り入れ可能で追加の借入れがいつでも可能となっています。

おまとめローン以外で借換えをするメリット

消費者金融での借換えの場合追加で借り入れをするならば新規での借入れとなります。その場合金利はおまとめローンの金利と異なり、通常の金利での利用となりますので少し損したことになりますね。
また銀行での借換えの場合は通常のカードローンよりは、職業に対する条件などがあり比較的審査を通るのが難しいものとなっているようです。
その点で言うと、例えばオリックス銀行カードローンなどですと、融資限度額も高く金利も安いので、新規での借入れをせずにそのまま借入れができますし金利も低くすみます。さらに銀行のおまとめローンのように職業の条件などは申込み時に必要はありませんので、アルバイトやパートの方にもオリックス銀行カードローンはオススメできます。