主婦キャッシングの基礎知識

専業主婦と兼業主婦のキャッシングの違い

主婦と言っても様々ですよね。昔のように井戸端会議で楽しむ人もいれば、仕事バリバリのキャリアウーマンもいます。
そこで、今回は専業主婦と兼業主婦の違いからキャッシングの性質の違いを考えてみましょう。

専業主婦でキャッシグの場合

専業主婦の場合は、文字通り主婦業に専念するため収入がありません。
なので収入なくても借り入れをすることが出来る所からキャッシングをする形になります。
収入が無くて借り入れをする場合、銀行カードローンからの借入か、貸金業法に基づく「配偶者貸し付け」で借入を行わなければいけません。

銀行カードローンの場合は、収入がなくても借りられる専業主婦向けのキャッシング方法があります。限度額が低いのですが、安心して借りられるという点ではこちらをオススメします。

また、貸金業法に基づいて消費者金融からも借り入れをすることが可能です。
総量規制の例外として、配偶者との合算をして借入が年収の3分の1まで出来る方法があります。配偶者に同意書を書いてもらい、戸籍謄本や事実上婚姻関係で有ることが分かる書類と共にを提出すると借り入れをすることが可能です。
ですが、消費者金融の場合このような手間のかかる案件は扱うことがあまりなく、実際には申し込みの時点で断られることが多いので注意が必要です。
大手の消費者金融は特にこの事業を縮小、停止させたものも多くあります。
総量規制とは?総量規制の対象、対象外をわかりやすく解説

兼業主婦でキャッシグの場合

兼業主婦の場合、特徴としては働いているので収入がある事が大きいですね。
収入があると、上記の条件になってしまった総量規制の問題が解除されて収入の3分の1までは借り入れをすることが可能となります。
その為、専業主婦と違い消費者金融からの借入も見込めるのが大きな利点です。
借り入れをするときに選択肢が増えることによって、利用する事の出来るサービスや、即日借入などの条件にも基づいて借り入れをすることが出来ます。

収入が有ることがキャッシングにおいて兼業主婦と位置づけされますので、内職や副業、ネットオークション等も個人事業主などの形式で提出することが可能です。
ただし、副業や内職といったものですと、収入が少ないので限度額が結果的に少なくなってしまう可能性もありますのでご注意ください。

配偶者(旦那、ご主人)に秘密で借入は可能?

結論から言いますと、100%バレない方法はありません。
ですが、秘密で借入をする方法はいくつかあります。バレてしまうケースと共に内容を確認してみましょう。

Web完結で申し込みで秘密に

Web完結での借入の場合は、郵便物等でカードの発行をしないものもあります。
カードの受取を自動契約機にすると家に郵便物が届かない受取方法ですね。またカード自体を発行しないモビットのカードローン等もあります。
スマートフォンなどで簡単に申し込みが出来るので、楽で良い利用方法だと考えられますね。

他の申し込み方法も、秘密厳守にしている物が多いので安心して申し込みをしてみましょう。

即日で借りれるWeb完結!各社比較

電話でバレる

在籍確認や本人確認の電話等で知らない人からの電話がかかってくるので、電話に出たのが配偶者であった場合に疑われてしまうことがあります。
また、電話がかかってくるのは申し込みの時だけでなく、限度額引き上げやキャンペーンなどのおしらの時も電話がかかってくることがあります。

ですが、一番バレてしまう事で多いのは支払いの遅延による督促の電話だと言われています。
支払い忘れなどの事を起こさないことが秘密で借りることの前提条件となるようです。

郵便物でバレる

先にも挙げましたが郵便物が届かないサービスは多々ありますが、どうしても避けられない郵便物もあります。
カード発行時に郵送で受け取りにしてしまう場合や、督促状などの手紙が来てしまう時です。
基本的に消費者金融の場合、差出人は消費者金融の名前(アコムやプロミス)などではなく部署の名前(ACサービスセンター等)となっています。銀行カードローンの場合は、銀行名なので不審点はありません。
ですが、内封されているチラシや、カード自体を見られてバレてしまうケースが多いようです。

カード受け取り時にバレる

カードの受け取りの際に、自動契約機に入るのを近所の人に見られてバレてしまうこともあるようです。
自動契約機が近所にあっても、少し離れた所で受け取りをするのが得策かもしれませんね。

在籍確認でバレる

旦那に秘密で借入をしたい……と言っても、自分に収入がない。と言う人は、配偶者の収入によって借入が出来るか決定します。
そのため、借入の際に在籍確認が配偶者の職場にかけられ、バレてしまう事があります。
これを防ぎたいのであれば、自身に収入が有ることが一番だと考えられます。