マイナンバーは外国人のキャッシングにも影響があるの?

マイナンバーは外国人に関係があるの?

結論から言うと、外国人にも関係あります。
マイナンバー制度が通知されるのは2015年10月ですが、日本人だけではなく中長期在留者、特別永住者等の外国人の場合はマイナンバーが発行されます。外国人だけでなく、外国人が経営する会社にもマイナンバーは振り当てられます。
会社では税金や保険等の情報が一元管理(一ヶ所で管理)されることになり、
手続きの内容が変わるので、外国人の人は戸惑うことが予想されています。

さらに、マイナンバー制度により収入の金額が複数の箇所からでも一元管理されるようになります。
複数社から収入がある人は、申告漏れ等が無いように気をつけなければなりません。

また、本国への帰還をする時に在留カードと一緒に通知カードや個人番号カードを返却する形となります。それと同時にマイナンバーが書かれたカードが交付されます。
再度中長期の滞在をするときに同じマイナンバーを交付されるので心配は入りません。紛失した際も本人照合を行って同じマイナンバーが交付されます。

マイナンバー制が始まることによってキャッシングがしづらくなる?

マイナンバー制が始まってスグに、キャッシングが今までよりしづらくなるとは考え難いです。
マイナンバーによって『審査の基準が変わる』事は現状ありません。

ですが、マイナンバー制が始まることによって外国人のキャッシング利用者が増える可能性があります。
外国人のキャッシング利用者の中には、今まで『複数の名前』を使える通名等が有ることから、踏み倒しの危険性が高いとして利用を断っていましたが、外国人向けのキャッシングサービスでマイナンバーが利用されるようになると、以前よりも緩和される可能性は残されています。

逆に、外国人利用者が増えることによって、借りた後そのまま帰国するなどのトラブルが増えることも予想されますので、審査基準が一時的に厳しくなる可能性も否定できません。

ですが、基本的に消費者金融等のキャッシングサービスはマイナンバーの民間利用の法案に現状含まれていませんので、あまり気にする必要は無いと考えられます。

マイナンバー制導入によってカードローンの審査は厳しくなる?

外国人の利用ってそもそも難しいの?

外国人のキャッシングはそもそも難しいのでしょうか?
マイナンバー制度が始まって、初めて借入をしようと考える人も少なくないはず。
外国人のキャッシングは、出来る所が多くあります。

ただし『特別永住者証明書』等の証明書類が必要となります。通称、永住許可証等と言われている書類です。
他にも『外国人登録証』や『在留カード』などで受け付けをしてくれる所もあるようです。

外国人の場合は、日本に国籍といよりも住所を持っていることが大切のようです。
ホテル住まいの方などは利用が難しいと考えられます。
消費者金融や銀行カードローンと比べると、やはりこの点でも消費者金融の方が柔軟な対応をしてくれるようです。

また、外国人であっても、審査の手順は代わりません。
ただし証明書類が多い分Web完結などの利用が難しい可能性があります。
Webで申し込みをしてから、無人契約機に向かい契約をする方式が一般的なのではないでしょうか。
他にも分からないことがあれば、事前に電話で確認をしておくことが重要です。

このページをここまでご覧頂ける人の場合は問題ありませんが、キャッシングをするときに重要なポイントの一つで、日本語がコミュニケーションを取れる程度には使える必要があります。
日本語が使えない場合は、審査の際に電話がかかってきて、審査落ちをする可能性が高いとかんがえられるからです。

日本人相手でもトラブルが多い貸金業なので、外国人の場合は貸し付けを行うことに更に慎重になります。
あなたが悪いわけではなく、過去に借りたまま帰国してしまって連絡が取れないなどのトラブルがあった事から、仕方がないことなのです。