マイナンバー制導入によってカードローンの審査は厳しくなる?

マイナンバー制導入によってカードローンの審査は厳しくなる?

2015年の10月に国民全員に配布されるマイナンバー。
このマイナンバー制度導入によって、カードローンの審査は厳しくなるのでしょうか?

マイナンバーについて

マイナンバーの利用に関しては、税収、社会保証、災害対策の3つの利用として施策されています。
税金としては、確定申告関連や、提出する届け出書類
としては、年金関連や労働関連(雇用保険など)や医療福祉に関する物等があります。その他にも各細かいの調査のために使われるようです。

また、銀行の口座に2018年から任意でマイナンバーのヒモ付(番号登録)を行うことになります。
2年間は強制力を持たない任意で、3年目を目処に強制的に番号登録を行う事を必要とする法改定を検討しているようです。

マイナンバー制でカードローンの審査に影響は?

マイナンバー制が導入されるにあたって、番号法(マイナンバー法)を見てみると、この情報を利用していいのは上記に上げた3つの事に関連することのみのようです。
その為、カードローンの審査に対してただちに影響が出るということはないようです。

ただし、スグに影響をされないというだけで、将来的に変わる可能性が残っています。
2018年~2019年の間に、民間事業者を含めて利用範囲が拡大される法案を、現在の国会で検討しているそうです。

マイナンバーの影響を受ける前にカードローンを作るべき?

可能性として、マイナンバー制によって、カードローンの審査内容が変わる可能性が現在残されています。
消費者金融などの貸金業法に関しては、将来的にマイナンバー制の活用を出来る可能性は低いようですが、銀行のカードローンは特に注意が必要かもしれません。

銀行の口座に、マイナンバーのヒモ付を行うことを義務付ける可能性があるので、銀行自体がマイナンバーの民間利用を積極的に始める事が予想されます。
ですので、銀行の審査の内容にマイナンバーに記載される情報が追加される恐れもあるのです。
マイナンバーに記載される情報として、年金資格や、雇用保険などの情報の他に、医療関係の情報も入る予定があるようです。

ここから推測されることは、雇用保険などの情報から在籍確認が不要になるかもしれないと言う事です。
これは利用者にとってかなり大きな利点ですが、他の点も懸念されるのが怖い所。
年金資格等から、審査の際に年金未納のため審査落ち、なんて可能性も出てくるということです。

他にも一部懸念されることとしては、医療関連です。
個人情報の観点からどこまで情報が公開されるのかは不明ですが、持病を持っているなどの情報から、安定した収入を得ることが出来ない可能性がある、などと判断されてしまうと、今まで借入ができていた人も借入が出来なくなってしまう可能性があるのです。
ガンなどの悪性腫瘍があることで、死亡して返済がされない、と言う可能性がある人には貸せないなんてことになる可能性は否定できません。
また、極論ではありますが、極度の肥満なので収入が統計データと照らしあわせて下がる傾向にあるので、限度額が低く設定される。なんて可能性もあるのです。

カードローンの審査基準が銀行と、消費者金融ではまるで違うものになるかもしれませんね。

マイナンバーでカードローン申し込みも便利に!?

一部の市町村ではマイナンバーカードを使い、住民票を会得することが出来るようになるそうです。
それと同様に、マイナンバーカードそのものに本人証明書としての効力が発揮されるとの事です。
なので、今まで本人証明書として免許証を持っていなかった人は、かなり便利なカードになると言っても過言ではありませんね。
特に都内に住んでいる人や、政令指定都市に住んでいる人は特に免許証を持っていない人も多くいます。他にも、違反をして免許を没収されてしまったとき等も便利ですね。